犬の食べ物 食べてはいけない食品って何?犬が食べると危険な食品

犬 危険な食べ物 犬の食べ物
スポンサーリンク

悪戯で口にしてしまうことも多いのが食べ物。

また知らずに食べさせている「食品」の中には犬にとって体に良くないもの、毒性のあるものがあります。

今回のテーマは犬が食べてはいけないものです。

スポンサーリンク

こんなにある!犬に食べさせてはいけない食品

有名なものから え!?これも?となるものまで。

食べたら危険な食べ物

チョコレート中毒

良い匂いもするし、人がおいしそうに食べてるしで犬の興味をとてもひく食品。管理は厳重に行いましょう。

カカオ豆に含まれる「テオブロミン」が中毒の原因です。 チョコレートのほのかな苦みの元になっていてダイエットに良いことで有名ですね。

食べてしまったらすぐには症状は現れません。数時間後に症状が現れることが。
症状が起こったら嘔吐・下痢・失禁や頻脈になったり痙攣など。

犬のテオブロミンの致死量について。

100~200㎎ / 体重1㎏ (致死量)

20㎎ / 体重1㎏ (軽度に症状があらわれる)

40~50㎎ / 体重1㎏ (重度の症状)

60㎎ / 体重1㎏ (痙攣など深刻な症状)

と言われていますが個体差があります。

チョコレートにはカカオパウダーや板チョコなどいろんな種類がありますね。

チョコレート中毒についてはこちらも参考にしてみてくださいね!チョコ中毒について。
食べてしまったら「何を(どんなチョコレート)」「どれくらい」食べたのか調べて獣医さんに行きましょう!

ネギ類 中毒

ネギ、玉ねぎなどネギ類も有名ですね。玉ねぎ中毒といわれています。

有機チオ硫酸化合物が原因。玉ねぎは血液サラサラになる食べ物として有名ですが犬や猫では赤血球の中にあるヘモグロビン(酸素運ぶやつ)を酸化させて破壊してしまいます。

玉ねぎのような刺激的な食べ物を犬が欲しがるとは思えませんが、念のため。

味付け前に肉じゃがの肉といもだけ取り分けたりしてもダメ。

一緒に調理されたものはエキスが出ていることもあります。

ネギ・玉ねぎの他にニンニク、ニラ・長ネギなどにも。
食べてしまったら症状が出るのを待たずに獣医師に相談しましょう!
タマネギ中毒についてはコチラも参考にしてね! 犬のタマネギ中毒

キシリトール

ガムや飴などに使われている人工甘味料です。

砂糖に比べて爽やかな甘みであったり、後味の良さが人気でカロリーも低いことからダイエット効果も。

安全な甘味料と思われていたことから犬の食べ物にも使われていたことも。

無いとは思いますが、おやつなどは使用されていないか確認してから与えましょう。

インスリンを大量に分泌し血糖値が低下し肝機能に影響を与えると言われています。

低血糖の症状があらわれます。ふらふらしたり痙攣したり、ぐったりして昏睡に陥ります。

また、肝障害がおこれば黄疸などの症状も。嘔吐や下痢がおこることもあります。

危険な摂取量は 100㎎/体重1kg と言われていますが30㎎/体重1㎏で症状が出たとの報告も。
食べてしまったらどれくらい(量)をどんな風に(丸のみしたとか嚙み砕いて)食べたかを調べましょう。症状が出る前に獣医に受診しましょう。

ぶどう&レーズン 中毒

比較的 最近になってから危険性が知られるようになりました。

実は原因物質は明らかになっていません。腎臓に影響を及ぼして腎不全などを起こします。

共通しているのは食べてから数時間後の嘔吐です。

下痢や元気消失、震えなどの症状が出る犬もいます。

ぶどうだけでなく、ぶどうジュース、干しブドウなども危険と言われていきます。ブドウの皮だけでも危険があるので、食べ残しの皮などにも注意をはらいましょう。
食べるのをみてしまったり怪しかったらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

マカダミアナッツ 中毒

マカダミアナッツに限らず他のナッツ類でも脂肪分が多いため下痢をすることも。

中毒の原因となる物質はわかっていません。筋肉に力が入らなくなってたてなくなったりふらついたりの症状がでることも。

症状には個体差が大きく一時間ほどで症状が出る犬もいれば半日して吐き出した犬も。

食べたことに気づいたら動物病院につれていきましょう。上記の症状で気が付くこともあります。
犬のマカダミアナッツ中毒についてはコチラも参照してくださいね。マカダミアナッツ中毒

危険な食べ物を食べさせないために

人の手から知らずに与えられたり、うっかりテーブルに置きっぱなしだったものを食べてしまったり。

まず、犬にドッグフードや犬のオヤツ以外のものを与えるときには危険がないか調べる事。

少量あたえて様子をみることを徹底しましょう。

またテーブルなどからの盗み食いは管理の問題です。

席を離すときは、たとえ数分のトイレだとしても犬をケージに入れるか食べ物を片付けるかどちらかです。

うっかりで愛犬の命が脅かされないよう普段からこころがけましょう。
スポンサーリンク

犬が食べたら危険な食べ物 まとめ

今回は犬が食べると危険な食べ物がテーマでした。

普段から悪戯されない環境を作って、危ないものは徹底して管理しましょう。

出来れば家に持ち込まないのが理想です。

タイトルとURLをコピーしました