犬のしつけ クレートトレーニングって何?犬のクレートトレーニングの方法について

犬 クレートトレーニング ハウス犬のしつけ
スポンサーリンク

犬の留守番中の悪戯や吠え、分離不安に悩んでいる飼い主さん。

ぜひクレートトレーニングをしてみてください。

外出から帰って家中にゴミが散乱、ソファーに穴があいていたとか。

玄関に通じる壁に穴を開けられていたとか、ドアそのものをかじり倒して穴を開けたとか。

お隣の家から苦情が来たとか、やんわりワンちゃん良い声ですねぇとか言われたりとか。

解決策の一つとしてクレートトレーニングは有効です。

また、雷がこわくてパニックを起こす子はクレートに入っていれば逃走を防げたりします。

良いことが多いのでぜひトレーニングしてあげてくださいね!

スポンサーリンク

犬のしつけ クレートトレーニングってどんなしつけ?

簡単に言えば犬にハウスをおしえること。

サークルで囲ってスペースを確保している方も多いですよね。

小型犬だから要らないと思われるかもしれません。

メリットも多いので是非しつけておきましょう!

クレートトレーニングのメリット

クレートトレーニングをすることで犬にどんな利点があるの?

狭いところに閉じ込めてかわいそう。なんて言われることも。

かわいそうなんて言われたら一瞬ひるんでしまいますよね。

ですが、クレートに入る事を訓練することで得られることの方が多いのです。

安心できる場所が確保される

家の中で自分のスペースがあることで犬が安心できる場所を確保できるのです。

熟睡するようになるので心身の健康につながりますよ!

留守番中の吠えや悪戯が無くなる(分離不安対策)

安全で安心できる場所が確保できていれば分離不安からくる吠えや悪戯がなくなります。

また、分離不安のわんこじゃなくてもお留守番の時にゴミをあさったりの悪戯の予防に。安心して外出できるようになりますよ。

来客時に困らない

犬が苦手なお客さんや工事などのメンテナンスの来訪時、ハウスで待ってもらっていれば安心ですね。

外出時の安全確保

小型犬だとタクシーを利用する際はクレートに入れることが必須。抱っこだと断られることも。

また、自家用車での移動でも車内で自由にしていると体を支えられない犬はちょっとした車の揺れで転倒しがち。

クレートで移動するようにしておけば飛び出し防止になったり移動中の安全確保にもなります。

もしもの時を想定して(災害時・預けるとき)

愛犬を連れて行けない用事の時や(法事や葬儀)災害の時。

ペットホテルや知人宅に預かってもらうとしてハウスに慣れていない犬だとストレスで吠えたり食欲をなくしたりすることも。

いつも使っているハウスごと預かってもらえれば犬の不安も軽減します。

また、連れて移動するにしても飛行機に乗せる際にはクレートを利用することに。

慣れておくに限りますね!

クレートトレーニングのデメリット

正直言って思い浮かびません。

あえて言うなら他人にかわいそうといわれる事くらい。

犬にも安心できる「自分のスペース」を用意してあげること。

人が自宅で安心できるのと同じだと言うことを理解してあげましょう。

スポンサーリンク

犬のしつけ クレートトレーニングって何が必要?

必要なのは犬の大きさに合ったハウスとごほうびのオヤツだけ。

まずはハウス選びから。

犬の背の高さより少し高さがあり、犬が横になれる大きさを選びます。

大きすぎず、小さすぎず!で選びましょう。

クレートの種類

ハードタイプ

バリケンネルが有名ですね。

IATAという飛行機に乗せる際の基準に合わせてあるものが多く頑丈な作りになっています。

うちのは30キロのラブラドールなので一番右側のXLを使ってます。

このサイズで飛行機に乗せると私の運賃より高くなりそうな予感(笑)

基本的にこのバリケンが一番使い勝手が良いのでこれを使ってトレーニングすると良いと思います。

ソフトタイプ(折り畳みタイプ)

折りたためるタイプで頑丈さはありませんが便利です。安価なのも良い感じです。

扉を閉めるのに時間がかかるので練習中はむかないかもしれません。

旅行の時などに重宝していますよ。

ちなみにバタンバタンと転がって移動している子も居たりします。

ペットケージ(据え置きタイプ)

うちでは子犬の時からのハウスに使っています。

子犬の時はトイレをジョイントしてハウス+トイレ。

大人になってからはハウスとして使っています。

思ったより成長したので一度買いなおしています(笑)

