人気犬種 ジャック・ラッセルってどんな犬?ジャック・ラッセル・テリアの紹介

ジャックラッセル テリア 犬種小型犬
スポンサーリンク

ジャック・ラッセル・テリアと言う犬種をご存じでしょうか?

人気の小型犬で元気印のこの犬、常にちょこまかと走り回っているイメージあります。

犬らしい犬種で一日中楽しいことを探しているような犬です。

今回ご紹介するのはそんな元気な犬種ジャック・ラッセル・テリアです。

英語ではJack Russell Terrier

スポンサーリンク

人気犬種 ジャック・ラッセル・テリアってどんな犬?

JKCの登録犬数では2020年には18位(3,222頭)2019年には17位でした。

元気いっぱいの魅力ある犬種です。

ジャック・ラッセル・テリアの歴史

イギリス原産のこの小型犬は ジャック・ラッセルと言う牧師がキツネ狩りのために作り出したテリア。

フォックス・テリアなどたくさんの犬種を使ってつくりだされたこの犬種、狩猟能力が優れていてハンターに人気になったことから「ジャック・ラッセル・テリア」と呼ばれるように。

世界中に輸出されて使役にむくように改良されていきました。

特に積極的に改良したオーストラリアでは、高めの気温に対応して短毛の犬が好まれ、穴に潜りこみやすいよう脚も短めに。

性質も穏やかにしてペットとしても飼いやすく改良していきました。

FCIはこのオーストラリアのタイプをジャック・ラッセル・テリアとして登録しています。

ジャック・ラッセル・テリアの性格

キツネ狩のためにつくりだされたジャック・ラッセル・テリアの性格をひとことで言うなら遊び好き!

テリア種共通で言える事ですがちょっと頑固です。

明るくて活発、頭がいい犬種。

頭が良いのですが、訓練しやすいかと言うと玄人向け。初心者では手こずる犬種かも。

ジャック・ラッセル・テリアの特徴

 理想的なサイズ
体高25~30センチ
体重5~6キロ
被毛ダブルコート

3G テリアグループ

片手で抱えられるサイズの小型犬ですね。

長さによって3種類に分けられる被毛は

  • 1㎝以下のスムースコート
  • 2.5~5㎝のラフコート(粗い手触りの長毛)
  • スムースとラフが混ざったブロークンコート

毛色はホワイトがベースになっています。レモンのマークが入る事も。

  • ホワイト
  • ホワイト&ブラック
  • ホワイト&タン(茶色)
  • ホワイト&ブラック&タン(トライカラー)

アーモンドの様な瞳はいつも何か楽しいことを探してキラキラしています。

スポンサーリンク

人気犬種 ジャックラッセルテリアの飼い方

あまり初心者向けじゃないこの犬種。

しつけには手こずるかもしれません。

楽しいこと大好きな活動的な犬です。

ジャックラッセルテリアのしつけ

明るくて楽しいこと好きな性格を利用して遊びを通じてしつけをすると良いですよ。

ボールのためなら何でもするよ!みないな感じかもしれません。

落ち着かせるために静かな落ち着いた態度で行いましょう。

興奮しやすくてエネルギーの塊のような犬。

猟犬の資質を色濃く残しているので動くものに異常に興奮することも。

散歩で猫を見つけて急に走り出した、だとか子供たちがサッカーしてるところに乱入したとか。

そんなエピソードの多い犬種なので衝動的に動くことを抑制するしつけが重要ですね。

警察犬訓練所などで訓練士さんの手を借りるのも方法のひとつ。

誰が行うにしてもしっかりとしつけをしましょう。

ジャックラッセルテリアの運動量

あえてお散歩とは言いません。運動です。

小型犬ながらかなりの運動量を必要とする犬種。

自宅からかなり離れた場所で目撃されることも多くて驚かれることも。

1時間散歩して帰った後でもボール投げを要求するわんこもいるほど(しかも無限)

朝夕2回、一回40分以上の散歩が必要です。

出来れば坂道などの負荷をかけるといいかもしれません。

ドッグランで遊ぶときは他の小型犬を追いまわさないよう気をつけてあげて。

アジリティーなどでコミュニケーションをとりながら走り回るのがオススメです。

ジャックラッセルテリアのお手入れ

比較的おていれは簡単です。

ブラッシングが日ごろのお手入れの中心。

一か月に一度程度のシャンプーで皮膚と被毛を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 ジャックラッセルテリアの健康管理

元気いっぱいのエネルギー弾のようなジャックラッセルテリア。

平均寿命は13~16歳となっています。

気をつけたい病気もいくつかあります。

レッグペルテス症(大腿骨頭無菌性壊死病)

大腿骨の骨頭への血流障害が起こり壊死していく病気で遺伝すると言われている病気です。

軽度であれば内科的な治療(痛み止めの投薬など)を行いますが重度になると外科的に治療します。

小型犬に多く見られる病気です。

膝蓋骨脱臼

膝のお皿(膝蓋骨と言います)が本来あるべき場所からずれる疾患です。

先天的に起こりやすい犬種があります。

軽い症状であれば指で整復できますが、重症だと固定していないと脱臼したままになってしまうことも。

程度によって治療方法は変わりますが、脚をあげて歩いたり立ち上がりで悲鳴をあげたりすることがあれば動物病院で診てもらう様にしましょう。

遺伝性消化管ポリポーシス

最近発見された遺伝性の消化管腫瘍です。

人の家族性大腸腺腫に似た疾患でジャックラッセル・テリアにみられます。

治療法や予防法が無い疾患ですが遺伝子検査で遺伝子の有無が分かるので繁殖前に実施することで防ぐことができます。

糖尿病

遺伝性で糖尿病が出やすい犬種です。

多飲多尿、食べるのに太らないといった症状が出ることがあります。

人と一緒で血糖値をコントロールして治療していきます。

スポンサーリンク

人気犬種 ジャック・ラッセル・テリア まとめ

この元気な犬種ジャック・ラッセル・テリアは一度はまったらやめられない犬種かもしれません。

楽しいね!と何度も見上げる瞳がたまらなくかわいいですよ。

その瞳につられてどんどんどこまでも歩いて行くのも楽しいかもしれませんね。

また、遊んでくれる人をいち早く見つける才能があるかも。

ドッグランではボール遊びの犬のグループにジョインして楽しんでる姿も。

何をしてても楽しそうなわんこなので日常が笑顔いっぱいになりそうですね!

ドッグスポーツでも花形スターになることうけあいです。

今回は ジャック・ラッセル・テリア を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました