犬のお手入れ 愛犬を洗う!犬のシャンプーの選び方

犬のシャンプー犬のお手入れ
スポンサーリンク

自分で愛犬をシャンプーしている人ってどれくらいいるのでしょうか。

昔と違って室内で生活する犬が多くなりましたよね。

そうなると気になるのは愛犬の汚れ。

犬を洗う前段階、シャンプーの選び方についてです。

スポンサーリンク

犬のおていれ 犬のシャンプーって必要?

どろどろに汚れたわんこを膝に抱こうと考える人はそんなにいないですよね。

犬も皮脂を分泌していて被毛は汚れていきます。

脂っぽい被毛は手触りも悪くなるしなんとなく臭い?

皮膚の健康を保つためにも定期的に洗いましょう!

毎日あらうの?

1~2か月に一度がシャンプーの目安です。

自分で洗う自信のない人はドッグサロンにたのんでみて。

スポンサーリンク

犬のシャンプーの種類

ペットショップに行くと棚にはずらっと並んだシャンプーに目移りしますよね。

子犬用、黒犬用、長毛用などたくさんあって迷います。

必要な用途があればそれに合わせたシャンプーを選びましょう。

特別な理由がなければ人用シャンプーを使わないようにしましょう。

犬の皮膚と人の皮膚ではpHが違います。犬は弱アルカリ性です。人用は弱酸性に調整されています。

ノミとりシャンプー

動物用医薬部外品

このシャンプー単体で退治は出来ないので補助的に使用します。

のみ取り櫛で捕殺してシャンプーで徹底的に駆除します。

その後に予防薬などでノミのつかない体にしてあげましょう。

シャンプー中はノミが水からのがれようと頭に集まる傾向があります。

泡立てたシャンプーを頭の上に置いておくとノミがからめとれることも。

リンスインシャンプー(一般的なシャンプー)

コンディショナーが配合されているので時短になってお手軽です。

自然流はうちの黒犬にも使っているオススメシャンプー。艶々でいい香りがしますよ!

無添加のものが人気があります。

シャンプー時間が短縮されるので犬への負担もすくなく済みます。

シャンプーとリンス

シャンプー後にコンディショナーで潤いを与えます。仕上がりは断然良い状態に。

長毛種や被毛を艶々に仕上げたいときはこちらがオススメ。

手間はかかりますが満足度はバツグンです。

すすぎ残しが無いようにしてあげましょう。

ドライシャンプー

水で濡らさず、洗い流さないタイプのシャンプーです。

怪我や病気でシャンプーが出来ないときにオススメ。

老犬の介護をしているなら一度は使ってみて。

皮膚の状態を綺麗に保てるので負担のかかるシャンプーをしなくてもリフレッシュできますよ。

治療目的のシャンプー

動物病院で処方されるシャンプーです。

薬効を最大限に得るために獣医師の指示に従って使用しましょう。

消毒薬のシャンプー

殺菌成分のクロルヘキシジンが入っているノルバサンシャンプー

殺菌成分のクロルヘキシジンと抗真菌薬のミコナゾールが入っている マラセブシャンプー

二次感染を起こした皮膚炎に使います。

皮膚トラブルの子向けシャンプー

ケラトラックス 脂漏症の子向け 角質化に作用するサリチル酸配合シャンプー

脂漏症についてはこちら。→ 犬の脂漏性皮膚炎

アデルミル アトピー体質の子に 保湿効果があります。

皮膚の状態にあわせて処方されます。指示に従って使用しましょう。
スポンサーリンク

犬のおていれ 犬のシャンプー選びのコツ

ふけが出る子には

ふけが多く出るメカニズムは皮膚のサイクルが異常に早くなっている事。

早くに剥がれ落ちてしまうことが原因。

痒みを抑えて状態を整えてあげるのが一番です。

うるおいタイプ

すっきりタイプ

ペット用ではありませんがよく使われているシャンプーです。

アトピー体質の子には

保湿効果のあるシャンプーを選んであげましょう。

シャンプーで失った脂分を補ってあげるのもいい方法です。

ミストタイプの保湿剤です。

すでに湿疹になっているわんこには使用しないようにしましょう。

静電気の予防にブラッシング時に使うこともできます。

スポンサーリンク

犬のおていれ 犬のシャンプー選びまとめ

愛犬のシャンプー選びの参考になったでしょうか。

洗面台のシンクで洗えるサイズからお風呂場で洗う子まで犬の大きさはさまざま。

うちの犬はびしょぬれ覚悟のお風呂場サイズです。

シャンプーを嫌がる犬はシャワーがいやだったりドライヤーが怖かったりすることも。

おうちのシャンプータイムが楽しめるように工夫してみましょう。

逃げ回る大型犬を風呂場に連行するのは大変です。

小さいときから慣らしていくのがベストです。

≫>こちらもオススメ!わんこのごはんどうしてる?ペットフードの選び方

タイトルとURLをコピーしました