人気犬種  ゴールデンってどんな犬?人気犬種 ゴールデンレトリバーの紹介

ゴールデンレトリバー 飼い方大型犬
スポンサーリンク

盲導犬や警察犬にも大活躍のゴールデン・レトリバー。

ペット犬としても大人気の犬種です。

見た目とおり、優しい性格のこの大きな犬はとても魅力のある犬種。

今回はそんなゴールデン・レトリバーを紹介します。

スポンサーリンク

人気犬種 ゴールデン・レトリバーってどんな犬?

ゴージャスな長毛の犬で盲導犬や警察犬種として頭の良さも抜群。

そして世界中にファンのいる犬種。

動物好きで有名だった志村けんさんもゴールデンを飼っておられましたよね。

また人気女優の石田ゆり子さんもSNSに頻繁に愛犬のゴールデンとにゃんこさんを登場させています。

ゴールデン・レトリバーの歴史

ゴールデン・レトリバーはスコットランドで作出されました。

元になった犬はウエイビーコーテッド・レトリバー。

その犬を何度か交雑し作られたのがゴールデンの元になる犬種。

当時は「フラットコート・ゴールデン」とイギリスのケンネルクラブで登録されました。

フラットコート・レトリバーとして登録されたものの数年後には別犬種として登録されることに。

イギリスでゴールデン・レトリバーとして確立されました。

ゴールデン・レトリバーの性格

人にべったり!なのがこの犬種の印象。

温和で従順、飼い主の喜ばせたいと頑張るわんこ。

人と常に一緒にいたいわんこなので室内飼育が基本。

繊細で強情なところもありますが愛情深いところがゴールデンの魅力かもしれませんね。

ちょっとキャパの狭いところがあるのでパニックになることも。

ゴールデン・レトリバーの特徴

ほとんど白い毛色から赤っぽい濃い毛色まで濃淡さまざま。

上半身や胸、尾の飾り毛がふさふさの長毛種。

ダブルコートの被毛は冬でも水遊びが出来るほどの保温力があります。

成犬で25キロから35キロほど。メスよりややオスが大きくなりがち。

ラブラドールとの違いって?

似たような容姿で同じ犬種から作られたの?と思われることもありますね。

ラブラドールとゴールデンは同じ作業犬ですが違う系統の犬種です。

ややこしいことに、ラブもゴルも水が好きで物を運ぶのが大好き。

また同じような性格で明るく友好的で人が好き。

相違点があるとすればラブラドールは食欲の権化ですがゴールデンはグルメな子も多いとか。

また良く見てみれば耳の位置や体形も違うんですよ。

スポンサーリンク

人気犬種 ゴールデン・レトリバーの飼い方

ゴールデン・レトリバーは長毛の大型犬です。

飼育するうえでどんなことに気をつければいいのでしょうか?

ゴールデン・レトリバーのしつけ方

頭が良く人に注目している犬種。

飼い主の喜ぶ姿が何よりのごほうびになります。(おやつも好きですよ)

体をなでてあげて褒めてあげるしつけ方がぴったりくるわんこ。

何かをして常に先回りして飼い主を喜ばせようと次々と行動するタイプです。

好ましい行動は褒めてあげていけない行動は現行犯でNOでやめさせましょう。

お説教も良く聞いてくれますが効果はありません。

ゴールデン・レトリバーの運動は?

大型犬のゴールデンレトリバーは朝夕2回、一回に30分以上の散歩が理想です。

飼い主と一緒に外出することを楽しめるわんこ。

お散歩以外のアウトドアも楽しめますよ!

体が出来上がっていない時期に激しい運動をさせすぎると肘関節や股関節をいためる事に。

ボール遊びも急な方向転換をさせたりする動きにならないように緩い遊びにしておきましょうね。

ゴールデン・レトリバーのお手入れは?

長毛なので毛に雪がダマになって固まったりひっつき虫まみれになる事も。

服を着せる事である程度防止できますよ!ダニ除けにもなるのでお勧めです。

日ごろはこまめなブラッシングが必要になってきます。

足の裏の毛は湿りがちで汚れがち。

指の間に湿疹を作る事もあるのでマメに清潔にしましょう。

また、垂れ耳犬種なので耳のお手入れも必要。

ですが家庭でシャンプー出来る犬種ですし、お手入れも家庭で出来る範囲内。

総じてお手入れは楽なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

人気犬種 ゴールデン・レトリバーの健康管理

大型犬のゴールデン・レトリバーの平均寿命は12歳くらいです。

一時は腫瘍ができやすい犬種と言われていたのですがブリーダーの努力で発生は激減しています。

素晴らしいですね!

それでも気をつけたい病気はいくつかあります。

ゴールデン・レトリバーの起こりやすい先天性疾患

大型犬なので股関節形成不全が起こりやすい犬種。

遺伝的な要因に成長中の環境で発症してしまうことも。

ゴールデンレトリバーの子犬を迎えたら滑りやすいフローリングはカーペットを敷いたり、階段の上り下りに注意しましょう。

進行性網膜萎縮症(PRA) 徐々に進行する眼科疾患です。

夜盲症の症状から気づくことが多いです。発症すれば治療法が無く将来的に失明してしまいます。

遺伝子検査で繁殖の組み合わせを考慮することで発症のリスクを回避できます。

信頼できるブリーダーを選ぶことが大切ですね。

ゴールデンレトリバーの気をつけたい病気

外耳炎は耳の垂れたわんこの宿命です。

暖かくなったら蒸れやすいので定期的にチェックして汚れた程度の時にきれいにしましょう。

胸が深くて大型の犬は胃捻転が起こりやすくなっています。

急激に苦しみあっという間になくなってしまうこともあるので気を付けて。

食後すぐは静かに過ごすように習慣つけておきましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 ゴールデン・レトリバーのまとめ

大型犬の中でも初心者にも飼いやすい犬種のゴールデン・レトリバー。

飼いやすさとしつけやすさが人気の秘訣なんでしょうか。

あとは飼い主べったりのかわいいストーカー犬なところでしょうか。

得意げにニコニコと色々持ってくる姿は可愛いしかないですよね!

今回は人気の大型犬 ゴールデン・レトリバーを紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました