犬の体 わんこの体のしくみについて 耳のしくみ

犬の耳 しくみ犬の体のしくみ
スポンサーリンク

人の耳と犬の耳とでは見た目も構造も能力も違っています。

耳の構造や能力をまとめておきました。

病気になったときにどういう仕組みなのか参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

犬の体 耳の構造と各部の働き

耳の構造 外耳炎 犬

大きく分けて3つに分かれています。聴覚については集音する外耳、受信する中耳、伝達する内耳。

また内耳は平衡感覚を司っている器官でもあります。

外耳

耳介から鼓膜までの部分を外耳と呼んでいます。

耳介

頭部から出っ張っている部分が耳介になります。

頭部に左右に一対でふたつあります。高さや位置は犬種によって違います。

全ての動物で共通している働きは集音する機能。

猫なんか音のする方に耳をむけることもできますよね。

犬でも呼びかけるとひょいっと耳を持ち上げたり集中したりするわんこもいてかわいい芸として成り立ちます。

ウサギやゾウなどは耳で体温調整をしているとか。でっかい耳には理由があったんです。

軟骨と皮膚で出来ています。

耳介軟骨は柔軟で弾力のある永久軟骨(成長しても骨化しない)

軟骨は軟骨基盤の組成で3つに分類されます。耳介軟骨は弾性繊維を多く含む弾性軟骨になります。

耳道

外耳の中でいわいる耳の穴といわれる部分です。

垂直耳道  水平耳道 わけられています。

耳を持ち上げて見える部分が垂直耳道、そこから折曲がって鼓膜までを水平耳道と呼んでいます。

耳介で集めた音を空気の振動として鼓膜へと届けるのが耳道です。

耳道には皮脂腺やアポクリン腺があり皮脂や耳垢の分泌が行われています。

中耳

音を感じ取る場所が中耳となってきます。

鼓膜

耳介で集めて耳道を通ってきた空気の振動は鼓膜を震わせて音の信号として受け取ります。

この鼓膜の振動は耳小骨へと伝えられます。

線維性の膜で両側に神経が分布しており痛覚があると考えられています。(敏感な)

鼓膜は再生する器官です。中耳炎の治療などで排膿するために人為的に破ることもあります。

耳小骨 (じしょうこつ)

鼓膜に付着していて鼓膜から振動を受け取り中耳にある蝸牛へと伝達します。

名前の通り小さな骨から出来ています。

この骨には鐙骨筋という筋肉があり可動性を制限していて大きすぎる音の振動を蝸牛に行くのを制限しています。

鼓室

鼓膜にくっつく形で内側を粘膜で覆われた空洞の鼓室があります。

耳管を通じて咽頭につながっています。

鼓室は気圧差などで鼓膜の張の変化を調整しています。

耳管

エウスタキオ管とも。鼓室と咽頭をつなぐ管で通常は閉じています。

鼓室の空気圧の調整をしています。

高所で耳がぼわーっとなって音の聞こえが悪くなる現象、覚えがありませんか?

唾を飲み込んだり、ガムをかんだりで解消されるのはあごの動きで耳管が開くからです。

また逆に鼓室内の分泌物の排出の役割もしています。

内耳

平衡感覚と音を中枢神経に伝える役割をしています。

半規管

3つあるので三半規管ともいわれています。前庭を通じて蝸牛につながっています。

半規管の外側は骨、内側は膜になっています。

この半規管が平衡感覚を司っていて前庭につながっています。

チューブ状の半規管はそれぞれ90度の角度で半円形に構造していて3次元の動きを感知をできます。

半規管の膜の内側はリンパ液で満たされていて半規管の膜の付け根に感覚毛がありクプラで結束されています。

頭が動くとリンパ液が流れクプラも動くので頭の位置を感知できるしくみになっています。

3次元の構造ってよくできていますよね。

前庭

半規管と蝸牛の間にある器官で前庭窓と言う部分で鼓膜に接しています。

内部はリンパ液で満たされていて卵形嚢と地形嚢というふたつの耳石器が内壁についています。

耳石器には炭酸カルシムで出来た耳石がついていて感覚細胞とつながっています。

この耳石の動きが前庭神経から脳に伝達されて重力と直線加速度を感知します。
人でも耳石が外れて眩暈が起こる疾患が良性発作性頭位めまい症と言われていますね。

蝸牛

聴覚を司る器官で前庭につながっています。

側頭部にある空洞で内部には蝸牛管が納まっています。

かたつむりのような形をしているので蝸牛と言う名前がついています。

蝸牛管はリンパ液で満たされていて音は蝸牛管内部の蝸牛膜から蝸牛神経を通じて中枢神経へと伝わります。

スポンサーリンク

犬の体 耳のあれこれ

人の耳と犬の耳とでは違う部分もいくつかありますよね。

構造で違うのは耳介や耳道。見た目で違うのでわかりやすいですよね。

音を集める機能が優れている

人では耳を動かす筋肉は退化していて動かすことはできません。

犬の耳は音のする方に向ける事が出来て集音できるようになっています。

小さな声で話しかけてみると耳を持ち上げて首を傾げたりしますよね。

かわいい仕草であざといだけじゃなくて音を集めるために集中しているんですね。

後ろからの音にも同じように耳を動かしているとおもいますよ!

人より多くの周波数を感じる

人が感じる周波数はだいたい20~20000Hz。

いっぽう犬は15~50000Hzまでも聞き取れるといわれています。

音は振動します。一秒間で振動する回数をHz(ヘルツ)で表現します。

人には聞こえない音を感知する能力があるんですね。

犬笛など人に聞こえない音に反応するのはそのせいでもあります。

音のする場所がわかる

人ではだいたい16方向からの音を聞き分けています。

イヌではその倍、32方向からの音を聞き分けているんだそうです。

動く耳の恩恵でしょうか。すごいですね!

音を感じる能力がすごい(聴力)

落下音を感じるテストでは人の4倍の能力があるとも。

レトリーバーなどが撃ち落とされた鳥を拾ってこれるのはどこに落ちたか音で聞き分けているのでしょうね。

お菓子の袋どんなにそ~っと触っても振り返ったら足元に居る謎もこの辺にあるのでしょうか。

スポンサーリンク

犬の耳のしくみ まとめ

素晴らしい能力をもった犬の耳のしくみでした。

見た目や能力は人と大きく違いますが構造や働き自体は人と共通することも多いですね。

タイトルとURLをコピーしました