犬がカエルを食べちゃった!どうしたらいい?犬がカエルを食べてしまったら

カエル中毒 カエル ヒキガエルその他 誤食・中毒・事故など
スポンサーリンク

暖かくなると魅惑の動きで犬を惑わせるカエルちゃん。

干からびたカエルに体をすりつけるわんこも多いですよね。

犬が大好きなカエルちゃん(私も好きです)

食べちゃいたいほどなんでしょうか(私はそれほどでもありません)

犬がカエルを食べてしまったという話をよく聞きます。

今回は犬がカエルを食べたらどうなるか?がテーマです。

先に言っておきますが、食べさせないでください。

スポンサーリンク

犬がカエルを食べた!カエルってどんな種類があるの?

梅雨前にひょこっと出現するカエルちゃん。

ちっちゃいカエルからゴエ~と超低音でなくでかいカエルまで。

日本には多くの種類のカエルちゃんが住んでいます。

一部を紹介しますね!

カエルの種類

ヒキガエル(ガマガエル)

日本では4種類生息しています。

7㎝から大きいものでは20㎝にもなるカエルです。

産卵の時期(春から夏)以外は土の中で過ごすそう。

サトウキビの害虫を駆除するために持ち込まれた外来種(オオヒキガエル)もいれると5種類かな?

ガマカエルとして有名かもしれませんね。

耳の後ろの耳下腺やイボに毒腺(ブフォトキシン)があります。

ガマの油って聞いたことありませんか?鏡の前でたらたらと油をたらすカエルのお話です。

外敵から身を守るために強力な毒を分泌します。

アマガエル

ツリーフロッグと言われる樹上生活に適したカエルちゃんです。

雨が降る前や雨の時にクワックワックワッと鳴く事から「雨蛙」と呼ばれてます。

この雨蛙の鳴き声はレインコールとか雨鳴きとか言われています。

この可愛いカエルちゃんも皮膚から複数の有機化合物を分泌しているのです。

あなどれませんね。

素手で触ってましたよ、わたし。(ちゃんと手を洗いますよ、触った後)

アカガエル

トノサマガエルとかウシガエル(食用カエル・特定外来種)とかでご存じなのではないでしょうか。

たくさんの種類が日本で生息しています。

都会にお住まいの人にはお馴染み無いかもしれませんがウシガエルの鳴き声はかなりデカくて不気味。

始めて聞いたら怯えるかも。

また大勢でいっせいに鳴かれると大音量で公害レベル。

アオガエル

モリアオガエルなどが有名ですよね。可愛い姿をしています。

あごの下に鳴き袋があって膨らませてる姿が有名かもしれませんね。

このカエル、水の上にせり出した木の枝などに産卵するのが特徴かも。

生息地では白い泡状の卵が水辺の木の枝にひっついています。

このかわいいカエルちゃん、あちこちの地域でレッドリスト入りしてしまっています。

カエルの毒の種類

日本で毒を分泌するカエルはヒキガエルとアマガエル。

どんな作用をするのか説明しますね。

ヒキガエル

ブフォトキシン ブフォ(ヒキガエル)トキシン(毒)と言う名前のこの毒。

ヒキガエルが身の危険を感じた時に耳下腺やイボから白いミルクのような毒液が分泌されます。

その毒液はいくつかの成分が含まれています。

ブフォタリン、ブフォタニン、ブファギン、シノファギン、ガマブフォゲンなどが含まれています。

このブフォトキシン心筋や迷走中枢神経に作用します。

アルカロイド系の毒物も含まれていることから幻覚作用もあってヒッピーも使っていたとか。

アマガエル

ヒキガエルのような強烈な毒と違い、雑菌やカビから皮膚を守るために分泌されている毒。

細胞を溶かす働きがあるようで、健康な皮膚などには影響はないようです。

ですが、目や口腔内、傷口には影響ありそうですよね。

炎症を起こす可能性があるので要注意です。

スポンサーリンク

犬がカエルを食べちゃった!犬はどうなるの?

カエルを食べてしまった場合、犬がどうなるの症状などが気になりますよね。

毒のあるヒキガエルを食べてしまった

のそのそと歩いてたまにぴょこんっと跳ねる。

魅惑の動きで犬を誘惑するヒキガエル。

食べちゃったらどうなるのか。

けっこう深刻です。

よだれ(大量)、口から泡をふく、嘔吐、下痢などから痙攣、呼吸困難などがおこります。

症状が激しく最悪の場合は死亡します。

ペロっとやってしまっただけでも症状が出る事もあります。
万が一ヒキガエルを口にしてしまったら、一秒でも早く口からだしましょう。飲み込んでしまったら一刻も早く動物病院へ。その前に口の中を洗い流して指や手を使ってこするように洗います。洗った水を飲み込ませないよう注意して。吐き出しても口の中は洗浄して動物病院へいきましょう。

毒がなくてもカエルを食べちゃった

ぴょんぴょん飛び回るカエルちゃん。

犬を誘惑しているとしか思えない動きですが、毒がなくても食べさせないようにしましょう。

外を満喫している猫の方が多いのですがカエルから寄生虫をいただくことがあります。

マンソン裂頭条虫って聞いたことありませんか?

長いキシメンのような条虫で頭が割れているからこの名前になっています。

カエルやヘビがこのマンソン裂頭条虫の中間宿主。

駆虫薬を何度も使って落とすことになるなかなか厄介な条虫です。

スポンサーリンク

犬がカエルを食べた まとめ

我が家には居ついたカエルちゃんが毎日夜になると窓に張り付いて捕食活動をしています。

にゃんこさん達は夜になるとカエルちゃんがやってくるのを楽しみに。

都会ではあまり見かけないかもしれませんがちょっと郊外にでると出会うことになりますよね。

カエルちゃんの方で誘惑しているかもしれませんが、犬がちょっかいを出さないよう気をつけましょう。

ヒキガエルは毒液を口に入れてしまっただけでも結構危険です。

管理下にいる犬の行動はしっかり制御しましょうね!

>>こちらも参考にしてね!犬がマムシに咬まれたらどうしたらいい?

タイトルとURLをコピーしました