犬種紹介 アラスカン・マラミュートってどんな犬?もふもふのアラスカン・マラミュートの紹介

アラスカンマラミュート大型犬
スポンサーリンク

アラスカン・マラミュートをご存じでしょうか。

シベリアン・ハスキーと同じそり犬で容姿もよく似ています。

もふもふぶりがSNSで人気になっているので目にした人も多いのではないでしょうか。

それこそ大きなぬいぐるみかと思うほどのもふもふっぷり。

子犬時代は動くぬいぐるみのようです。

今回はそんなアラスカン・マラミュートを紹介しますね!

英語ではAlaskan Malamute

スポンサーリンク

犬種紹介 アラスカン・マラミュートってどんな犬?

JKCの登録犬数では2020年には96位(14頭)でした。

毎年ではありませんが一定数の登録のある犬種です。

アラスカン・マラミュートのルーツ

アメリカ原産の大型犬です。

シベリアで活躍するサモエドやシベリアン・ハスキーと同じ起源ではないかと言われています。

アラスカン・マラミュートは名前の通り、アメリカのアラスカ州の西部の海岸地帯に暮らすマラミュート族が使役していた犬種です。

そりを引く仕事以外にも狩猟や漁業に広く活躍していたとか。

18世紀には文化圏の人々に紹介され、極寒の地域で働く犬として知られるようになりました。

ゴールドラッシュで交流が盛んになると犬ぞりレースの為により早い犬を求めて交雑されて純血種の数は減ってしまいます。

1926年頃からアメリカで純粋なアラスカン・マラミュートを復活させようとして改良が進んでいます。

アラスカン・マラミュートの性格

精悍な見た目をしていますが性格は温厚で人に良く懐きます。

遊び好きで明るい性格、頭もいい犬種です。

アラスカン・マラミュートの特徴

オスメス
体重39キロ前後34キロ前後
体高64センチ程度58センチ前後

5G 原始的な犬 スピッツ グループ

体高より体長がやや長く深い胸とがっしりした骨格をしています。

丸みのある頭に立ち耳、巻き尾で瞳はダークカラー。

ダブルコートの被毛は極寒の地でも生活できる保温性があります。

毛色は明るいグレーから黒までで顔や脚、腹部には白のマーキングがあります。

アラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーの違い

アラスカン・マラミュートシベリアン・ハスキー
体重34~39キロ15~27キロ
体高58~65センチ50~60センチ
眼の色暗色のみブルーや黒、茶、などやオッドアイ
耳の位置離れていて低い位置真ん中よりの高い位置
巻尾垂れ尾
その他マラソンタイプスプリンタータイプ

マラミュートが大型犬でハスキーは中型犬サイズなのが一番の違いかもしれません。

個体差もあるので並べてみないと分かりにくいですよね。

耳の位置が一番分かりやすい特徴かもしれません。

どちらもピンと立った三角の耳をしていますが両耳が真中に寄っているのがハスキーです。

スポンサーリンク

犬種紹介 アラスカン・マラミュートの飼い方

性格は初心者にもむいた大人しい性質ですが必要な運動量がとても多い犬種です。

要求をしっかりと満たせる環境かを考えてあげましょう。

アラスカン・マラミュートのしつけや暮らし方

冬には外で生活したがるかもしれませんが、基本的には室内で生活させてあげましょう。

日本の夏は空調が必須になります。

頭もよくしつけやすい犬種。

褒めてしつけてあげまるようにしましょう。

大きく力の強い犬種なので制御しやすい子犬時代から人に従うようしつけます。

社会化を行うことも重要になります。

アラスカン・マラミュートの運動

1時間程度の散歩を一日2回行ってあげましょう。

散歩から帰ってボール遊びなどお楽しみを作ってあげると帰宅拒否は減るかも。

スタミナ抜群の犬種なので散歩もアップダウンのあるコースなど工夫してあげましょう。

また散歩以外にも体を動かす機会を作ってあげましょう。

アラスカン・マラミュートの手入れ

たっぷりの被毛のアラスカン・マラミュートは抜け毛もけっこうな量になります。

散歩のあとには軽くブラッシングして草の種や汚れをおとしてあげましょう。

週に一度はしっかりとブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげて。

1~2カ月に一度シャンプーをして皮膚の清潔を保ってあげましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 アラスカン・マラミュートの健康管理

アラスカン・マラミュートの寿命は11年程度と言われています。

日本の気候はアラスカン・マラミュートには厳しいので快適に過ごせるように気をつけてあげましょう。

アラスカン・マラミュートの先天的な疾患

黒色被毛形成異常症(Black Hair Follicular Dysplasia; BHFD)

2色以上の構成の犬の被毛の黒色の被毛に、脱毛が出来る症状です。

メラミン色素が関係していて被毛に存在している色素が先天的に弱く刺激で脱毛や毛切れなどがおこります。

劣性遺伝することがわかっています。

治療法などが無いので発症してしまったら、被毛が切れないよう優しくなでてあげたり擦れないよう工夫してあげましょう。

また皮膚炎の併発することが多いのでよく観察して皮膚に赤みが出来ていないかなど注意しておきましょう。

アラスカン・マラミュートの気をつけたい病気や怪我

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

スポンサーリンク

犬種紹介 アラスカン・マラミュート まとめ

もふもふぶり話題になっているアラスカン・マラミュート。

ペットショップで見かける事はまずない犬種です。

入手したいと思ったらブリーダーを探すことになりますね。

日本でも少数ですが繁殖しているブリーダーが居るようなので探してみましょう。

予約して入手する事になりますが、親を見せてもらったりできるのが利点です。

今回紹介したのはアメリカ原産のアラスカン・マラミュートでした。

タイトルとURLをコピーしました