犬の病気 結膜炎ってどんな病気? 犬の結膜炎の原因や治療について

犬 結膜炎犬の眼の病気
スポンサーリンク

今回は犬の結膜炎がテーマになります。

犬の結膜の部分って黒目ばっかりのわんこの目の充血なので分かりにくいかもしれませんね。

ちょっとした刺激で炎症を起こす結膜。

結膜炎は人でもよくかかる眼病なのでおなじみですね。

スポンサーリンク

犬の病気 結膜炎 結膜はどこ?

結膜について

眼球は強膜という白い膜と角膜で覆われています。

角膜は黒目と言われている部分を覆っています。

結膜は強膜と眼瞼の内側を覆う膜です。(角膜から睫毛の生えているあたりまで途中で折り返してます)

粘膜と涙を生産して目の機能を保護しています。

  • 眼瞼結膜
  • 眼球結膜
  • 円蓋結膜

など、場所によって働きがちがいます。

上皮層には血管、リンパ管、繊維組織がある。

結膜炎の症状

結膜炎の症状はいくつかあります。

  • 充血
  • 流涙
  • 眼脂が増える

体の見える部分で起こる症状なので見つけやすいですね。

スポンサーリンク

犬の病気 結膜炎の原因と治療

結膜炎を起こす原因はさまざまです。

感染性結膜炎

細菌性結膜炎

さまざまな細菌感染によって結膜炎がおこります。

結膜の炎症と眼脂の分泌が多くなります。

目の洗浄や抗菌剤・抗生物質の点眼薬。また場合によっては抗炎症剤の点眼薬も併用します。

感染している細菌にあわせた抗菌剤を使用します。通常治りは早いので決められた回数点眼しましょう

ウイルス性結膜炎

ウイルスが原因で結膜炎がおこります。

結膜の炎症がみられ、眼脂の分泌が増えます。

ウイルスに効果のある薬がないので抗炎症剤の点眼薬と二次感染の予防のために抗生物質の点眼を行います。

炎症を抑える治療を行います。決められた回数の点眼を行うことが大切です。

他の疾患から併発するケース

他の病気にかかって併発するケースもあります。

  • ジステンパー
  • レプトスピラ

また、ドライアイや角膜炎など他の眼疾患でも併発することがあります。

非感染性結膜炎

細菌やウイルス以外な要因でおこる結膜炎です。

アレルギー性結膜炎

人と同じようにアレルギーで結膜炎になることがあります。

結膜や眼瞼に充血があり、流涙、痒みが強くなります。

アレルギー症状を抑える投薬を行うこともあります。通常痒みが強いので目を掻いたりしないよう気をつけます。治療には少し時間がかかることがあります。

物理的要因

ゴミやまつ毛が目に入った刺激などで結膜炎になることがあります。

また、シャンプーが目に入った刺激でもおこることも。

結膜の充血。瞬きが増え、流涙量が増えて目を気にしているしぐさをします。

目の洗浄をして抗炎症剤の点眼薬を使用します。

通常異物を取り除けたら早く治癒します。

慢性化した結膜炎

眼瞼内反症(さか睫毛)や、アレルギー、なりやすい犬種(目が飛び出ている)など慢性的に結膜炎を起こすことがあります。

眼瞼内反症などは原因の除去をすれば治癒しますが、繰り返す結膜炎は根気のいる治療になることも。

痒みが強い場合は内服薬なども併用したり、エリザベスカラーを使って目を掻かないようします。

スポンサーリンク

犬の病気 結膜炎 まとめ

人でも結膜炎はけっこう簡単にかかるので経験のある人も多いのでは?

犬も同じように結膜炎はとてもポピュラーな目の病気です。

あ、またか!と放っておくと掻いてしまって重症化してしまうかも。

また、意外な病気が潜んでいる場合もあるので素人診断せずに獣医師に相談しましょう。

>>こちらも読んでね!犬の尿路結石について

タイトルとURLをコピーしました