犬の病気 外耳炎ってどんな病気?犬の外耳炎の症状や治療について

犬 外耳炎犬の耳の病気
スポンサーリンク

暖かい季節になれば気をつけたい犬の外耳炎。

わりと多くの犬がなるので動物病院でもおなじみの処置になりますね。

しょっちゅうかかっているわんこも多いでしょうから今更感があるかもしれません。

耳垢の色が黒くないから大丈夫かな~と思ってたら細菌性だった!なんてことも。

洗浄だけではなかなか良くならないことも多いのでまずは動物病院で診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

犬の外耳炎 犬の耳ってどうなってるの?

犬の耳の入口、外耳道に炎症が起こるのが外耳炎。

愛犬の耳の構造ちょっと人とは違うんです。

犬の耳の構造

人の耳とは異なった構造をしています。

耳の構造 外耳炎 犬

耳介  人で言う耳たぶというか頭部から出っ張った部分にあたります。

皮膚に被われた軟骨で形成されていて軟骨の硬さや耳の大きさが立ち耳だったり垂れ耳だったりの形を作っています。音を集める役割をしています。

外耳道 L字型の鼓膜までの空洞です。

人では鼓膜までまっすぐですが犬はL字になっています。耳掃除をしていても鼓膜まで到達しないのはこの構造のおかげ。L字の縦部分を垂直耳道、横部分を水平耳道と呼びます。

鼓膜 音を振動として捉えて内耳に伝えます。

薄い膜になっていて振動しやすい仕組みになっています。破れても再生する気管です。

中耳 鼓室と耳小骨 空気の振動を耳小骨で受け取り内耳へと伝えます。

鼓膜と鼓室は太鼓のような原理です。鼓膜が受け取った音の振動を鼓室で受け取り耳子骨へと伝えます。
内耳 半規管・前庭や蝸牛があります。
半規管と前庭は体の平衡感覚を感じる期間でここに障害がおきるとふらついたりめまいが起こります。三つあるので三半規管と呼ばれたりもします。
かたつむりみたいな形なので蝸牛と呼びます。うずまき管と習った人も多いのでは?リンパ液で満たされた渦巻状の管でここで音の情報を受け取り中枢神経へ伝達します。

犬の外耳炎の種類

犬の外耳道に炎症を起こすことをまとめて外耳炎を言いますが、炎症を起こす原因はさまざま。

原因別にみていきましょう。

マラセチア感染

独特の黒っぽい耳垢が特徴のマラセチアという常在菌による感染症です。

匂いも独特です。

健康な皮膚にも存在する真菌です。

耳の中はマラセチアの栄養源となる耳垢が多く湿っぽいので繁殖しやすいのです。

外耳にはこの耳垢腺から通常は白っぽい皮脂が分泌されています。

この皮脂の分泌の多い犬種はマラセチアの外耳炎になりやすいと言われています。

細菌感染

外耳道の皮膚に常在菌である細菌が異常繁殖しておこります。

耳の中のペーハーのバランスの崩れや、お手入れで皮膚に傷が出来たことなどがきっかけに。

菌の種類によって耳垢の色がかわります。

緑膿菌なら緑っぽくて黄色ブドウ球菌なら黄色っぽいなど。けっこう臭いです。

寄生虫

耳疥癬というダニによる外耳炎です。

大量に黒い耳垢がでて強い痒みがあるので頭を振ったり耳を掻いたりします。

耳垢や分泌物を食料として寄生しています。

黒い大量の耳垢は乾いていて瘡蓋のようなもの。痒みが強いので掻き壊すことが多い。

異物

耳の中に草の種子や昆虫などが混入して刺激し炎症を起こします。

外耳に毛が多いわんこもなりやすいので定期的にお手入れしましょう。

腫瘍やできもの

外耳にできものが出来てその刺激で炎症がおこります。

犬の外耳炎の原因

外耳炎は色々なことが原因になっておこります。

アレルギー体質だったり、気温や湿度などの気象条件だったり、耳の形状だったり。

犬の外耳が傷ついたりすることで炎症がおこることも。

では傷がつく原因は?

お手入れのやりすぎもその原因のひとつになります。

乾いた硬い繊維のティッシュなどでぬぐうと薄い皮膚の耳は簡単に傷ついてしまいます。

また、乾いた綿棒も同様です。

コマメなお手入れは必要ですが、イヤークリーナーなどで湿らせてからぬぐうなどの工夫としましょう。

ぬぐうよりも洗浄液で洗浄する方が耳が傷つかないのでオススメです。

できものや腫瘍を見つけたら刺激せずに獣医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

犬の外耳炎 症状や治療方法

多くは耳垢の分泌が増えたり、痒がったりすることで気が付きます。

症状によって処置も変わってきます。

犬の外耳炎の症状

お手入れの時に気が付くことが多いのが外耳炎。

耳の垂れたわんこでは耳を持ち上げたら真っ黒だった!なんてことも。

  • 耳垢がふえる
  • 耳が臭い
  • 頭をよくふる
  • 耳を後ろ足で掻く回数が増えた
  • 地面に頭をこすりつけている
  • 手で鼻を抱えるような仕草をする

など耳垢以外では犬のしぐさで気が付くことが多い。

重症になってくると痛みがでるのか触られるのを嫌がるようになることもあります。

犬の外耳炎の治療

まずは耳を洗浄して点耳薬の投与を行います。

耳ダニの場合は駆虫薬をつかい、マラセチアの場合は抗真菌薬、細菌感染には感受性のある抗菌剤をつかいます。

虫や異物があるときは取り除いて炎症が起きていればその処置を行います。

腫瘍やできものは内科的に処置できるものか、取り除くかを観察していきます。

洗浄と点耳薬でよくなることが多いですが症状によっては経口薬も使って治療します。

犬の外耳炎 なりやすい犬種

耳垢の分泌や形状が外耳炎の起こりやすさに影響しています。

またアレルギー体質のわんこは外耳炎になりやすい傾向にあります。

垂れ耳の犬種

ラブラドール・コッカースパニエル・ダックスフンド・シーズー・バセットハウンド・ビーグルなど

耳道に毛が多い犬種

テリア・プードル・マルチーズ・シュナウザー・シェルティーなど

暖かくなると繰り返すわんこが多いので早めに対処してあげましょう。

スポンサーリンク

犬の外耳炎 まとめ

垂れ耳犬種のラブラドールのうちのわんこ。

外耳炎は毎年ちゃうか?というくらいおなじみ。

ちらっと耳持ち上げたら真っ黒だったりするんですよね。

今回はわりとよく聞く疾患、外耳炎がテーマでした。

>>こちらも参考に!犬の皮膚炎について。犬の皮膚炎の種類や症状について

タイトルとURLをコピーしました