モチベーション

おやつやフードで誘導します。

オヤツに抵抗がある場合は一日分のフードから少し取り分けて使ってもいいでしょう。

ですがあまりフードに執着がないわんこや早く覚えてほしい時は、特別感を出すために好きなオヤツをごほうびに使ってみて。

特に使ってみてほしいのがコングとその中身。

トレーニング終盤に活躍します。

食べるのに時間がかかって夢中になるのでとてもおすすめ。

自然とハウス時間が長くなります。

スポンサーリンク

犬のしつけ クレートトレーニングをのやりかた

いきなり押し込んでハウス!と言っても犬の嫌がる場所になってしまうだけ。

また、おしおきで犬を閉じ込めるのはやめましょう

あくまで犬の安全地帯、帰りたくなる楽しい我が家を作ってあげることが目標。

段階を踏んで教えていきます。

ある程度成長したわんこを対象にしたトレーニング方法です。

クレートトレーニングの方法

ステップ1

部屋に設置して放置しておきましょう。

お気に入りのおもちゃや毛布などを入れて放っておきます。

怪しまれないように、自然にしておいて。警戒心の強いこはなおさらです。

ハウスに警戒心が無くなるまでです。

通常1~3日くらいで見慣れておもちゃを取りに行ったり頭を入れてみたりしているかもしれません。

近寄りもしないときはハウスのそばでごはんをあげたりして慣らしましょう。

ステップ2

部屋にあった異物に見慣れて警戒心が無くなったらいよいよ入ってもらいましょう。

オヤツの登場です。

警戒されないようにハウスの前でオヤツを使います、

待てが出来る子ならオヤツを徐々にハウスに近づけて置いてOKで食べさせていきます。

オヤツをハウスの手前において抵抗が無いようならハウスの中においてみます。

びびっている時はその段階で何度か繰り返します。

押したくても押し込んじゃダメだよ!

人のやる気などを敏感に察知して怪しまれることが多いもの。

変に構えずにナチュラルにやってくださいね!

体をすっぽり入れて食べに行けるようになるのが目標。

ハウスに入るタイミングで「ハウス!」と声掛けしましょう。

出たり入ったり抵抗なく出来るようになれば次のステップに行く準備が出来ました。

閉めてしまいたくなるのでドアは外しておいてもいいかもしれませんね。

また、クレートトレーニング中は他のタイミングでオヤツはあげないようにしましょう。

ステップ3

オヤツを見たらハウスに入っている子もいるかもしれませんね。

ハウスの声掛けと同時にクレートに誘導して完全に入ったら手からオヤツを与えるようにしていきましょう。

ハウスのコマンドを理解してもらいます。

ここまで来たらもう一歩です。ステップ2の時に理解している子はステップ4にすすみます。

ステップ4

いよいよ扉を閉めてみましょう。

ハウスのコマンドでハウスに入れるようになっています。

ここで登場するのがコングと中身セット。

お気に入りのオヤツを詰め込んですぐに出てこないようにしてもOK。

犬に見せてから待てでコングをハウスの奥においてみましょう。

OKでハウスのコマンドと一緒にハウスに入れて完全に入ったら静かに扉を閉めてみましょう。

コングに夢中になっているあいだは扉をしめてみましょう。

扉のロックはしないで手で支えているくらいにしておいて。

犬がでようと思ったら出れるようにしておきましょう。

扉がしまることに対する抵抗をなくしていきます。

居心地をよくするためにハウスの中でごはんをあげるようにしてもいいかもしれません。

ステップ5

クレートに入る事に抵抗が無くなってくれば最後のステップにいきましょう。

扉のロックをかけます

始めは短時間から。

オヤツを食べている時間だけとか、食事の時だけとか決まった時間閉めておきましょう。

落ち着いて待てるようになれば時間を長くしていきます。

お散歩のあとや遊んだ後など犬が眠るタイミングだと時間をのばしやすいかもしれません。

犬がリラックスして眠れていれば大成功です。

クレートでのお留守番の注意点

慣れてくればハウスでお留守番が出来るようになってきます。

目を離すときは中に入れているものに注意を払いましょう。

おもちゃは入れっぱなしにしない事。

毛布なども齧る犬は撤去しておきます。

そして必ず自由に水を飲めるようにしておきましょう。

最後に気になるからと何度ものぞき込まないようにしてあげましょうね。

スポンサーリンク

犬のしつけ クレートトレーニングのまとめ

ちょっと時間のかかるトレーニングですが根気よくやってあげてくださいね。

ポイントはハウスに嫌悪感を持たせないこと。

怪しい雰囲気を作らない事。

あとは要は慣れですので愛犬の様子を見ながらちょっとずつ慣らしていきましょう!

>>こちらもオススメ!犬の吠え癖なんとかしたい!

タイトルとURLをコピーしました