犬とのくらし 身のまわりの危険な植物 花 食べると中毒を起こす花を紹介

危険な植物 毒のある花犬との暮らし
スポンサーリンク

殺風景な部屋でも花があるだけで華やいだ雰囲気になります。

庭に咲いている花を切り花にして楽しむ人も多いのではないでしょうか。

花が終わったらドライフラワーにして楽しむ人も。

高級レストランでは料理に添えられた花なんかも素敵ですよね。

人が食用にしても問題ない花でも動物が口にすると危険な植物があります。

いい例がタマネギなどのネギ類ですよね。

安易に与えないよう、注意しましょう。

今回は身のまわりの危険な植物、草花について解説します。

スポンサーリンク

犬とのくらし 犬が食べると危険な植物 草花

わざわざ食べさせなくても部屋に飾ってあるものを誤食した。

または庭で遊んでいる時に食べた、なんてことが多いようです。

犬が自由に行ける空間には毒や危険なものは置かないようにしましょう。

普段は口にしなくても退屈しのぎに口に入れる可能性もあるんです。

アサガオ  Morning glory 朝顔 

危険な花 朝顔

小学校の理科の授業で育てた人も多いのではないでしょうか。

アサガオはつる性の植物でもっとも品種改良のすすんだ植物と言われています。

通常毒があるのは部分。ファルビチン、コンボルブリンなどが含まれていて加熱しても毒性は変わらないとか。摂取すると血圧低下や下痢嘔吐・幻覚などの症状がでます。
チョウセンアサガオ

よく似た花を咲かせるチョウセンアサガオは全草に毒が含まれています。

間違えて食べてしまった中毒例が多いので気をつけたいところ。

チョウセンアサガオの毒はアルカロイドといわれる成分で覚醒剤と同じような症状が出ると言われています。

アジサイ Hydrangea 紫陽花 

危険な花 アジサイ

梅雨の風物詩として親しまれていて石原裕次郎さんが愛した花として有名です。

日本やアメリカで中毒例があり研究されているのですが毒性についてははっきりとしていません

料理の彩として提供されていることもあってギョっとしますが、食べないようにしましょう。

日本中あちこちに植えられているので散歩中にかじったりしないよう気をつけてあげて。

摂食した馬や牛などの大型動物が下痢・体温上昇・呼吸数と心拍数の増加などの症状がでて、筋肉が緊張するなどの状態になったとの報告がありました。

アヤメ Iris 菖蒲

危険な花 菖蒲

アヤメ属の花でいずれも綺麗な姿をしています。「いずれアヤメかカキツバタ」なんてどっちか見分けつかないけど綺麗、みたいな言葉にも使われています。

このアヤメ属の毒はイリジェニン、イリジン、テクトリジンなどで全草に含まれています。樹液に触れると皮膚炎をおこしたり摂食すると嘔吐・下痢や胃腸炎症状などがあらわれます。

アヤメ科アヤメ属にはジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)・ダッチアイリス(オランダアヤメ)・ハナショウブ(花菖蒲)・シャガ・ヒメシャガ、などがあります。

イヌサフラン Colchicum autumnale 

危険な花 イヌサフラン

サフランによく似たイヌサフランは猛毒で死者も出ているほど。球根や種に毒が含まれています。

有名な猛毒で人の死亡例も多い植物でトリカブトと並んで注意が必要です。

イヌサフランの種子や球根にはコルヒチンというアルカロイドを含んでおり、口腔・咽頭灼熱感、発熱、嘔吐、下痢、背部疼痛、腎不全などの症状があらわれ呼吸困難で死亡することもあります。

クロッカス、サフランはよく似た植物ですが、こちらも有毒なので食べないようにしましょう。

キキョウ balloon flower 桔梗

危険な花 桔梗

日当たりの良い草原などに自生する植物ですが、開発されたことで絶滅危惧種と言われています。

生薬として使われますが、取り扱いに注意が必要です。

キキョウは全草にサポニンを含んでいて、食べてしまうと下痢や溶血などを起こし危険です。

クリスマスローズ Helleborus 寒芍薬(カンシャクヤク)

