大型犬とくらそう!大型犬との生活ってどんなの?お金かかるの?

大型犬 生活 愛犬犬のお手入れ
スポンサーリンク

大型犬と住むんだったら大きな家じゃないと無理?

そんな風に思っている人も多いかもしれませんね。

犬のスペースも必要だし、お金も手間もかかる大型犬との生活。

でも大変な事ばかりじゃありません!

一般的な住宅で大型犬との生活を楽しんでいる人は多いのです。

ついでに言うと大型犬の多頭飼育をしている人も。

悪戯されても、大変でも、プライスレスな感じなんでしょうね。

大型犬との生活ってこんな感じ!をテーマにまとめてみました!

大型犬と生活してみたい人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

大型犬ってどんな犬?

犬とソファー

大型犬ってどれくらいの大きさの犬からそう呼ぶのかご存じでしょうか。

犬の血統管理をしているケンネルクラブなどでも明確に規定していないようです。

10キロくらいまでが小型犬、25キロくらいまでが中型犬、それ以上25キロ以上を大型犬と言っているようです。

その中でも4キロにも満たない大きさの犬を超小型犬と呼んでいるようですね。

日本で人気の大型犬

小型犬人気の日本であえて大型犬を飼う!

人気犬種ランキングでは小型犬がずらりランクインしていますよね。

そんな中でも人気の大型犬の犬種を紹介していきましょう。

ラブラドールレトリバー

小型犬のランキングにも食い込む不動の人気ぶりです。

この犬種、幼い頃の悪戯には定評があって飼い主さんはドMといわれる事も。

大ヒットした「マーリー&ミー」ではやんちゃなラブラドールとの生活に「あるわ~それ」と共感したラブ飼いも多かったのでは?

盲導犬や警察犬、救助犬や介助犬などにも使われているスーパードッグで賢いイメージがありますよね。

世界的にも人気犬種となっています。

ゴールデンレトリバー

毛の長いラブラドールと思われるほど似ていますが気質やルーツは違っています。

ゴージャスな長毛にちょっとひょうきんで優しい性格。

人に褒められることが大好きで物を持ってきてと頼んだらどや顔で持ってきてくれますよ!

やさしい犬種ですが物にも人にも他の動物にも執着が強い傾向が。

シベリアンハスキー

人気漫画で一躍有名になった犬種です。

寒い冬にぽつんと庭で寒さを堪能している姿をよく見かけました。

歌舞伎役者の隈取のような模様ともふもふの毛が人気の犬種です。

参考記事 → シベリアンハスキー

バーニーズマウンテンドッグ

まろ眉とふさふさの毛の大きなわんこです。

シベリアンハスキー同様に冬に生き生きとした表情をみせる犬種。

スイスの山岳地帯で牧畜犬として働いていた犬です。

ダルメシアン

101匹わんちゃんで有名な犬種ですよね。

とても賢い犬ですが猟犬だということを忘れずに。

わんわんサーカスなどでたくさんの芸をしている姿を見たことがある人も多いのでは?

賢いが故にちょっと飼いにくいところもある犬なんです。

飼い主次第といわれるのもそういったことが原因かもしれません。

参考記事 → ダルメシアン

ボルゾイ

ロシアの貴族が狼狩りに飼っていたサイトハウンド。

すらっとした体に細長い顔と長毛で優雅な犬ですよね。

小顔でモデル体型のボルゾイ。

正面から歩いてきたら見惚れますよね~。

参考記事 → ボルゾイ

大型犬って大人しいの?

大型犬を大きくて優しいと思っている人も多いみたいですね。

成長した大型犬はたしかにゆったりと大人しい犬が多いです。

ですが体の大きな犬を飼うことに対する飼い主さんの努力のたまものなのです。

体がおおきいぶん、脱走されたりしただけで大事件のように扱われることも。

なので、大型犬オーナーさんは愛犬を社会に適応させるために努力している人が多いのです。

何もしなくてもしつけが出来る犬種はいません。飼い主の努力のたまものです。

さて、大人しいかどうかは訓練次第かというとそうでもありません。

やはり犬種の作られた経緯を考えると闘犬や猟犬として改良され続けた犬種は大人しいとは言えません。

スポンサーリンク

大型犬との生活ってどんな感じ?

