犬は下戸? 犬のアルコール中毒について 犬にお酒を飲ませても大丈夫? 犬がお酒を飲んだらどうなるかの解説

犬の急性アルコール中毒その他 誤食・中毒・事故など
スポンサーリンク

犬は人が食べたり飲んだりしているものにとても興味を持ちますよね。

飼い主さんが美味しそうに飲んでいるお酒も犬の興味の対象に。

ちょっとひと口、ひと舐め

犬にもお裾分けしていませんか?

結論から言うと犬にお酒はひとなめでもやめましょう

百薬の長なんて言われるのは人に限ってのこと、犬には毒にしかなりません。

スポンサーリンク

犬の中毒 なぜ犬にお酒を飲ませてはだめなのか?

犬にはアルコールを分解する酵素がありません。

お酒に強い人、弱い人があるのはアルコールを分解する酵素があるか、無いかで決まります。

私は「奈良漬」でも酔っ払うほどの下戸。

お酒を飲んだり舐めたりすると、真赤になって吐き気がして呼吸が苦しくなります。

アルコール過敏症と呼ばれますが一般的にはアルコールアレルギーなんて呼ばれることも。

お酒を断ると「飲めば鍛えられる!」とか「見かけによらない」などと言われますがしゃーないやんか、というのが正直なところ。命がけで欲しいと思えませんもの。ちなみにお酒を飲んでも鍛えられません。

私がアルコールを摂取すると起こる事。

  • 頭痛がする
  • 吐き気がする
  • 心臓がバクバクする
  • 息苦しい
  • 蕁麻疹がでる
  • 真赤になる

愛犬がお酒を飲んだらコレと同じことがおこります。

スポンサーリンク

犬の中毒 犬のアルコール中毒

犬がアルコールを飲むとどんなことがおこるのでしょうか。

順に説明していきます。

アルコールは体にはいったらどうなる?

飲んだお酒は胃腸で吸収され血流にのって体をめぐります。

血液は肝臓で解毒されることになります。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドは極めて毒性の高い物質。タバコの煙にも含まれていてニコチンの中毒性を高めていたり、発がん性があるとも言われています。二日酔いの原因物質でもあります。

このアセトアルデヒドを分解する酵素がALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)

この酵素の有無がお酒を飲める、飲めないを二分しています。(強い、弱いにも関係しています)

酵素の有無は遺伝で決定していて生まれた時から決まっています。後から備わる事はありません。
日本人の約40%がこの酵素が弱い「低活性型」と言われています。更にその中の4%程度が酵素の無い「不活性型」です。犬はこのALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)をもちあわせていません。

そのALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)によって酢酸に変化し水と二酸化炭素に分解します。

ここまでが肝臓で行われる解毒作用ですが、酵素が無いとアセトアルデヒドの状態のままと体をめぐってしまうことになります。

犬のアルコール中毒の症状

犬がお酒を飲んでしまったらどうなるでしょうか。

個体差はありますが人の酔っ払いと同じ症状がでます。

ほろ酔いのゴキゲンさんに見えるかもしれませんが、解毒が行われないので体内では毒物が体をめぐっています。

よろよろと歩く、眠りこける、吐く、ぼんやりする、などの状態の時はかなり重症です。

犬がお酒を飲んだ時の対処法

「晩酌をしていて犬にお酒を飲ませた。」

その時点で正常な判断力が飼い主にあるとは思えないのですが…

留守番中に悪戯をした、目を離したすきにテーブルの上のお酒を飲んだなど誤飲してしまったときはどうしたら良いでしょうか。

かならず動物病院に連れて行きましょう。

吐かせようと塩を飲ませたりオキシドールを飲ませたりしないように。

飲んでしまったアルコールを分解する薬などはありません。

基本的にアルコールが代謝されてしまうのを待つことになります。

輸液を行いながら犬の状態を観察して急変に備えます。

致死量ってどれくらい?

犬のアルコールの致死量(50% Lethal Dose)は体重1㎏あたり5.5~6.5㎖ほどと言われています。

体重3㎏の小型犬が16.5~19.5㎖のアルコールを飲むと死ぬ確率半々くらい、と解釈していいのでしょうか。

「アルコールの致死量は個体差がある」となっているのでひと口で卒倒する可能性もある、と思っておきましょう。

致死量まで飲まなかったらいいのでは?という問題ではありません。

人にお酒をすすめて急性アルコール中毒に陥らせると犯罪になることをご存じでしょうか。

物言わぬ相手ですが、犬にもお酒は飲ませないでください。

スポンサーリンク

犬の中毒 犬のアルコール中毒 まとめ

楽しい気分でお酒を飲んでいる時に与えてしまう人が多いようです。

「欲しそうな顔で見てるから」と飲酒で判断力が落ちているのでしょうか。

犬にとって(アルコール分解酵素の無い人にも)お酒は毒物に匹敵する飲み物だと考えてほしいものです。

犬は信頼する飼い主から与えられるものが毒だとは思いもよらないのではないでしょうか。

自分が愛犬に与えたお酒でもしものことがあれば激しく後悔することになります。

危険といわれるお酒、少しならいい?と思わずに絶対に与えないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました