人気犬種!トイプードルってどんな犬?人気犬種のご紹介 トイプードル 

トイプードル 人気犬種小型犬
スポンサーリンク

日本だけじゃなく世界中で人気の小型犬、トイプードル。

くりくりの毛のトイプードルは本当にぬいぐるみのようですよね。

カットで色んなスタイルが楽しめるのもトイプードルの良いところかも。

アフロにしてもらったりテディベアにしてもらったり。

今回は人気の小型犬のトイプードルを紹介します。

英語では Toy poodle

スポンサーリンク

人気の小型犬 トイプードルってどんな犬?

ちょこちょこと歩きまわるかわいいぬいぐるみのようなトイプードル。

お散歩の時間になるとあちこちで見かけます。

同じトイプードルでも毛色や大きさがまちまちで違う犬種かと思うほど印象が違うことも。

JKCの登録犬数では一番人気。2020年だけでも7万頭以上の登録があった犬種です。

トイプードルってどんな犬?

明るく素直でかまわれたがり。

そして頭の良さはピカイチの犬種です。

とても察しがいいので訓練もしやすいですよ。

ただ頭が良いのでほっておくと手の込んだ悪戯をすることも。

頭を使う遊びなどで要求を満たしてあげましょう。

色々な芸を教えるのも有効ですよ!

器用なので次々と芸を覚えて楽しませてくれますよ。

プードルにはサイズで呼び方がかわります。

スタンダードプードル 体重が15~19キロ オリジナルのサイズです。

ミディアムプードル(設定の無い国も多い)体重が8~15キロ

ミニチュアプードル 体重が5~8キロの小型犬

トイプードル 体重が3キロ前後の愛玩犬 さらに小さいティーカップサイズがあるが認定されていません。

トイプードルのルーツって?

もともとプードルは鳥猟犬として回収の仕事をしていたことは有名ですよね。

あの有名なコンチネンタルクリップというプードルのスタイルも実は水の中で心臓や手足を守るためのカット。

そのうちその洗練されたスタイルが注目されて愛玩用として小型化されるようになってきました。

またミドルサイズのプードルはサーカスなどで活躍したりもしていますよ。

そのプードルの起源は不明な事が多く、ヨーロッパの各地で古くから存在する犬種ですが原産地は不明。

16世紀にはフランスで人気になっていることからフランスが原産地と考えられています。

18世紀にはトイサイズのプードルが宮廷画家に描かれているので古くからトイプードルは愛玩犬として存在していたようですね。

トイプードルの性格は?

明るく活発で遊び好きです。

頭もよく友好的な性格をしていますのでとても飼いやすい犬種。

自主的にかんがえて行動するのでしつけをせずにいてもトイレなどは覚える傾向があります。

っが!人間主導でしつけていかないと我が儘で気が向いた時しか指示に従わない犬になってしまします。

子犬の頃からしっかりしつけていきましょう。

次々と新しい芸を教えていくのも楽しいかもしれませんよ。

トイプードルの特徴は?

体重3キロ前後で体高は26~28センチの小型犬。

シングルコートの巻き毛で抜け毛が少ない犬種。

プードルはアレルギーフレンドリーと言われています。

カット次第で色んな雰囲気になるわんこです。

スポーツ万能で頭脳明晰!なスーパーわんこなんですよ!(かわいいし)

ボーダーコリーに次いで2番目に知能が高いとされる研究結果もあります。

ジャパンケンネルクラブで認可されている毛色は11種類。

ホワイト ブラック シルバー ブラウン ブルー グレー シルバー・グレー クリーム カフェ・オ・レ レッド アプリコット ベージュ シャンパン

こまかく規定されていて単色のみです。

ここでは人気のあるよく見かける毛色を紹介しますね。

ホワイト     白いトイプ

ブラック     ブラックトイプ

アプリコット   アプリコットトイプー 

レッド      レッドトイプー 

シルバー     シルバートイプー

子犬のときにブラックだと思っていたのに色が抜けてきた?

ブラック系のカラーは仔犬の頃は特に見分けがつきにくいみたいですね。

日本で人気のカラーはクリームやレッド、アプリコットといった色。

スポンサーリンク

人気犬種 トイプードルの飼い方

人気者のトイプードルはどこでも見かけるとてもメジャーな犬種。

飼い方や気をつけたい病気について紹介しておきます。

トイプードルとの暮らし方

小型犬のトイプードルは室内で飼育しましょう。

頭が良くしつけもしやすい犬種。

色々な芸を教えてあげましょう。

犬に芸を教える事について賛否両論ありますが、犬とのコミュニケーションにもなるのでオススメですよ。

ちなみにトイプードルが嘱託警察犬になったところもあります。

トイプードルの運動

小型犬のトイプードルですがけっこう活発です。

量は必要ありませんがしっかりと散歩に連れ出してあげましょう。

15分程度のお散歩を一日2回行ってあげましょう。

また、頭を使うドッグスポーツなんかもオススメです。

アジリティやフライボールなど人と一緒に行う競技は人と犬との関係性も良くなります。

トイプードルのお手入れ

くるくるの巻き毛はゴミを良く引っ付けています。

お散歩の後にブラッシングをして草の種などのゴミを取り除いてあげましょう。

また、細い毛をしているので絡みやすい毛質。

3~4日に一度はしっかりと毛をほぐすようにブラッシングをしてあげて。

ほっておけば伸び続ける毛なので1~2カ月に一度はトリミングをしてあげましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 トイプードルの健康管理

とにかく身軽でぴょんぴょん跳ねたりするわんこは骨折膝蓋骨脱臼に注意。

滑る床で走り回ったり、高い場所から飛び降りた時に滑って起こる事も。

床は滑りにくいカーペットなどを敷いてあげましょう。

また若齢で発症するレッグペルテスが出る犬種です。

跛行がみられたり、立ち上がりにくそうな仕草があれば獣医師に相談するようにしましょう。

顔周辺の毛が目を刺激して流涙量が増えることも(流涙症)。

カットや毛をまとめるなどして対策しましょうね。

垂れ耳なので外耳炎になりやすいことも覚えておきましょう。

参考記事 → 外耳炎について

トリミングの時に耳の毛のお手入れをしてもらったりしてチェックしましょう。

PRA(進行性網膜委縮症)

遺伝性の網膜の疾患です。

網膜が徐々に光を感知できなくなり失明にいたります。

治療法は無く、遺伝子検査で遺伝子の有無が分かるので繁殖する犬には検査をオススメします。

フォン・ヴィレブランド病

簡単に言うと出血しやすくなる病気です。

遺伝性の疾患で止血因子のフォン・ヴィレブランドが不足することで起こります。

遺伝子検査でわかるので繁殖に使う犬は検査しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

人気の小型犬 トイプードルの入手方法

人気犬種だけあってペットショップにもたくさん居ますよね。

ペットショップでは大体30万円から売られています。

希少な毛色だと倍以上のお値段がついています。

ブリーダーから直接入手する場合もあまり価格帯はかわりません。

親犬を見ることが出来たり、飼育の相談にも乗ってくれるのでブリーダーから購入するのもおすすめです。

安心して取引をするためにも気になる事は必ず質問するようにしましょう。

遺伝病の検査を受けているかも重要なポイントですよ。

スポンサーリンク

人気の小型犬 トイプードルのまとめ

人気犬種だけあって魅力いっぱいのトイプードル。

ですが人気の高さから無理な繁殖による遺伝病の問題も浮き上がってきています。

成長してから症状がでることもあってなかなか減らないようですね。

かわいい我が子の子犬が見たいと思う人も多いでしょう。

トイプードルは高額で取引されている子犬なのであわよくばと考えてしまう人もいるかもしれません。

犬の繁殖には遺伝学や緊急時に対応できる獣医学的な知識も必要です。

安易な気持ちで繁殖しないようにしましょう。

貰い手がみつかれば良いという問題ではないのです。

どうしても、という飼い主さんはブリーダーさんに相談して相手を決めてもらうと良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました