犬種紹介 イタリアン・コルソ・ドッグってどんな犬?イタリアン・マスティフとも言われるイタリアン・コルソ・ドッグの紹介

イタリアンコルソドッグ大型犬
スポンサーリンク

イタリアン・コルソ・ドッグという犬種をご存じでしょうか。

イタリアン・マスティフとも、ドゴ・イタリアーノとも言われる大きな犬です。

その堂々とした姿や獰猛さから神話の「ケルベロス」はこの犬がモデルでは?といわれる犬種です。

神話の時代から続く歴史のふるい犬種。

今回紹介するのは イタリアン・コルソ・ドッグです。

英語では Italian Corso Dog

スポンサーリンク

犬種紹介 イタリアン・コルソ・ドッグってどんな犬?

JKCの登録犬数では2020年には104位(9頭)、2019年には116位でした。

海外ではペットやショードッグとして人気のある犬種です。

イタリアン・コルソ・ドッグのルーツ

イタリア原産の大型犬です。

一度は絶滅した古代イタリアのモロシアタイプの闘犬・護衛犬・猟犬や牧牛犬として働いていた大型犬を復活した犬種です。

イタリアで活躍していた犬種ですが第二次世界大戦後に犬種の愛好会が作られ犬種の復活か図られました。

1994年にイタリアの犬種クラブに公認され1996年にはFCIに暫定登録され2007年に正式に登録されました。

犬種の名まえのコルソは守護する者、という意味があり農家や牧牛家の護衛をしていたことで名付けられと言われています。

イタリアン・コルソ・ドッグの性格

家族には強い忠誠心を見せますが知らない人には強い警戒を示します。

飼い主一筋の犬種です。

きちんと制御できる訓練が必要な犬種で初心者にはオススメできません。

イタリアン・コルソ・ドッグの特徴

オスメス
体重40~45キロ40~45キロ
体高64~68センチ60~64センチ

2G 使役犬 グループ

幅の広い大きな頭部にしっかりとした顎、垂れ耳で垂れ尾ですが断耳、断尾ですることも。

断耳・断尾は国によっては規制されています。

筋肉質なしっかりした体にダブルコートの短い被毛。

毛色はグレー、ブラック、フォーンやブリンドルなど。

スポンサーリンク

犬種紹介 イタリアン・コルソ・ドッグの飼い方

しっかりとしたしつけや訓練が必要な犬種です。

イタリアン・コルソ・ドッグについてしっかりと理解して飼育しましょう。

イタリアン・コルソ・ドッグのしつけや暮らし方

扱いやすい子犬時代から社会化を行い、訓練をする必要のある犬種です。

飼い主一筋の傾向が強い犬ですので、出来ればオーナーが服従訓練を行い毎日反復するようにしましょう。

訓練士による訓練を行うのもオススメです。

可愛がるだけの飼い方では大きくなったときに扱いきれなくなる可能性も。

人にコントロールされる事を教え込んでおきましょう。

イタリアン・コルソ・ドッグの運動

1時間程度の散歩を一日2回、行ってあげましょう。

必ず制御できる人が行うようにします。

たまには自由運動が出来る機会をもつようにしてあげると良いですよ。

イタリアン・コルソ・ドッグのお手入れ

お手入れは簡単な犬種です。

週に2~3回、ラバーブラシでマッサージするようにブラッシングしてあげましょう。

週に一度程度湯拭きをしてあげるといいですよ。

1~2カ月に一度はシャンプーで皮膚の清潔を保つようにしてあげて。

自然な状態では垂れ耳の犬種なので耳のお手入れも行いましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 イタリアン・コルソ・ドッグの健康管理

イタリアン・コルソ・ドッグの寿命は9~12年と言われています。

比較的健康ですがいくつか注意したい病気があります。

イタリアン・コルソ・ドッグにみられる先天性疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

イタリアン・コルソ・ドッグの気をつけたい病気や怪我

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

外耳炎

垂れ耳の犬種に特によくみられます。

気温や湿度が高くなってきたころから増える傾向に。

頭を振ったり耳をかいたりすることが増えたら耳の中をチェックしてあげましょう。

内耳炎や中耳炎になる前に早めに治療してあげましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 イタリアン・コルソ・ドッグ まとめ

イタリアン・コルソ・ドッグは海外ではペットやショードッグとして人気のある犬種です。

黒やブリンドルが人気でSNSでもよく見かけます。

均整の取れたスタイルはとても見栄えがしますよね!

日本では国内にもブリーダーがいるので入手することも出来ます。

ですが数が少ないので予約が必要となる可能性が大きいですね。

今回紹介したのは珍しい犬種、 イタリアン・コルソ・ドッグでした。

タイトルとURLをコピーしました