犬にバナナ! 犬にバナナをあげてもいい? 皮も食べちゃったけど大丈夫?

犬 バナナ バナナの皮犬の食べ物
スポンサーリンク

人の食べ物にいつも注目しているわんこたち。

ものすごく欲しそうな顔してますよね。

うちの犬達も私たちの朝食に食べているバナナ、ちょっとお裾分けもらっています。

2頭にあげるので小さいバナナだと半分くらい無くなってしまいますが(笑)

圧に負けてちょっとあげちゃったって人も多いのでは?

お手軽食品のバナナを犬に与えるときの注意点です。

スポンサーリンク

犬の食べ物 バナナってどんな食べ物?

皮剥くのも簡単なのでお手軽に食べられるバナナは人気の果物。

果物として食べているバナナは育種された多年生植物で熱帯から亜熱帯で栽培されるトロピカルフルーツです。

意外に思うかもしれませんが、バナナの主要生産国は上から順に インド・中国・インドネシアとなっています。

日本に入ってくるのはフィリピンや台湾が多いですね。

バナナの栄養

バナナは栄養がある!ってよく言われますよね。

ではどれくらいなのか、比較対象しながら見てみましょう

食品100gあたり単位  バナナ   りんご   みかん
エネルギー935349
水分75.484.187.4
たんぱく質1.10.10.7
脂質0.20.20.1
炭水化物22.515.511.5
灰分0.30.20.3
ナトリウム微量微量1
カリウム360120150
カルシウム6315
マグネシウム32310
リン271215
0.30.10.2
βカロテン56151100
ビタミンB10.050.020.09
ビタミンB20.04微量0.03
ビタミンB60.380.040.05
ナイアシン0.70.10.3
ビタミンC16433
ビタミンE0.50.10.4
葉酸26222

※皮をむいて食べられる部分の栄養価です。

バナナはアレルゲン?

まれにアレルギーを起こす犬もいます。

なので初めて食べさせるときは少量ずつがセオリー。

アレルギーを起こさない事を確認しましょう。

アレルギーを起こすと食べた直後に口の中や喉が腫れたり痒くなったりします。ひどい時には喉が腫れて呼吸困難になることも。
スポンサーリンク

犬にバナナをあげる時の注意点

少し大きな物だと皮をむいたら100gほどあります。カロリーだけで言うと93㎉。

どうやってあげればいいのでしょうか。

小さくしてあげましょう!

大きなわんこでも一口以下の大きさにして与えましょう。

小型犬は指でつぶしてあげるといいですよ!

与える量はちょっとだけ!

あくまでお裾分け程度の量にしておきましょう。

カロリーは低いのですが栄養価はバツグン!あげすぎると太ってしまうかもしれませんよ。

バナナの皮はゴミです

ゴミのイラストなんかでは代表のように描かれていますね。

ふんで滑ってすっころぶ世界共通のギャグでもわかるように通常は捨てる部分です。

わざわざ犬に与えないようにしましょう。

間違って食べちゃったらどうするの?

無理して吐かせずに様子を見てください

とても消化が悪いのでそのまま吐き出すかもしれません。

運よく消化して通過することもありますが、消化器官で詰まってしまう可能性も。

心配ならばかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

自宅で塩を飲ませて吐かせる方法などが紹介されていることもありますがオススメできません。塩分を一度に大量に摂取することの方が怖いので吐かせたい時は動物病院でお願いしましょう。
スポンサーリンク

犬にバナナ まとめ

アレルギーの心配のないわんこならおやつとして食べてもOK!というのが結論。

また、手作り食をしている人はカリウムなどの栄養素の不足分を補うのに使うといいですね。

輸送の関係で皮や軸には農薬の心配もありますが、食べない部分なので心配はありません。

>>こちらも参考にしてね!犬に馬肉をあげてもいい?馬刺しも大丈夫?

タイトルとURLをコピーしました