犬種紹介 グレート・スイス・マウンテン・ドッグってどんな犬?スイスの牧牛犬 グレート・スイス・マウンテン・ドッグの紹介

グレートスイスマウンテンドッグ大型犬
スポンサーリンク

グレート・スイス・マウンテン・ドッグという犬種をご存じでしょうか。

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグなどとも呼ばれる犬種です。

長い名前なので単にグレータースイスやグレートスイス、スイッシーと呼ばれる事も。

日本では登録も少なく珍しい犬種でバーニーズ・マウンテンドッグの短毛?に見えるかもしれませんね。

名前のとおりスイスの山岳地帯で働く犬種です。

大きくて力持ちなので荷車を引く仕事も任せられていました。

今回紹介するのはグレート・スイス・マウンテン・ドッグという犬種です。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・スイス・マウンテン・ドッグってどんな犬?

JKCの登録犬数では2020年には111位(6頭)2019年には134位でした。

少数ですが登録のある犬種となります。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグのルーツ

スイス原産の大型犬です。

スイス原産の山岳犬4犬種の中のひとつ。

バーニーズ・マウンテンドッグ、エントレーブッハー・マウンテンドッグ、アッペンツェラー・キャトル・ドッグとグレート・スイス・マウンテン・ドッグです。

これらの山岳犬は紀元前にローマ人がスイスに連れてきたマスチィフタイプの大型犬が起源になっているといわれています。

その大型犬と土着の犬達の血が混ざって出来た犬種となり古い歴史のある犬種となります。

牧畜犬として働いていた犬種ですが、力が強い犬種なので荷車を引く仕事もするように。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグは近代化に伴って仕事が減り数を減少させてしまいます。

ほとんど絶滅していた犬種ですが1908年のスイスのドッグショーに出場していたことから犬種復活が図られます。

慎重な繁殖計画が行われ、実行されます。子犬時代、成犬時代の二度にわたる稟性評価と健康評価を行うほど。

戦争で数を減らしたこともありますが順調に頭数を増やし1968年にはアメリカに輸出され繁殖されます。

1995年に正式にアメリカの犬種団体に認定されます。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグの性格

人のそばで過ごす事が好きなで家族が大好きな犬種です。

穏やかな気質で活発で明るい性格。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグの特徴

オスメス
体重60~70キロ50~60キロ
体高65~72センチ60~69センチ

2G 使役犬 グループ

大きな体に筋肉質で骨太な力強い犬種です。

垂れ耳、垂れ尾でバーニーズと同じ配色の短毛です。

被毛はダブルコートの短毛。

背中・尾・足の上部は黒。

頬・目の上・胸・四肢にタン。

マズル・四肢・尾の先・胸から腹が白の配色になっています。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・スイス・マウンテン・ドッグの飼い方

穏やかな気質でしつけやすい犬種です。

大きな体に似合わず活発でよく遊びます。

ヨダレも少なめでお手入れも楽な犬種ですよ!

グレート・スイス・マウンテン・ドッグのしつけや暮らし方

家族のそばに居る事が大好きな犬種です。

また冷涼な気候のスイスの山岳地帯が原産の犬なので室温のコントロールの出来る室内で飼育しましょう。

荷車を引くほど力の強い犬種で力比べでは分が悪くなります。

コマンドで動くよう力の弱い子犬時代からしっかりしつけ、社会化も行うようにしましょう。

人の指示に喜んで従う性格をしているのでしつけやすい犬種です。

ウエイトプルなどのプル競技で力を活かした競技などを楽しんでも良いですね!

グレート・スイス・マウンテン・ドッグの運動

1時間程度の散歩を一日2回おこなってあげましょう。

暑さに弱い犬種なので夏は早朝や日没後に行うようにしてあげて。

ひっぱりっこなど大好きな犬種です。

散歩以外にも自由運動が出来る時間をつくってあげましょう。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグのお手入れ

お手入れは比較的楽な犬種です。

週に2~3回ブラッシングをしてほこりや汚れを落としてあげましょう。

週に一度程度は湯拭きで被毛の汚れも落としてあげます。

1~2カ月に一度シャンプーで皮膚の清潔を保つようにしてあげるといいですよ。

垂れ耳なので外耳炎の予防のためにも耳のお手入れも行いましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・スイス・マウンテン・ドッグの健康管理

グレート・スイス・マウンテン・ドッグの寿命は8~11年ほどと言われています。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグにみられる先天性疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

グレート・スイス・マウンテン・ドッグの気をつけたい病気や怪我

熱中症

高温多湿になれば熱中症になりやすくなります。

気温だけでなく湿度にも注意しておきましょう。

熱中症は体の温度をさげられなくなって臓器が機能不全に陥ってしまいます。

あっという間に悪化してしまう事もあるので気をつけましょう。

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

外耳炎

垂れ耳の犬種に特によくみられます。

気温や湿度が高くなってきたころから増える傾向に。

頭を振ったり耳をかいたりすることが増えたら耳の中をチェックしてあげましょう。

内耳炎や中耳炎になる前に早めに治療してあげましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 グレート・スイス・マウンテン・ドッグ まとめ

グレート・スイス・マウンテン・ドッグは日本では珍しい犬種で見かける事はほとんどなレア犬種。

国内で繁殖しているブリーダーも存在するので国内で入手できますね。

ですがとても少数なので出産をまつことになりそうです。

待機期間がかなりありそうですが、親犬を見る事も出来て様子を知る事ができる利点もあります。

今回紹介したのはスイスの山岳犬のひとつ、グレート・スイス・マウンテン・ドッグでした。

タイトルとURLをコピーしました