犬のお手入れ 愛犬を洗う!犬のシャンプー前にすること

シャンプー準備 犬犬のお手入れ
スポンサーリンク

室内飼いの犬ってけっこう自分で洗う人も多いですよね。

犬のシャンプーの推奨される頻度が一か月に一回。

病院で指示されて一週間に一回の子も。

皮膚の状態が悪い時に毎日洗え!と言われておののいた事あります。

かわいい我が子のため、頑張る飼い主さんも多いでしょう。

今回はシャンプー前の準備。

犬を洗う前にやっておくこと。

気を付けることをまとめています。

シャンプーの選びかたはコチラを参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シャンプー出来ないときってどんなとき?

シャンプーって若くて元気な犬ならどうってこと無いイベント。

ですが子犬や老犬にはちょっと負担になることも。

予防接種当日と接種後数日

予防接種で体に負担がかかっている時はやめておきましょう。

弱めていたり不活化してあっても病原体と体は戦っています。

滴下(スポットオン)タイプのノミダニ薬をした日

体にいきわたる前に洗い流してしまう事になってしまいます。

また直前に洗うのも十分な薬効が得られない可能性も。

念のため前後2~3日あければ万全ですね。

怪我や病変があるとき。

出血を伴う傷があるときや、じゅくじゅくした湿疹のあるときは獣医師の診察を受けてから判断しましょう。

スポンサーリンク

シャンプー前に何をする?

シャンプー前にはブラッシングをしてあげて。

どうせ洗うのにブラッシングするの?

あらかじめホコリや抜け毛をある程度おとしておくと仕上がりが全然違います。

またシャンプー時間も短縮できるので犬への負担も減らせます。

その際に体に異常がないかチェックも忘れずに!

スポンサーリンク

どんなものがあればいい?

愛犬をシャンプーする前に使うものをそろえておきましょう。

一つにまとめておくといいですよ!

準備してるときに犬に気取られてハウスに籠城されるリスクも減ります。

シャンプーやリンス

シャンプーの選び方を参考に愛犬にあったものを選んであけて。

乾かすタオル

よく水を吸うバスタオルやフェイスタオルを何枚か用意しておきましょう。

バスルームである程度水気を切ってから拭くといいですよ。

バスルームで使うのに最適なタオルはコレ!

  

乾かすとカチカチになるので使う前に水に濡らして柔らかくしておきましょう。

拭きとっては絞って何度も繰り返します。

これだけでかなり水分吸い取ってくれます。

ドライヤー

これを嫌がる犬は多いですよね。

人間のドライヤーをホットで使うとかなり高温になることも。

遠くから自分の手に風をあてて熱くならないようにしてあげて。

ペット用のドライヤーも販売されています。

風で水分を吹き飛ばすタイプも。

これは方々に水気と毛が飛び散りますが毛の根元の水分まで吹き飛ばす優れもの

温風にもなるので乾くのも早いです。

音と風にびっくりさせないように慣らしてあげて。

スポンサーリンク

犬のシャンプーの前にすること まとめ

家庭で愛犬を洗うのは一大行事になっている人も。

月に一度は無理かも。。。

あくまで目安なので寒い日が続く冬場などは二カ月に一度になってもOK.

洗えないときはシャンプーを薄めたお湯で拭いてあげても良いですね。

子犬のうちから体を触られることに慣らしておきましょう。

>>こちらもオススメ!愛犬にダニがいた!愛犬のダニ予防と駆除

タイトルとURLをコピーしました