犬種紹介 グレート・デーンってどんな犬? 優しい巨人といわれるグレート・デーンの紹介

グレートデーン 大型犬大型犬
スポンサーリンク

犬の中のアポロン神とよばれるグレート・デーンをご存じでしょうか。

立ち上がると人より大きな犬ですよね。

アメリカのアニメ「スクービー・ドゥー」のちょっとビビリなあの犬もグレート・デーンがモデル。

毎回大騒動でなんとなく解決しちゃうドタバタコメディー、とても面白いのでまだの人は見てみて!

今回は大きな優しい犬、グレート・デーンを紹介します。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・デーンってどんな犬?

JKCの登録犬数は2020年には146頭で52位、2019年には48位でした。

大きくて見栄えのするこの犬種はコンスタントに人気のある犬種です。

グレート・デーンのルーツ

ドイツ原産の大型犬です。

起源ははっきりとわかっていませんが古代ギリシアや古代ローマ時代によく似た犬が居たと記録されています。

ドイツ原産のブレンバイザーという犬種が今のグレート・デーンの血統の元になっています。

ブレンバイザーはグレート・デーンやボクサーの祖先になった犬種で絶滅しています。

1600年頃のグレート・デーンは今よりも大きく筋肉質だったそうでイノシシを狩る猟犬として活躍していました。

大きくて勇敢なグレート・デーンはとても見栄えがしたので富裕層に大変な人気になったとか。

そこから洗練されて現在のような姿に固定されました。

本場ドイツではジャーマンマスティフと呼ばれています。

グレート・デーンの性格

優しい巨人といわれるグレート・デーンは穏やかな性格をしています。

大きい姿をしていますが甘えん坊で飼い主にべったりな所があります。

落ち着きがありしつけやすい性格をしています。

グレート・デーンの特徴

オスメス
体重54~90キロ45~68キロ
体高76~79センチ71~76センチ

2G 使役犬グループ

大きな犬として有名ですね。

頭部は長く彫が深く長方形です。

断耳をして立たせた姿が有名ですがナチュラルでは大きな折れ耳をしています。

大きな体に垂れた尾でけっこう長いですよ。

被毛は短めのシングルコートでとても密に生えています。

毛色はさまざまでフォーン&ブリンドル、ハールクイン&ブラック、ブルーと呼ばれています。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・デーンの飼い方

大きく成長するグレートデーンは性格こそ飼いやすいですが相応の覚悟をしておきましょう。

ペットショップではほとんど扱いが無いのでブリーダーから入手することになりますね。

グレート・デーンとの暮らし方

大きくなる犬ですので子犬の頃からしっかりと社交性を育ててあげましょう。

参考記事 → 子犬の社会化について

頭がいいのでしつけや訓練はしやすい犬種です。

ですが体が大きくなって自信がついてからだとナカナカ手こずります。

子犬の頃から人に従う事を教えるようにしましょう。

グレート・デーンの運動

関節に負担のかからない運動は引綱での散歩になります。

急激に成長するグレートデーンは骨格が完成するまでは激しい運動を避けるようにしましょう。

1時間程度の散歩を朝夕行ってあげるように。

また飼い主と遊ぶことが大好きな犬種なのでボール投げなどで遊んであげると喜びますよ。

力の強い犬です。犬をコントロールできる人が散歩するようにしましょう。

グレート・デーンのお手入れ

短毛なのでお手入れは楽な犬種です。

ただブラッシングするにしても面積は大きいのでそこらへんはちょっと大変かも。

ラバーブラシでブラッシングを行ってあげれば皮膚のマッサージにもなるのでオススメです。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・デーンの健康管理

グレートデーンの平均的な寿命は7~10歳と言われています。

いくつか気をつけたい病気があるので注意するようにしましょう。

グレート・デーンの先天的な疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

拡張型心筋症

心筋が薄く伸びてしまい収縮能力が落ちる事で心臓の働きが悪くなる疾患です。

はっきりとした原因はわかっていません。

疲れやすい、咳がでる、呼吸困難になるなどの症状があり対症療法となります。

ウォブラー症候群

頸部脊椎不安定症・頸部脊椎症・頸部脊椎形成異常・頸部脊椎すべり症 などと言われています。

原因は不明ですが大型の犬種に起こる事がある疾患。

首に痛みが出たりふらついたりといった症状があります。

首に痛みがあると頭を持ち上げずに前にまっすぐ突き出すような姿勢でいることが多くなります。
ハールクイン同士での交配は禁忌とされています。

グレート・デーンの気をつけたい病気や怪我

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・デーン まとめ

大きな体で甘えん坊なグレート・デーン。

すれ違ったら間違いなく振り返りそうな迫力がありますよね。

日本の住宅事情ではなかなか不利な条件の大きな犬ですがグレート・デーンの魅力にはまった人も。

ドッグランでも小さな犬と仲良く出来る優しい犬種グレート・デーンの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました