人気犬種 キャバリアってどんな犬? 人気のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの紹介

キャバリア 小型犬 キャバ小型犬
スポンサーリンク

「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」

とても長い名前ですよね。

このスパニエルに分類される小型犬はその名前があらわすとおり、チャールズ王の名まえをもらった犬種。

王様から溺愛された犬種ってどんな犬なんでしょう。

今回紹介する犬種はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。

英語では Cavalier King Charles Spaniel

スポンサーリンク

人気犬種 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルってどんな犬

キャバリアとは「騎士」と言う意味を持つ単語。

長い歴史のあるキング・チャールズ・スパニエルより作られた犬種でやや大きいくらいの小型犬です。

キャバリアの歴史

元となったのはイギリス王室で長く愛された犬種。

名前をもらっている通り、チャールズ王がこよなく愛した犬種がキング・チャールズ・スパニエル。

チャールズ2世の絵画にも描かれています。

18世紀に短吻の犬が流行りパグなどを掛け合わせたトイ・スパニエルが流行しました。

その後短い鼻のキング・チャールズ・スパニエルが主流になっていってスタンダードもこの形になっていきました。

19世紀の初め頃、チャールズ2世の絵にあるようなスパニエルを作り出したいとロズウェル・エルドリッジというアメリカ人がイギリスで広告をだしました。

この広告のおかげで「長い鼻、白い班のある頭」の昔ながらの犬はブリーダーの所で時折生まれる先祖返りした犬達をもとに作り出されることに成功。

それが今の姿のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。

もともとの形のトイ・スパニエルはキング・チャールズ・スパニエルとして違う犬種とわけられています。

キャバリアの性格

明るく穏やかな性格です。

人にも他の犬にもフレンドリーな犬種。

しつけやすく、落ち着いた犬なので初心者にも飼いやすい犬種です。

これぞ愛玩犬の鏡!といった性格です。

キャバリアの特徴

平均的なサイズ
体高30~33センチ
体重5~8キロ
被毛ダブルコート

9G 愛玩犬グループ

大きな垂れ耳で飾り毛が豊富、大きな目とやや長めのマズル。

柔らかいダブルコートの被毛で長毛、耳や尾には飾り毛が豊富。

背中や飾り毛にウエーブの出てる子も。

とても飼いやすい性格の犬ですが抜け毛はびっくりするぐらい多い犬種。

唯一の難点かもしれません。

細いやわらかな毛は服についていると取れにくい毛質で難儀するかも。

毛色は4種類

  • ブレンハイム(赤褐色と白)
  • トライカラー(赤褐色、黒、白の三色)
  • ブラックタン(赤褐色と黒)
  • ルビー(赤褐色)
スポンサーリンク

人気犬種 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼い方

一時は単独展も行われていたほどの人気犬種のキャバリア。

当時ほどの熱はありませんが今でも根強い人気の犬種です。

キャバリアのしつけ

とてもしつけやすく扱いやすい犬種です。

素直なので褒めてあげるだけでも大喜びで従ってくれるタイプです。

一緒に遊びながら生活のルールを教えてあげましょう。

また社会化されずに家庭内だけで過ごすと臆病な犬になってしまうので子犬の頃にしっかり社会化しましょう。

キャバリアの運動量

ちょっと大きめの小型犬のキャバリア。

朝夕の2回のお散歩でしっかりと運動させてあげましょう。

ゲームを取り入れたりして刺激があると楽しめます。

一度のお散歩に20分くらい歩いてあげましょう。

社交的なキャバリアなので外でいろいろな人や犬に会うのを楽しみにするようになりますよ!

あいての様子を見て怖がっていたりしたら無理に近づけないようにしましょう。

スポンサーリンク

キャバリアの健康管理

キャバリアの寿命は9~14歳と言われています。

長寿な傾向のある小型犬の中では少し短い気がしますね。

先天的な疾患もいくつか知られているので注意が必要です。

キアリ様奇形

キアリ様奇形といわれる後頭骨の奇形によって脊椎空洞症が引き起こされます。

空洞の部位や大きさによって症状はさまざま。

軽度では体を掻く動作、ひっくり返って背中を床にこすりつけたり、手足を舐めるなど、正常な犬にも見られる行動をすると言われています。

その他、跛行など歩様の変化やナーバスになって体への接触や音などに敏感に反応するようになることも。

重度では首が曲がったり、四肢の麻痺(不全麻痺)が起こる事もあります。

僧帽弁閉鎖不全症

左心房から左心室に間にある僧帽弁が閉じ切らずに血液が逆流することでおこります。

軽度では症状がでませんが、運動すると疲れやすくなる咳や呼吸困難を起こします。

重症化すると心不全をおこしていまします。

巨大血小板性血小板減少症

遺伝性の疾患で血小板が大きくて少なくなる疾患です。

血小板が減少すると血が止まりにくかったりするのですが、この疾患ではほとんどの犬が症状を示しません。

無症状で経過しますが、血液検査で異常値を出すので覚えておきましょう。

外耳炎

垂れ耳の犬種に特によくみられます。

気温や湿度が高くなってきたころから増える傾向に。

頭を振ったり耳をかいたりすることが増えたら耳の中をチェックしてあげましょう。

内耳炎や中耳炎になる前に早めに治療してあげましょう。

短頭種気道閉塞症候群

短頭種というマズルの短い犬種に起こる呼吸器疾患です。

鼻腔が狭かったり気道が狭かったりで呼吸がしにくい疾患。

慢性的で進行性なのですが、いびきをかいたり、呼吸音がにぎやかだったりする軽い症状から呼吸が苦しそうだったり睡眠時無呼吸になったりと重度の症状までさまざまです。

治療法は外科的な処置となりますので、獣医師と相談して納得の出来る治療を行ってあげましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル まとめ

アメリカン・コッカー・スパニエルと見た目が似ているので良く間違えられる子も居るようですね。

日本でも流行った時期にはキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの登録数も多かったようです。

今では小型犬種としてはトイプードルなどの人気犬種に押され気味ですがキャバリアは根強い人気の犬種。

とても飼いやすいので初めて犬を飼う人には向いている犬種ですよ。

今回は キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました