犬との暮らし 犬とこたつ!? 犬がこたつに入っても大丈夫?犬のこたつの使い方

犬のこたつの使い方犬との暮らし
スポンサーリンク

寒くなってくるとこたつを使う家庭が多いですよね。

洋室に対応したタイプもあって色々なこたつが売られています。

こたつと猫は童謡にも歌われるほどですが、外を走り回るはずの犬もこたつの虜に。

全身すっぽり派や頭だけ派、上半身派や下半身派などこたつへの入り方も色々なスタイルで入ってますよね。

犬がこたつにはいる時の注意点や使い方を解説します。

スポンサーリンク

犬との暮らし 犬がこたつから離れない!?

こたつをこよなく愛するわんこから、外で雪が積もってても外に居たがるわんこまで。

犬と言っても毛深いわんこも居れば短い被毛の犬種もいるので差があって当然ですね。

北欧出身の犬種なんかは「近所の人が心配する」ほど、寒い冬にも外にいたがるとか。

犬がこたつにはいっても大丈夫?

犬がこたつにはいっていても、問題はありません。

ただし、使い方には注意が必要になります。

安全に使えるように工夫はされていますが、脚を入れる前提です。

そして熱源だということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

犬との暮らし こたつの使い方

あたたかくて、狭くて暗いこたつの中は犬にとってはとても居心地のいい場所。

気に入って当然の条件がそろってますよね。

こたつで起こる事故って何があるの?

暑くなったらひょこっと首だけだして、また潜っていく。

「こたつむり」なんて言われるほど一体化しているわんこも。

犬がこたつに入って起こりえる事故を紹介するので注意するようにしましょう。

低温やけど

やけど、というと火にあぶられたり熱湯がかかったりで起こるイメージがあって、じわっと暖かいこたつではピンとこないですよね。

低温やけどは44~50度程度の温度に長時間あたることで起こるやけど。

人では44℃の熱源では約6時間あたることで受傷すると言われています。

通常のやけどと違って深いところで組織がダメージを負っていることが多いのが低温やけどです。

皮膚では血流によって冷めやすい熱の影響を受けやすいのですが、皮下の脂肪細胞は熱の影響を受けにくいつくりになっています。

皮膚は冷たい水をかけるとすぐ冷たくなりますし、温かいお風呂に入るとすぐに温度があがります。対する脂肪細胞は冷めにくく、温めにくい性質をしています。

長時間同じ場所を温め続ければ皮下の組織が熱がこもってしまい、深部にまで熱が伝わってしまいます。

低温やけどは表面上、重症に見えないやけどが深部で進行して重症化しやすいやけど、といえます。

乾燥肌

こたつに入り浸るわんこには、お肌の乾燥に注意してあげましょう。

乾燥肌からフケが増えたり、痒みが出てきてかきむしって皮膚炎を起こすこともあります。

と、言ってもこたつの中の保湿なんてどうしたら・・?と悩ましいですよね。

ローションなどでマメにケアしてあげるようにしてあげましょう。

オススメのこたつの使い方

こたつによって「堕落」させられる!なんて大げさじゃないかも。

人も猫も犬も虜にするこたつ。

上手に使いましょう!

熱源から離す

わんこをなるべく熱源から離しておきたいですよね。

低温やけどを防ぐ目的でハイ・タイプのこたつがオススメ。

※ 画像をクリックすると商品ページへ行きます ※

ダイニングテーブル・タイプ

継脚タイプのテーブルタイプ

2段階継脚タイプの家具調タイプ


現在使っているこたつに使えるタイプの継脚。

こたつの熱源に体が引っ付かないようにするために下駄をはかせると買い換えずに済むので経済的。

あげ底するために何かを下に入れても固定されないと危ないですよね。

机面が高くなるので立ち上がりやすくなって人にも優しいかもしれません。

ヒーター部分

こたつのヒーターには3種類あってそれぞれ長短、特徴があります。

石英管ヒーター

昔ながらのこたつに使われているおなじみのヒーター。

長所は遠赤外線効果で暖かいこと。短所は暖まるまで時間がかかること。

ハロゲンヒーター

電気ストーブでお馴染みですね。

長所は即暖性があり高温まであっという間。短所は電気を良く食うこと。

カーボンフラット・ヒーター

長所は厚みが薄く省エネ。短所は暖まるまでの時間がかかること、熱が弱いこと。

 

ヒーターの種類も色々あるんです!

安全に使うのであれば、カーボンフラット・ヒーターがオススメ。

ヒーター部のみも販売されているので好みのヒーターに交換しても良いかもしれませんね。

電源

電源を入れっぱなしにせずに、適宜オフにして調整しましょう。

一度暖まってしまえば消してしまう方が安全です。

いっそ、電源が入って無くてもOKですよ!

スポンサーリンク

犬との暮らし 低温やけどが心配な暖房器具

こたつ以外にも低温やけどに注意したいのが、ホットカーペット

ホットカーペットにはカバーを使い、温度も低めで使うようにしましょう。

スポンサーリンク

犬との暮らし 犬とこたつ まとめ

人と同じで犬もこたつに魅了されてしまう子が多いようです。

はいったら出たくなくなるのは人も犬もおんなじ。

冬のお楽しみとしてこたつを安全にエンジョイしましょう!

そのためには低温やけどを起こさないように、など注意することが大切です。

今回は 犬がこたつを使うための注意点について解説しました。

タイトルとURLをコピーしました