危険な花 クリスマスローズ

クリスマスのころに花を咲かせる事でクリスマスローズと呼ばれていますがバラではありません。

病害虫が少ないのは季節のせいだけではなさそうですね。

種によって違いますがヘレブリン、プロトアネモニンなどの猛毒を含む毒草です。葉や根茎の全草に含まれていて嘔吐、腹痛、下痢、呼吸麻痺、錯乱、心拍数の低下、心停止などの症状がでます。

キンポウゲ Ranunculaceae

危険な花 キンポウゲ

キンポウゲ科の植物には全草に毒をもつ植物が多く存在しています。

毒性分はプロトアネモニンなど。猛毒のものもあるので要注意です。

トリカブト

有名な毒ですね。全草に毒があります。特に根塊に多い。アコニチン、メサコニチンなど多くの成分が含まれています。少量でも嘔吐下痢を起こし痙攣をおこして心臓麻痺などを起こして死亡する可能性があります。

デルフィニウム

アルカロイドの一種デルフィニンを含みます。食べると嘔吐や下痢などの症状や多量に食べた場合は痙攣や死亡する可能性もあります。

ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)

プロトアネモニン、ラヌンクリンなど含まれていて樹液に触れると皮膚炎をおこします。流涎、嘔吐、下痢、痙攣。死亡の場合も。

アネモネ(ボタンイチゲ・ハナイチゲ・ベニバナオキナグサなど)

全草にプロトアネモニンを含んでいて触れると皮膚炎をおこします。流涎、嘔吐、下痢、痙攣。死亡の場合も。

フクジュソウ(福寿草)

全草にシマリン、アドニトキシン、アドニン、ソマリン、シマロール、コルコロサイド、コンバラトキシン、ストロファンチン、イソリネオロン、アドニライド、ウンベリフェロン、スコポレチン、リネオロンなど多種に及ぶ成分が含まれています。下痢、嘔吐、腹痛、呼吸困難、心臓麻痺などが引き起こされます。

クレマチス

全草にプロトアネモニン、サポニンを含んでいて皮膚に触れると皮膚炎を、誤食すると胃腸炎を引き起こします。

オダマキ(苧環、糸繰草)シュウメイギク(秀明菊・アキボタン・Japanese anemone)

全草にプロトアネモニンを含みます。皮膚に触れると皮膚炎(水疱)を誤食すると胃腸炎や心臓麻痺を引き起こします。

タイツリソウ(ケマンソウ・鯛釣草・ブリーディングハート)

危険な花 タイツリソウ

かわいいハート型の花が連なって咲きます。

全草にビククリン、プロトピン、コプチシンを含みます。痙攣、麻痺、嘔吐、下痢などの症状があらわれ心臓麻痺や呼吸不全で死亡することも。

ジギタリス(キツネの手袋)

危険な花 ジキタリス

死人の指ぬきなんて物騒な呼ばれ方もする花。

全草にジギトキシン、ギトキシン、ギタロキシン、ジゴキシン、ラナトシドC、デスラノシド、プルプニン、ジギニン、ルテリンなどの成分を含み、嘔吐、下痢、不整脈、心臓麻痺、中枢神経麻痺などを引き起こします。

スイートピーLathyrus odoratus ジャコウレンリソウ・ジャコウエンドウなど

危険な花 スイートピー

赤いスイートピーで一躍有名になったのではないでしょうか。

全草に毒をもち、豆やサヤに多くふくまれます。毒性アミノ酸、アミノプロピオニトリルが含まれ骨そのものに異常をきたす骨性ラチリスムを引き起こします。(人では神経性ラチリスムという痙性麻痺)

