働く犬 盲導犬ってどんな犬? 盲導犬の仕事や犬種の紹介

盲導犬 わんこ 犬働く犬
スポンサーリンク

かしこいわんこの代名詞のようにいわれる盲導犬。

このごろでは小学校の授業にも出てくるとあって知っている人もおおいよう。

犬が人と仕事をする歴史はとても古く、いろいろな仕事につく犬がいますね。

牧羊犬として働く犬としても羊を集める仕事をする犬もいれば羊を狼から守るための犬も。

実は盲導犬の歴史も古く 古代ローマ時代には盲人のために働く犬の姿が描かれています。

世界中で盲導犬が広がったのが世界大戦での戦盲人への普及がきっかけ。

今回はどんな盲導犬のことを少し紹介していきます。

スポンサーリンク

盲導犬ってどんな犬?

盲導犬に関係する法律

目の見えない人が公道を歩くとき、白杖といわれる白い杖を持つか盲導犬と歩くことを道路交通法で決められているのです。

道路を歩くとき人は右側、自転車は左側!と習いますよね。

盲導犬使用者は道路の左側を歩くことが同じ法律で認められています。

また比較的新しい法令「身体障碍者補助犬法」という法律でさまざまなきまりごとが明記されました。

  • 胴輪タイプのハーネスを使用すること。
  • ハーネスの装着するハンドルには「盲導犬」であることを明記すること。
  • 使用者証と身体障碍者補助犬健康手帳を携帯すること。
  • 適切に飼育すること

これ以外にも簡単に言うと盲導犬を同伴しての施設の利用を拒否してはいけないと明記されています。

どんな仕事をしているの?

目の見えない、もしくは見えにくい人が安全に歩くお手伝いをしている。

簡単に説明するとこんな感じです。

目をつぶって家の中を歩いてみるだけでほんの少し経験出来るのではないでしょうか。

つまづいたりぶつかったり転落したり。

盲導犬は道路の段差で止まる、障害物をよける、曲がり角を教えて使用者さんを誘導しているのです。

「明日はイオンに買い物に行くぞ~」と言ったらイオンに連れていってくれるとか、そういうのではありません、念のため。

ではどうやって目的地にたどり着いているのか?

それは盲導犬の使用者さんが道順を調べ行き方を覚え盲導犬に指示をだしているのです。

犬種は?

盲導犬といえばラブラドール!といわれるほどラブラドールが多く使われています。

訓練のしやすさと見た目のかわいさ、体の大きさも盲導犬にぴったりの犬種。

また同様の理由でゴールデンレトリバーも盲導犬になっている犬が多いのですが手入れの大変さが問題になってきます。

また、ラブラドールとゴールデンのミックス犬も多く使われています。

日本で最初の盲導犬はシェパードと言われています。

海外ではシェパードの盲導犬も多く見かけます。

なんで犬なの?

目の見えない人が安全にあるく工夫は昔から行われています。

点字ブロックであったり、白杖であったりもその工夫のひとつ。

盲導犬と初めて歩く盲人の人は「目の見えている時と同じスピードで歩ける」ことに喜ぶ人が少なくありません。

また生き物と歩く事が喜びに繋がっているよう。

ガイドヘルパーなどを使ったら?家族に助けてもらったら?と言う声もありますね。

ですがちょっとそこの角のコンビニまで。

そんなちょっとした買い物を予約してヘルパーに助けてもらったり、家族の手があくのを待つのももどかしいですよね。

自由に歩くということは、そういうことも含まれていると感じます。

将来、盲導犬の仕事は機械にとってかわられるかもしれませんが盲導犬と歩く喜びは機械では得られないでしょうね。

スポンサーリンク

誰でも盲導犬を訓練できるの?

盲導犬の認定と訓練士について

盲導犬の訓練を目的とする法人として認定を受けたのが盲導犬の訓練所です。

盲導犬としてハーネスをつけて歩けるのは国内11の団体が訓練し認定した犬だけとなります。

盲導犬の訓練士になるには各協会それぞれの求人情報を確認してみてください。

また盲導犬の訓練士として犬の訓練だけでなく視覚障碍者の歩行指導の勉強も必須になってきます。

スポンサーリンク

盲導犬にならなかった犬や引退した犬はどうなるの?

盲導犬にならなかった犬

盲導犬に向いている性質の犬を選んで交配しているのでわんこたちはとてもおだやか。

ですが機械をつくっているわけではないので個性豊かなのはあたりまえ。

そのきらりと光る個性が盲導犬にむいていないときは無理せずにキャリアチェンジとして家庭犬となります。

各協会でルールは違うようですがホームページなどで募集しているのでこれから犬を飼う人はチェックしてみては?

もうしぶんないバートナーになってくれるはず。

盲導犬を引退した犬

パピーウォーカーさんのおうちに帰るわんこ。

引退犬ボランティアのおうちで過ごすわんこなどそれぞれです。

テレビで老犬ホームが紹介されていたので有名になりましたがリタイヤ犬の多くはボランティアさんに引き取られて暮らしています。

なぜかリタイヤ犬になるとコマンドに従わなくなったりするのですが、年を重ねたわんこの可愛さは格別。

なんか許されるのをわかっているのでしょうね。

とても人気のボランティアなので希望する方は近くの盲導犬協会に問い合わせてみてください。

ちなみに我が家でもリタイヤしたわんこが生活しています。

スポンサーリンク

全国の盲導犬施設へのリンク

盲導犬協会ってひとつだと思ってる方も多いようですね。

それぞれのお財布で各地で頑張っている協会がほとんど。

どうせなら地元の盲導犬協会の支援をしてみませんか?

主な訓練所をまとめてみました。

公益財団法人 北海道盲導犬協会 (北海道)

公益財団法人 東日本盲導犬協会 (栃木)

公益財団法人 アイメイト協会 (東京)

公益財団法人 日本盲導犬協会 (神奈川)

公益財団法人 関西盲導犬協会 (京都)

公益財団法人 九州盲導犬協会(福岡)

公益財団法人 日本補助犬協会 (神奈川)

社会福祉法人 日本ライトハウス (大阪)

社会福祉法人 中部盲導犬協会 (愛知)

社会福祉法人 兵庫盲導犬協会 (兵庫)

一般財団法人 いばらき盲導犬協会 (茨城県)

※リンク外れ・名称変更などありましたら教えてもらえると助かります。

>>こちらも読んでね!警察犬ってどんな犬?警察犬の仕事や犬種の紹介

タイトルとURLをコピーしました