犬種紹介 ドイツ原産のポインター種のひとつ ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの紹介

ジャーマンワイアーヘアードポインター大型犬
スポンサーリンク

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターという犬種をご存じでしょうか。

ドイツの硬い毛のポインターという名前なのでどんな犬か分かりやすいですよね!

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターはポインター犬種のひとつで優秀な鳥猟犬を目指して作出された犬種です。

実猟で使われる猟犬タイプとショータイプとが存在します。

今回紹介するのは ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター です。

英語では German Wire-haired Pointer

ドイツ語では Deutscher Drahthaariger Vorstehund (ドイチャー・ドラードハーリガー・フォルシュテフンド)

スポンサーリンク

犬種紹介 ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターってどんな犬?

日本では珍しい犬種で、犬種登録は数年に一度数頭行われる程度の頻度。

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターのルーツ

ドイツ原産の大型犬です。

19世紀の中頃に作られた犬種。

持久力・俊敏性・粘り強さをあわせもち、回収作業も出来るポインターが作出の目的です。

獲物を匂いで追跡してポイントし、仕留められた獲物を回収する仕事をしています。

実猟だけでなく見栄えがするのでドッグショーでも活躍しています。

作出にはジャーマン・ショートヘアード・ポインターを元にワイアーヘアの犬種を多く使って作られています。

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの性格

従順で陽気な性格をしています。

頭もよいので訓練しやすい犬種ですが、狩猟欲も旺盛な犬種です。

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの特徴

オスメス
体重25~32キロ20~27キロ
体高59~64センチ53~58センチ
被毛ダブルコート・硬い短毛

7G ポインター・セター グループ

ショータイプと実猟犬タイプがありますが、ショータイプにも実猟犬の血が入ってきています。

筋肉質でスリムな引き締まった体をしています。

垂れ耳で垂れ尾。断尾することもありますが国によっては規制されています。

短い被毛はダブルコートでオーバーコートは硬くアンダーコートは密で柔らかい毛質です。

眉毛、口髭、胸の毛が長めになっています。

毛色は3タイプ。

  • レバー
  • レバーにホワイトのパッチ
  • レバーのローンにレバーのパッチ
スポンサーリンク

犬種紹介 ジャーマン・ワイヤーヘアード・ポインターの飼い方

お手入れが楽で楽しくしつけやすい犬種。

大型犬で運動量が多いことはしっかりと理解したうえで飼育しましょう。

ジャーマン・ワイヤーヘアード・ポインターのしつけや暮らし方

室内で人のそばで飼育するようにしましょう。

大型犬なので子犬時代から社会化を行い人に従う事をしっかりと教えます。

頭が良いのでしつけやすい犬種、遊びなども取り入れながらしつけるといいですよ。

フィールドトライアルなどのドッグスポーツにもむいている犬種。

人と一緒に行う遊びやスポーツをしてあげると生き生きと取り組んでくれます。

ジャーマン・ワイヤーヘアード・ポインターの運動

1時間程度の散歩を一日2回行ってあげましょう。

ボール遊びや自由運動なども出来る機会を作ってあげましょう。

ジャーマン・ワイヤーヘアード・ポインターのお手入れ

被毛は短いのでお手入れは簡単。

週に2~3回ブラッシングしてあげましょう。

週に1度程度湯拭きしてあげると良いですよ。

1カ月に一度シャンプーで皮膚の清潔を保ってあげましょう。

垂れ耳犬種なので耳のお手入れも行ってあげて。

眉毛が目に入らないようにお手入れしてあげましょう。

口髭は食後に汚れやすいのでぬぐってあげるとキレイに保てます。

スポンサーリンク

犬種紹介 ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの健康管理

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの寿命は12~14年と言われています。

比較的健康な犬種ですがいくつかの病気や怪我に注意しましょう。

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターにみられる先天性疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

拡張型心筋症

心筋が薄く伸びてしまい収縮能力が落ちる事で心臓の働きが悪くなる疾患です。

はっきりとした原因はわかっていません。

疲れやすい、咳がでる、呼吸困難になるなどの症状があり対症療法となります。

ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの気をつけたい病気や怪我

外耳炎

垂れ耳の犬種に特によくみられます。

気温や湿度が高くなってきたころから増える傾向に。

頭を振ったり耳をかいたりすることが増えたら耳の中をチェックしてあげましょう。

内耳炎や中耳炎になる前に早めに治療してあげましょう。

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

スポンサーリンク

犬種紹介 ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター まとめ

万能の猟犬として名高いジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター。

日本では珍しい犬種で、ほとんど見かけることはない犬種。

ペットショップで見かけることはまずありません。

入手したいと考える場合には海外から輸入することになりそうですね。

JKCなどの国内の犬種登録を行っている機関に問い合わせてみると良いかもしれません。

今回紹介したのは ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター でした。

タイトルとURLをコピーしました