スイートピーはマメ科の植物。他にルピナスなどがあります。

スズラン May flower 鈴蘭・君影草・谷間の姫百合など

危険な花 鈴蘭

香りのいい小さな可憐な花が咲きます。

全草に毒をもちコンバラトキシン、コンバロサイド、コンバラトキソール、ロデアサポゲニン、セリドニン酸などの成分が含まれています。特に花や根に多く含まれています。、嘔吐、頭痛やめまい、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし死に至ることもあります。

スミレ Viola 菫

危険な花 すみれ

写真はパンジーです。

スミレは種子と根茎に毒をもちます。ピオリンを含む成分がふくまれていて摂食すると嘔吐や神経麻痺、心臓麻痺を起こす心配があります。

スミレ属には園芸品種として人気のパンジー・ヴィオラなどがあります。

ランタナ Lantana camara 七変化

危険な花 ランタナ

花色は変化する可愛い花を咲かせますが世界の侵略的外来種に選ばれています。けっこうどこにでも咲いてます。

種子(果実)にランタニンを含み食べると腹痛や下痢・嘔吐がおこります。多く食べると神経症状を引き起こすので注意しましょう。

ロベリア Lobelia 瑠璃蝶草(ルリチョウソウ)

危険な花 ロベリア

悪魔祓いにも使われるとか。

ロベリアには全草にロベリンという成分を含んでいて食べると嘔吐や腹痛、下痢。痙攣や麻痺、呼吸困難を起こすこともあります。

球根の花

チューリップ tulip 鬱金香(うこんこう、うっこんこう)

危険な花 チューリップ

たくさんの品種のある人気の春の花です。秋になるとたくさんの球根が売られていますね。

多くの品種で全草に有毒成分ツリピンという心臓毒を含みます。また、球根が傷つくとアレルギー物質のツリパリンAを生成します。口の中の腫れや口内炎、嘔吐や多量に摂取すると死亡することもあります。

ヒガンバナAmaryllidaceae 彼岸花・曼珠沙華

危険な花 ヒガンバナ

ヒガンバナ科の植物は犬にとって有毒であると思っていた方がよさそうです。

ネギなどもここに分類されます。

全草に リコリン、セキサニン、ホモリコリンなどのアルカロイドが含まれる。摂食すると流延、下痢、嘔吐、腹痛、痙攣などを起こし呼吸不全や心臓麻痺を引き起こします。

ヒガンバナ科には他にアマリリス・スイセン・クンシラン・スノーフレーク・ダイアモンドリリー・スノードロップなど。

ヒヤシンス Hyacinthus orientalis ヒアシンス・風信子

危険な花 風信子

水栽培をしたことありませんか?たくさんの園芸品種が売られています。

全草にリコリン、シュウ酸カルシウムを含んでいます。特にシュウ酸カルシウムは球根や鱗粉に多く含まれていて皮膚に触れると皮膚炎をおこすほど。嘔吐や下痢、痙攣などを起こします。

ユリ Lilium 百合

危険な花 百合

多くの品種のあるユリは日本でも自生している種があります。

人ではユリ根は食用になりますが犬猫には有毒となります。

特に猫で多い中毒ですが、成分や原因がはっきりとわかっていません。全草に毒性があると思って食べさせないようにしましょう。
スポンサーリンク

犬とのくらし 犬が食べると危険な植物 まとめ

食用とされている花でも他の部分に毒を含んでいたり、人が食べても大丈夫なものでも、犬や猫には有害なものもあります。

綺麗で甘い匂いのする花はお散歩中にパク!と食べたい衝動に駆られることも多いかもしれません。

一度食べて「怒られない」「嫌な思いをしない」などの学習が行われるとどんどんエスカレートしてバクバク食べるようになってしまうことも。

散歩中や家庭内でもむやみに口にいれないようにしつけてあげましょう。

今回は身のまわりの危険な植物 花 について解説しました。

タイトルとURLをコピーしました