犬 外出 大型犬

映画でみるような優雅な生活ではありません。

映画「マーリー&ミー」や「ベートーヴェン」は大型犬オーナーから深い共感を得た映画でした。

ドタバタと楽しい日々は代えがたいもの。(耐えがたい?)

大型犬と暮らしたらこんな感じだよ!な大型犬あるある、紹介していきましょう!

破壊力も大きさに比例

小型犬が家具の足をかじってるって?

そんなの鼻で笑っちゃうようなダイナミックな破壊活動は大型犬ならでは。

力のある大型犬はドアも自力で開けて(方法は問わず)脱出します。

穴を開けるのはドアだけじゃありませんよ。

車のバックシートに穴を開けた犬もいたような。

おもちゃも秒で破壊。

むかしテニスボールを投げて持って帰ってくるたびに割ってくる子がいました。

ラブラドールのぶっといしっぽは中身入りのビールの缶をへこます威力がありますよ!

壊すのは物だけじゃありません

余談ですが

  • 猫を見つけていきなり走った。
  • 枯れ葉を追いかけて急にダッシュ
  • ちょうちょを追いかけて
  • ハトを追いかけて

などなど。

予測できない動きで飼い主を引きずり倒すなんてことがけっこうあります。

そのまま池に引きずり込まれた、とか肩の関節外れた(!)なんてことも。

大型犬との散歩や外出はスポーツ感覚です。

自分は小型犬だと思ってる

子犬の頃はだっこでお散歩行ってたうちの30キロ。

今でもその大きさから意識は変わっていません。

のっぴきならない事情で25キロを超える大型犬を抱っこしたことのある飼い主さんも多いはず。

そっちに行きたくない!と踏ん張られたら小型犬のようにひょいと抱っこできません。

高さのある車にはお尻を押してあげなくちゃいけなかったり。

階段のぼれなかったり。

永遠に子犬のままなんでしょうね~。そこが可愛かったりもしますが。

大型犬との生活は腕力が必要です。

おしゃれをあきらめる

小型犬オーナーのお散歩ファッションと大型犬オーナーのお散歩ファッション。

思い浮かべてみてください。

大型犬と散歩するときは実用一直線になりがち。あ、もちろんおしゃれオーナーも存在しますよ!

カラーもリードも頑丈さを追求。

歩きやすい靴を選択。

歩きやすいくて汚れても良い服を選択。

嬉しくなるとお股に顔をつっこむウチのわんこ。

ジーンズはお股のあたりが何だか色変わっちゃったりして、ちょっぴり恥ずかしい状況にも慣れました。

服には大きなパウプリントがしっかりついていたり。

撥水性のあるシャカシャカパンツなんかがベストな選択なんです(笑)

換毛期には恐ろしいほどの抜け毛

小型犬でも毛は生え変わります。

ですが大型犬の比ではありません。

一度のブラッシングでサイズ的には柴犬ほどの毛が抜けることも。

掃除機は一日で満タンになるので、紙パックじゃなくてダイソンさんのような物が便利で経済的かも。

シャンプーは一大行事

大型犬オーナーさんは自分でシャンプーしている人も多いようですね。

水が好きでもシャンプーは別!なわんこも多いみたい。

逃走をはかるわんことの闘いからはじまるシャンプータイム。

いざバスルームでシャンプーしたらここ一番でブルブルするわんこ。

腕まくりで済む小型犬とは違って大型犬を洗うときは全身ずぶぬれの覚悟で。

スポンサーリンク

大型犬と暮らすということ 出費は?

