犬の病気 尿結石ってどんな病気?犬の尿結石の原因と治療について

尿結石 犬 トイレ犬の泌尿器の病気
スポンサーリンク

尿結石は膀胱炎の原因にもなる病気です。

イヌでも人でもなりやすいわんこは繰り返すことが多い尿結石。

食事や水分補給で予防することが大事。

今回は尿結石がテーマです。

スポンサーリンク

犬の病気 尿結石ってどんな病気?

結石は体内で作られる無機塩の塊。

これが尿管や膀胱で作られるのが尿結石です。

原因となる物質や場所によって呼び方が変わってきます。

原因物質別

犬の正常時の尿のpHは弱酸性~中性で尿のpHの変化が結石にかかわっています。

ストルバイト (リン酸アンモニウムマグネシウム)

非常に多く見られる結石。

食品中のミネラルが結晶化することが原因のことも。

または尿路感染症にかかることで尿がアルカリ性になることで結晶ができやすくなります。

わんこでは感染症がなくてもストルバイト結石を作りやすい体質のわんこもいるようです。

尿を酸性にすることで溶解します。

シュウ酸カルシウム

シュウ酸の摂取や尿が酸性に傾くことでなりやすくなります。

食物中のシュウ酸は水溶性ですが体内でカルシウムと結合すると溶けにくくなります。

尿酸アンモニウム

犬ではちょっと珍しい尿結石です。

高尿酸尿症になっていると作られます。プリン体の代謝異常が原因で特定の犬種に多いといわれています。

レントゲンに映りにくい性質をもっています。

場所別

上部尿路結石

腎臓と尿管に結石があるときに上部尿路結石とよばれます。

そのうち、腎臓にあるときは腎臓結石、尿管にあるときは尿管結石といいます。

通常は腎臓で出来た結石は尿管を通って膀胱へ落ちていきます。

その場所で大きくなってしまうと詰まってしまったりして症状がでます。

下部尿路結石

膀胱、尿道に結石がある状態では下部尿路結石とよびます。

腎臓、尿路から降りてきた結石は膀胱で大きくなってしまうこともあります。

膀胱壁を刺激して膀胱炎をおこしたりもしやすくなったり、尿のpHの変化で結石になったりします。

膀胱で育ってしまった結石が尿道で詰まったりしておしっこが出にくい状態になることも。

スポンサーリンク

犬の病気 尿結石の治療

結石の種類によっては治療法がかわってきます。

また繰り返すわんこも多いので予防も大切になってきます。

尿結石の症状

小さな結晶だと知らずにおしっこと一緒にでていることも。

  • 排尿障害(出にくい、何度も行く)
  • 血尿
  • 排尿時に痛がる(変な姿でおしっこする、キャンと鳴く)
  • 陰部を舐めるなど、気にする

尿結石の治療

膀胱炎を併発していればその治療もあわせて行います。

膀胱穿刺などで尿を採取して尿検査、レントゲン、エコーで検査を行います。腎臓機能のチェックに血液検査を行うこともあります。

尿管、尿道などで詰まってしまった場合は洗浄するなどして詰まりを取り除きます。

ストルバイトは食事などで尿を酸性にすることで溶解することができます。
シュウ酸カルシウム結石は解けないので物理的に排出することになります。

細菌感染があれば抗生物質を投与して膀胱炎を治療します。

ストルバイトなどの尿結石の治療には療養食もつかいます。

ストルバイトをできにくく、溶けやすくするために特別にミネラルの調整をされた食事でちょっと塩分が多め。

水分を多くのませて尿量をふやし、排出をうながします。

スポンサーリンク

犬の病気 尿結石の予防

尿結石の出来るわんこは繰り返すことも多い病気です。

出来るだけ水分を取らせるようにして尿が濃くならないように気をつけましょう。

またミネラルを多く含む食品を避ける事も大切。

ドッグフード以外に何か食べている子はフードだけにしてみましょう。

また、尿路結石になりにくいドッグフードも販売されているので切り替えてもいいかも。

>>こちらも読んでみてね!犬の脂漏性皮膚炎について

タイトルとURLをコピーしました