犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺ってどんな病気? 咽頭が麻痺して呼吸困難になる咽頭麻痺について

咽頭麻痺 呼吸器犬の呼吸器の病気
スポンサーリンク

犬の 咽頭麻痺という病気をご存じでしょうか。

中年以降の大型犬に多くみられる呼吸器疾患で呼吸音がにぎやかになることで気が付きます。

ガーガーとうるさい呼吸をするようになっていませんか?

病名のとおり、喉が麻痺してしまって呼吸困難を起こしてしまいます。

今回紹介するのは 犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺についてです。

スポンサーリンク

犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺ってどんな病気?

咽頭は喉にある部分で鼻腔の奥から気管までの部分を言います。

いわいる気管の頭側、入口部分にあたります。

咽頭は「吠える」「呼吸をする」「物を飲み込む」働きをしています。

その部分に麻痺がおこる病気です。

咽頭麻痺の原因

咽頭に麻痺がおこる原因にはさまざまな事が考えられます。

  • 多発性筋炎や筋無力症など筋肉が原因
  • 神経の障害や変性など神経が原因
  • 甲状腺がんなどの腫瘍が原因
  • 外傷が原因
  • 原因不明
  • 先天的な原因

咽頭ってどんな働きをしているの?

大きく3つの役割があります。

  • 呼吸をする
  • 吠える
  • 物を飲み込む

呼吸をするときに喉の声門が開いて空気を通します。

吠えるときに喉の声門がわずかに閉じて震わせる事で声が出ます。

また、物を飲み込む時には声門が閉じて気管に食べ物が行かないようにします。

咽頭麻痺の症状

声門が麻痺することで空気が通らなかったり、気管に食べ物が落ちてしまったりします。

飼い主さんが気が付きやすい症状はやはり声が変わったなどがあります。

  • かすれた声になる
  • 呼吸音がする(興奮したときなど)
  • チアノーゼになる(舌が青く見える)
  • むせる
  • 呼吸が辛そう、呼吸困難

など。

先天的に咽頭麻痺がある場合には巨大食道症が併発することも。

先天性は若齢期に発症し進行していきます。

後天性の場合は中年から高齢の大型犬に多い傾向があります。

咽頭麻痺の治療

症状にあわせて選択していきます。

基本的に咽頭麻痺を治療する薬はありません。

呼吸を安定させるように投薬を行います。

興奮を収めるために鎮静剤、咽頭の浮腫を抑えるために消炎剤などを投与します。

症状が安定すれば外科的な処置を検討していくことに。

いくつかの方法があります。麻痺して狭くなった声門を広げるために披裂軟骨をずらして固定する方法が最も多く選択されているようです。
スポンサーリンク

犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺の検査や予防法

咽頭麻痺の犬では聴診で息を吸うときに特徴的な音がします。

咽頭麻痺を疑う場合はレントゲンやレントゲン透視検査で咽頭の動きを確認します。

咽頭鏡で咽頭の動きを視覚的に確認すれば声門が呼吸にあわせて動いているか確認できます。

予防法はありませんが、発症後は合併症が起こらないよう気をつけます。

  • 肥満させないよう体重管理をおこないます。
  • 運動や興奮で呼吸数が増えると呼吸困難や熱中症になりやすいので気をつけましょう。
  • 誤嚥性肺炎を起こしやすいので注意します。

咽頭麻痺を起こしやすい犬種

先天性の咽頭麻痺がおこると言われている犬種

  • ロットワイラー
  • ブービエ
  • シベリアンハスキー

後天性の咽頭麻痺がおこりやすい犬種(10歳前後)

  • ラブラドールレトリバー
  • ゴールデンレトリバー
  • セントバーナード
  • アイリッシュ・セター
スポンサーリンク

犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺 まとめ

先天性の咽頭麻痺ではいくつかの犬種で確認されていますがあまり多くありません。

高齢の大型犬にみられる後天性の咽頭麻痺の方が多く、小型犬では本当にまれ。

犬の呼吸音で気づく事が多いもの。

あれ?と思ったら早めに動物病院に相談するようにしましょう。

今回は犬の呼吸器疾患 咽頭麻痺についてでした。

タイトルとURLをコピーしました