犬種紹介 ボルゾイってどんな犬?ロシアのウルフハウンド ボルゾイの紹介

ボルゾイ 大型犬大型犬
スポンサーリンク

ボルゾイという優雅な姿をした大型犬をご存じでしょうか。

見た目はアフガンハウンドと似ている犬種です。

領民サービスと娯楽で行われていた貴族の狼狩りに使われていたウルフハウンドです。

今回は貴族にぴったりの猟犬、ボルゾイを紹介しますね。

スポンサーリンク

犬種紹介 ボルゾイってどんな犬?

JKCの登録犬数は2020年には343頭で34位、2019年には44位でした。

毎年コンスタントに登録のある犬種です。

ボルゾイのルーツ

ロシアンウルフハウンドといわれるとおりロシア原産の大型犬です。

13世紀ころ、ロシアの地犬にベアハウンドやロシアンシープドッグを掛け合わせた犬が起源になっていると言われています。

1650年頃にスタンダードが決められロシア革命まではロシアの貴族にかわいがられる高貴な犬でした。

1917年のロシア革命では貴族の象徴としてほとんどのボルゾイが市民の手にかかりました。

ロシア革命でほとんど絶滅したボルゾイですが革命前にヨーロッパやアメリカに贈られた個体が残っておりその犬達を元に増やされています。

1936年頃まではロシアンウルフハウンドと呼ばれていましたがそのころからボルゾイと犬種名が改められました。

ボルゾイの性格

繊細なところもありますが基本的に落ち着いた性格をしています。

その反面、好奇心が強いところもあります。

見た目とギャップがあってお茶目な性格をしている犬種ですよ!

ボルゾイの特徴

体重が30~47キロ、体高は70~85センチとすらっとした大型犬です。

流線形の優雅な体形に小さめの頭部。

マズルは長く細くて垂れ耳です。

また長い脚に流線形の素晴らしい体は筋肉質です。

被毛はウエーブのある長毛種でダブルコートです。

毛色はさまざまで白やブラックの単色をはじめ、ホワイトに他の色の組み合わせ、ブラック&タンの3色の組み合わせがあります。

スポンサーリンク

犬種紹介 ボルゾイの飼い方

大きくて優雅な姿のボルゾイは大型犬ですが室内で飼育しましょう。

走力と跳躍力があるので目を離すと何かを獲物に見立てて追いかけていってしまうかもしれません。

家の外に連れ出すときには必ずコントロール下に置くようにしましょう。

ボルゾイとの暮らし方

大型犬のボルゾイは生長すると力ではとてもかないません。(走っても追いかけるなんて無理)

子犬の頃からしつけて必ずコントロールできるようにしておきましょう。

「とまれ」「まて」など紐無しでも出来るようになっていると不測の事態を招かずに済みますよ。

社会化ときちんと行い、人や物、他の動物に慣らしておきましょう

参考記事 → 子犬の社会化について

飼い主の手で訓練がなかなかうまくいかない時は訓練士さんに相談してこじれる前に対処しましょう。

ボルゾイの運動

綺麗な筋肉を維持するためには結構な運動量が必要です。

速めの散歩を1時間程度、一日2回行ってあげましょう。

出来れば走れれば尚良いのですが時速50キロで走るボルゾイに付き合うのは非現実的です。

ドッグランなどで思い切り走らせてあげる時間も用意してあげましょう。

ボルゾイの手入れ

長毛のボルゾイはダブルコートなので換毛期にはたくさんの毛が抜けます。

細い毛質なのでもつれ無いようにしっかりとブラッシングしてあげましょう。

垂れ耳犬種なので耳のお手入れも忘れないようにしてあげて。

スポンサーリンク

犬種紹介 ボルゾイの健康管理

平均的な寿命は14~15年と大型犬にしては長め。

また遺伝的な疾患の少ない健康で飼いやすい犬種です。

ボルゾイの先天的な疾患

ボルゾイ網膜症

網膜の成長過程で異形成が起こり視覚障害が起こる疾患です。

軽度のものでは無症状ですが重度になれば失明することもあります。

ボルゾイの気をつけたい病気や怪我

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

スポンサーリンク

犬種紹介 ボルゾイ まとめ

ロシア語で「ボルゾイ」は俊敏という意味をもつそう。

その名前の通りボルゾイはとても足の速い犬で時速50キロ程度で走れるとか。

狼狩りでは遠くから獲物を見つけて一気に距離を詰めていたとか。

サイトハウンドの一種なので視力がいいんですね。

高貴なイメージで近寄りがたい雰囲気のボルゾイですがお茶目なところもある大型犬。

今回はボルゾイの紹介でした。

>>こちらも読んでね!ジャイアントシュナウザーの紹介

タイトルとURLをコピーしました