犬の病気 犬のアレルギー性皮膚炎ってどんな病気?犬のアレルギー性皮膚炎について

犬 アレルギー性皮膚炎 病気犬の皮膚の病気
スポンサーリンク

犬の皮膚は人間の皮膚とは構造がちがうのはしっていますか?

毛皮に被われている分犬の方が敏感肌。

毛に隠れている場所でこっそり皮膚炎が進行しているなんてことも。

ちょっとしたぷちも皮膚炎ですし、ひどくただれても皮膚炎。

皮膚炎とひとことでいってもたくさんの症状と原因があります。

今回は その中でもアレルギー性皮膚炎といわれる犬の皮膚炎の原因のひとつについてです。

スポンサーリンク

犬のアレルギー性皮膚炎ってどんな症状?

アレルギーってどういう症状をいうのでしょう。

食べ物や薬剤、花粉や化学物質や皮膚にふれるもの。

そういったものに免疫機能が過剰に反応することを言うんだよ!

アレルギー性皮膚炎というのはそういった免疫反応が皮膚にでることで起こります。

たいていは痒みがあり湿疹・脱毛・発赤などいろいろな症状がでてきます。

免疫機能が原因で起こる皮膚炎は通常左右対称に全身に症状がでるといわれています。

スポンサーリンク

犬のアレルギー性皮膚炎の原因は?

犬のアレルギー性皮膚炎には様々な原因があります。

アレルギーの元になる物質をアレルゲンというのは皆さんもよく知っている事ですよね。

アレルゲンでわけて考えてみましょう。

ノミアレルギー

ノミに噛まれることでおこります。

アレルゲンはノミの唾液。痒みが強いので搔き壊すことも。

一か所刺されても全身に痒みが広がります。

咬まれた所だけが痒くなる症状はノミ刺咬症といって区別して考えます。

食物アレルギー

いろいろな食べ物がアレルゲンになることがわかっています。

小麦などの穀類や肉などのタンパク質がアレルゲンとして有名だよね。

ひどい場合は下痢や嘔吐も伴います。

フードを変えるときに慎重に行うのはこのためでもあります。

体を痒がる・ふけが増えた・抜け毛が増えた

口の周りや目の周りの皮膚が赤くなってきたり、お腹の皮膚が赤くなったり。

また指の間など足先を執拗に舐めるようになることも。

アトピー性皮膚炎

アレルギー体質の子はアレルゲンに反応しやすいことがあるので皮膚炎も起こしやすいのです。

アレルゲンはハウスダストが有名ですよね。生活する環境あちこちにアレルゲンがあります。

花粉などに反応して皮膚炎を起こすのもアトピー性皮膚炎になります。

食物アレルギーと同じような症状。

食べ物でもノミでもない場合に考えられる原因です。

アトピー性皮膚炎は起こりやすい犬種があるので遺伝するとも考えられていますよ。

スポンサーリンク

犬のアレルギー性皮膚炎の治療って?

犬の皮膚炎ってけっこういろいろな原因でおこってきます。

二次感染(マラセチア感染や他の細菌など)がおこっていればまずはその感染症の治療を行います。

どうやって診断するの?

考えられる原因を除去していく方法で診断していきます。

ノミダニ駆虫薬の使用歴でノミに嚙まれたかどうか。

フードを変えたかどうか。

長期間痒がる場合などは食物や環境アレルギーが考えられます。

血液検査でアレルゲンへの抗体値の上昇などを調べる方法があります。

犬のアレルギー性皮膚炎の治療方法は?

投薬

症状に合わせて処方されるます。

良く知られているのはステロイドや抗アレルギー薬など。

かゆみ止め

プレドニゾロンなどのステロイドは即効性があるので強い痒みがある場合処方されます。

ステロイドは多飲多尿になったり肝臓にダメージがおこったりする副作用が有名です。

オクラシチニブはステロイドのように副作用がなく素早く痒みを抑えることの出来る薬です。

ただ、嘔吐や下痢の症状が副作用として出る事がありますが、比較的副作用も少なく長期間使用できるお薬です。

免疫抑制剤

ステロイドでも免疫を抑制する作用があるのは良く知られていますよね。

シクロスポリンなどの薬が免疫抑制剤として処方されることも。

高額な薬なので経済的負担がおおきくなりがち。

抗生物質

また二次感染がおこっていれば抗生剤も合わせて処方されます。

マラセチア感染をしている場合は抗真菌薬なども。

飲み薬意外のお薬

塗り薬やスプレータイプの皮膚薬があります。

処方された薬は決まられた回数、量を守るようにしましょう。

お薬で嘔吐やお腹を壊すときは相談しましょう。

どうしても家庭で飲ませられないときも獣医師に相談しましょう。

※お薬をいれるオヤツもあるのですが、アレルギーの治療中は獣医師に相談してから使うようにしましょう。

 お薬を飲まない子にオススメ!

スキンケア・シャンプー療法

獣医師から症状に合わせたシャンプーが処方される場合があります。

シャンプー療法だけでも症状が軽減することもありますよ!

頻繁にシャンプーするのはとても大変なことですががんばってあげて。

ドッグサロンでお願いしても良いかもしれません。

シャンプーの方法はコチラで解説しています。

食事療法

アレルゲンと穀物を使っていない食事や肉類を変えたものがあります。

また特別療法食としてアレルギーを起こしにくいフードをすすめられることも

犬用アレルギー食

スポンサーリンク

犬のアレルギー性皮膚炎のまとめ

犬のアレルギー性皮膚炎は、犬の生活に密接に結びついている病気なので診断にも治療にも時間がかかります。

なかなかよくならないから焦れて次々と動物病院を変える飼い主さんもみかけます。

治療を始める前に獣医師とよく相談して納得のいく方法で解決していきましょう。

アレルギー体質を治すことは出来ないことを理解して症状が出ないようにすることがゴール。

愛犬が普段より体を掻いていたらまずは体をチェックしてみることからはじめましょう。

>>こちらも読んでね!人気犬種フレンチブルドッグのご紹介 フレンチブルドッグってどんな犬?

タイトルとURLをコピーしました