簡単にかんがえても小型犬と比べてもお金はかかりますよね。

考えられる出費、比べてみました。

大型犬のホテル料金

ドッグホテルも全国各地にあってサービスもさまざま。

朝夕のお散歩をしてくれるところやオプションサービスが充実しているところも。

さて、大型犬を預けるとして料金は気になるところですね。

小型犬で3000円  中型犬で4000円  大型犬で5000円

これくらいの設定か多いようです。

注意してほしいのが一泊料金なのか、一日料金なのか、です。

一日の料金表示だと一泊させると二日分払うことになります。

そして大型犬の扱いに慣れているスタッフがいるかどうかも気になるところ。

預ける前に色々確認したいですね。

ちなみに我が家は特別なケアが必要な犬は別として警察犬訓練所で預かってもらっています。

大型犬の扱いに長けているので安心して預けられますよ。

ちなみにお散歩と食事つきで一日3000円、一泊させると6000円ですね。

うちのわんこは大喜びで行きます。(振り返りもしません)

大型犬の食費

同じメーカーの同じフードで換算してみましょう。

全犬種用のプレミアムフードで比べてみます。

10キロの犬で155グラム/一日

30キロの犬で350グラム/一日

157.7円 / 100 gのフードで計算します。

小型犬の費用大型犬の費用
1日244円552円
1か月(30日)7,331円16,554円
1年89,199円201,418円

‥‥計算しなきゃよかったかもしれませんね!

犬連れ旅行に行ってみよう!

大型犬を連れて旅行にいってみたら?

まずもう交通手段にハンデがありすぎるのでさっくり自家用車で行くことにします。

小型犬はキャリーケースに入れるなどすれば公共交通機関にも同伴できることが多いです。

ペットも泊まれるホテルの料金を比べてみましょう!

犬の夕食を頼むと値段に差はありましたが知らない土地でいつもと違うものを食べさせるのは怖いのでスルー。

小型犬、大型犬の宿泊料金に差がありませんでした(笑)珍しいですね。

ちなみに小型犬のみ宿泊OKなホテルはけっこうあったのですが大型犬NGの宿泊施設が多いです。

小型犬のみOKなホテルはわりとリーズナブルな値段だったので比べるとしたらそんな所でしょうか。

大型犬オーナーは選択肢が少ない!という結果でした。

料金自体にあまり差はありませんでしたが選択肢が少なく割高な宿泊施設になりがちでした。

医療費はいかほど?

動物病院によって医療費の設定は違いますよね。

平均的な値段の動物病院で調べてみました。

小型犬は10キロ、大型犬は30キロで計算します。

通年8回分で買うと割引があるので8回分処方の値段を計算。

フィラリア薬  小型犬 @950×8=7,600円/一年  大型犬 @1,850×8=14,800/一年

※通年で投薬することを前提にしています。

ノミダニ予防薬 小型犬 @1,600×12=19,200/一年  大型犬 @2,000×12=24,000/一年

※事前検査を含んでいません。これは病院によって大きく差があります。

避妊手術  小型犬30,000~50,000円  大型犬 40,000~80,000円

去勢手術  小型犬20,000~40,000円  大型犬 35,000~60,000円

健康な犬で毎年かかる医療費で差があるものの概算でした。

その他に病気や怪我などで処置や投薬が必要になった場合。

投薬 キロ当たりの処方になるので大きい犬は単純に3倍程度です。

麻酔をともなう処置 これも体重あたりの値段になります。

体重あたりの処置になると割高になってきますね。医療費も小型犬より多く必要です。

その他の費用

犬具といわれるリードや首輪。

小型犬用は大体値段設定が1,000円~

大型犬用は3,000円~

やはり頑丈さを追求していくと選択肢も少なくなってきます。

スポンサーリンク

大型犬と暮らす まとめ

大型犬と暮らすとお金もかかるし散歩も結構ハード。

痛い思いもするしお財布も痩せてきちゃう。

大型犬と暮らしてみたい人の参考になったか疑問ですが、脅しじゃありませんよ!

それでも大型犬との生活は病みつきになる楽しさがあります。

すっかりハマって多頭飼育に突入する飼い主さんも多いよう。

存在感たっぷりの大型犬との暮らしについてまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました