犬の病気 犬の熱中症ってどんな病気?熱中症になりやすい犬種や予防法について

犬の熱中症 夏その他 誤食・中毒・事故など
スポンサーリンク

衣変えをする季節から徐々に増え始めるのが犬の熱中症。

日中と夜間の気温差が大きくなり人でも大きく体力を削ってしまう季節ですね。

真夏には細心の注意をはらっていても春先はノーマークだというひとも。

このころから夏に備えて体を暑さにならしていく時期。

慣れる前に犬が熱中症にならないよう気をつけましょう。

犬の熱中症に症状や気をつけることについてがテーマです、

スポンサーリンク

犬の病気 熱中症の症状や治療

日本の夏が暑くなったせいばかりではありません。

熱中症は昔からあったことです。

そして防ぐことも出来る病気です。

なぜなるのか、どうしてなるのかを理解して防いであげましょう。

犬の熱中症の症状

普段から観察することで違いに気が付くこともあります。

  • 体が熱い
  • 呼吸が速くヨダレをたらす。心拍も速い
  • 落ち着きがなくなる
  • ふらふらしている
  • 暑そうなのに水をのまない
  • ぐったりしている
野外で遊んでいた、暑い車内、室内にいたなどの状態からも推測しましょう。
さらに症状が重症化すると
  • 嘔吐、下痢(血が混じる、血便、血尿)
  • 痙攣、振戦がおこる
  • チアノーゼ
  • 昏睡や昏倒、虚脱となります。

懸命の処置もむなしく亡くなるわんこも多いのが熱中症です。

回復しても腎臓などに後遺症を残すわんこも多いこと。

予防できることなのでかからないようにしましょう。

犬の熱中症のメカニズム

生物は熱を生産して生きています。

その熱は常に放熱しているのですが、人では汗をかいたりすることで体温調整しています。

犬では汗腺が限られた場所にしかないので呼吸時に舌を大きく出したりして放熱しています。

ここで気化熱のメカニズムを思い出してみましょう。

水分が蒸発する際に一緒に熱を奪っていくあの気化熱が体の体温調節機能として働いています。

体が熱いときにヨダレが増えるのも、水分を蒸発させて熱をさげようとする生理機能。

この時どんどん血液中の水分が奪われるので脱水症状にも注意です。

水分と一緒に色々な電解質も失われてしまいます。筋肉の動きを調整する役割もあるので多く失われると痙攣がおこります。

この気化熱、大気中に水分を放出するメカニズムなので大気中に水分量も関係してきます。

飽和水蒸気量といって大気が水分をもつ量は決まっていて、それを超えると水滴になります。

湿度が高くなるといくら舌を出して水分を蒸発させようとしても出来なくなります。

だから湿度の高い日の熱中症が増えるのです。

どんどん体温があがってしまうとチアノーゼや下痢・嘔吐がおこるようになります。

犬の熱中症の治療

熱中症になったときには(応急処置)

犬の様子がおかしい!と思ったらその時に出来る事もあります。

  1. まずは日陰、風通しのいい場所に犬を移動する。
  2. 犬の体を冷やします。
  3. 急いで動物病院に連れて行きます。

ガンガンの太陽の下では犬の体は冷えません。近くの日陰に移動させます(歩けなくなっていたら抱えて)

水を使って犬の体を物理的に冷やします。

犬に水をかけます、びしょびしょになるほどかけて扇ぐなどして冷やします。
氷があれば動脈のある場所(鼠径部、わきの下、首)に当てて血液を冷やします。
冷やしすぎないようにしましょう!体温が40度以下になったら冷やすのをやめましょう。

飲めそうならば水を飲ませましょう。(飲ませすぎない)

そこでふわっと回復したように見えてもどれくらい体がダメージを受けているかわかりません。

かならず受診しましょう

動物病院での治療

症状にあわせて処置をしてもらいます。

輸液や失った水分や電解質を補うなどの治療を行います。

症状にあわせた治療を行いますが重症化している場合、予後は悪いです。

スポンサーリンク

犬の病気 熱中症について

うちの黒い30キロのラブラドール、日光にあたっているとあっという間にぬくぬくに。

夏ではカンカンに表面の温度があがっています。

本人(犬)暑くなったら日陰に移動したりしてそれなりに体温調整をしているようです。

それが追い付かなかったら熱中症になってしましますね。

かかりやすい条件についてまとめてみました。

犬の熱中症 かかりやすい犬種について

呼吸の下手な短頭種がなりやすいと言われています。

パグ、チャウチャウ、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズやそのMIX犬。

また、長毛で涼しい国の原産のバーニーズマウンテンドッグやピレニーズなども要注意。

体温調整の下手な子犬や老犬も気をつけてあげましょう。

そして犬種ではありませんが、興奮しやすい犬も注意しましょう。

毛の長い犬黒い毛色の犬にも要注意です。

犬の熱中症 なりやすい条件

季節

夏のイメージがありますが早ければ5月ころから起こります。

体が暑さに慣れていないせいでしょうか、気温の変動の激しさが原因かもしれませんね。

その後7月8月をピークに涼しくなる9月以降は少なくなってきます。

  • 気温が急激にあがった日
  • 湿度が高く風が弱い日
  • 熱帯夜の次の日

などは起こりやすい気候条件かもしれません。

場所

高温になる密閉された場所というのが高頻度で起こるポイントになります。

もちろん炎天下も要注意です。

車の中

人の子の車内放置で毎年問題になりますよね。

犬や猫でも多くが命を落としています。

JAFの調査では外気温35度の炎天下で黒の車内では30分で45度に達し、3時間後には55度にもなりました。窓を3センチ開けた状態でも30分で40度、3時間で45度と高温に。

エンジン停止後わずか15分で40度近い気温に変動してしまいます。

エアコンをつけた状態で日陰に停車するなど工夫しましょう。

また極力犬を車に残して離れないようにプランをたてましょう。

室内

閉め切った室内は車と同様に高温になっていることがあります。

外出から帰ってきたら家の中が暑かったことありませんか?

かと言って窓を開けて外出するなんてもってのほかですよね。

エアコンを上手に活用しましょう。

野外

夏の日中、お散歩は炎天下のアスファルトはびっくりするくらい高温になっています。

上からの熱と地面からの熱で犬は高温にさらされることに。

また外で係留されている犬は逃げ場がないのでなりやすいとも。

夏に野外で活動する際は注意しましょう。

スポンサーリンク

犬の病気 熱中症の予防

ある程度熱中症になる条件がわかっています。

人の方で気をつけてあげましょう。

  • エアコンを使って室温を調整すること。
  • たとえ数分でも車内に残さない。
  • 飲み水を切らさないようにしましょう。

気温や直射日光だけでなく、湿度にも注意をはらいましょう。

犬の快適な気温は人よりもかなり低い温度になります(20度くらい)

24時間20度キープすることは現実的ではありませんよね。

人が快適と感じる温度になれてもらいましょう。

気温差があると体力を消耗します。また熱帯夜が続くと熱中症になりやすくなるとも。
真夏の日中の活動は控えめに
水分補給はこまめに
密閉空間に犬だけでおいておかない
スポンサーリンク

犬の熱中症 まとめ

犬の熱中症についてでした。

熱中症で意識のない状態で運ばれたわんこ、亡くなってからも長い時間体温が下がらないほど体が熱くなっていることも。

元気に遊んでいて楽しそうにしていても適宜休憩を入れて体を冷ましましょう。

よく犬が床に四肢を投げ出してお腹をつけていますが興奮して上がった体温をさげようとする行動。

そんな行動やベロを大きくだしているときは休憩させましょう。

飼い主の注意で防げる病気です。

>>こちらも参考にしてね!犬のチョコレート中毒ってどうなるの?

タイトルとURLをコピーしました