犬が下痢をした!何が原因? わんこが下痢をする理由

犬 下痢 原因犬の消化器の病気
スポンサーリンク

愛犬が下痢をした!

犬ってよくお腹をこわしますよね。

室内にトイレをおいていたら愛犬が下痢をしたときはちょっと大変。

何度もトイレに行く愛犬のすがた。

心なしか顔色も悪いように見えてきてとても心配です。

今回は愛犬の下痢について簡単に解説しますね。

スポンサーリンク

愛犬が下痢をした! 下痢ってどういう症状?

健康な時のうんちはバナナに例えられています。

水分量で言うと70~80%(調べた人いるんですね)

これが80%以上になると軟便、下痢便などといわれる状態になります。

愛犬のウンチをペットシーツなどがら簡単に拾える状態が良い状態。

腸の状態が悪くなったときに起こるのでわかりやすく愛犬の調子を伝えてくれるうんち。

愛犬の健康状態のバローメーターですのでよく観察してあげるといいでしょう。

スポンサーリンク

愛犬が下痢をした! 下痢をする病気

変な物を食べたとか精神的なストレスだとかいろいろな理由で愛犬の下痢症状がはじまります。

特に心あたりがなくても季節の変わり目だったりとか水がかわったなども。

そんな原因別の下痢の症状を紹介していきますね。

原因別の下痢

食べ物が原因

一番多いのではないでしょうか。

「ゴミ漁ってもお腹壊さないのに、フード変えたら下痢した」とぼやく声も。

フードを変えた時にも一過性の下痢になることもあります。

切り替えるときはそれまで食べていたごはんに混ぜて少しずつ量を増やしていきましょう。

少量ずつ増やしても下痢になる場合は合わないのかもしれないので与えるのを中止してあげて。

牛乳を飲ませたら下痢をした。

牛乳に含まれる乳糖が消化できないために起こる下痢で 乳糖不耐症といわれ愛犬家なら知ってる人も多いのでは?

あわない子はアレルギー症状も引き起こすことがあるので注意が必要。

どうしてもミルクを飲ませたいのであればヤギミルクや犬用のミルクを与えましょう。

食べ物に由来する下痢はけっこう多いもの、

心当たりがある場合は下痢を引き起こす食品を与えないようにしましょう。

カンピロバクター 人も良くかかるのでよく聞く名前ではないでしょうか。

食中毒と言えばしっくりくるでしょう。

この細菌に汚染された食べ物を食べて起こります。

寄生虫が原因

腸内寄生虫が原因の下痢。

犬回虫症は回虫が原因でおこる寄生虫症で人にもうつるので要注意。

母犬からの垂直感染のほか、経口で虫の卵を取り込んでしまうことで感染します。

犬の食べたものを腸内で横取りして生活しています。

麺類に例えると・・・スパゲッティでしょうか(失礼)けっこう大きいですよね。

マクロライド系のイベルメクチンで駆虫できるので毎月フィラリア薬を飲んでいる犬は知らない間に駆虫できているかもしれませんね。

犬鉤虫は小腸に寄生して腸壁から血液を取り込んで寄生します。

なかなか見つけにくい小型の寄生虫で糞便検査で虫卵が見つかる事で発見されることもあります。

消化器官以外にもいる事があるので繰り返し駆虫する必要があります。

犬条虫はいくつかの種類が犬に寄生します。

マンソン裂頭条虫はカエルやヘビを捕食して感染します。

カエルや蛇など食べないように注意してあげて。

なかなか落としにくい虫なので投薬してはウンチチェックを繰り返してようやく虫が出たことが確認できることも。

麺類に例えるとズバリきし麺状で長いものは一メートル以上になることも。

またノミを介して瓜実条虫に寄生されることも。

愛犬のそばやうんちに瓜の種のようなものがあって気が付くことも。

麺類に例えてしまえば そうめんのような虫です。

伝染病が原因

パルボウィルス 犬パルボウィルス感染症にかかると激しい下痢、血便や嘔吐がおこります。

致死率の高い感染症で、感染力も強いこわい病気です。

有効なワクチンがあるのでかならず受けておきたいところです。

犬コロナウィルス感染症 この頃よく聞く名前ですね。

特に幼い仔犬に多くパルボウィルスとの混合感染で重症化するので注意が必要。

体の異常が原因

消化酵素をだしている膵臓に異常があると慢性的な下痢が起こります。

また消化吸収に直接的にかかわってはいないものの肝臓や腎臓などに異常があらわれても下痢として症状がでることがあります。

また犬では異物が腸にとどまっている時にも下痢症状が続きます。

ボールを飲み込んだ犬や切ったトウモロコシの芯、色んなものが絡まった輪ゴムなど意外な物が詰まっていることがあります。

スポンサーリンク

愛犬が下痢をした!どう対処したらいい?

まずは愛犬のうんちの様子をよく観察しておきましょう。

今は携帯で簡単に記録できる時代。写真に残しておくといいですね。

できれば出たものをペットシーツごとビニールにいれておけば受診のさいに役立ちます。

そして愛犬の様子をよく観察して記録しておきましょう。

元気があるなら少し様子をみてみましょう。

ちょっとぐったりしていたり何度もトイレに行くときは様子を見ずに獣医師へ。

水分は制限せずに自由にとらせてあげて。

飲まないからと言って無理にのませる必要はありません。

スポンサーリンク

動物病院に行くときに気を付けること

一日に2回うんちをする愛犬が朝のうんちが下痢だった!

でもそのあとは元気もあるしどうしよう?

元気があって水分が取れているようなら一日様子を見てもいいでしょう。

次の日にはけろっとしていることも多いですよね。

獣医さんにつれていく判断基準として

  • 元気がない(気がする)
  • おもちゃが無くなった(飲んでるかも?)
  • 嘔吐もある。
  • 全然水をのまない。
  • 下痢が続く。
  • 血便が出た。
  • 下痢までいかないけど軟便がつづく。
  • うんちにキシメンみたいなものが・・・

下痢や嘔吐の場合は出したものを持っていくと診断材料となることもありますので漏れない袋にいれて持っていくといいでしょう。

また齧ったおもちゃの欠片などでも腸に詰まる事があるのでおもちゃの破片があるのならば持っていきましょう。

また激しく嘔吐、下痢をしている場合は感染症の可能性もあるので獣医師側にそのことをキチンと伝えましょう。

スポンサーリンク

愛犬が下痢をした!まとめ

人間がお腹を壊したときは色々な市販薬もあるので手軽に治せるのですがその市販薬を愛犬に飲ませて大丈夫・・?

よく聞かれるのですがこれは基本的にNGです。

獣医師で処方される薬には人間用に開発された薬も多いのも事実です。

ですが簡単に手に入る人用の市販薬を安易に愛犬に与えるのはやめてあげて。

体重も生き物としての体のつくりも全く違う人と犬。

薬の機序も当然違うのです。

犬用に開発された下痢止めや整腸剤も数多くあります。

医薬品と呼ばれる薬を与えるときは獣医師の指示にしたがいましょう。

下痢止めを出してくれないからとこっそり飲ませるのではなく、なぜ処方されないかを獣医師に確認しましょう。

愛犬が下痢をすると本人(犬?)もつらそうだし、申し訳なさそうにするし、留守番もさせにくいしお散歩も行きにくいし。

早く良くなってほしいですよね。

>>こちらもおすすめ。狂犬病について知っておこう!

タイトルとURLをコピーしました