人気犬種 シェットランド・シープドックってどんな犬?シェルティーと呼ばれる小型犬の紹介

シェルティ シェットランドシープドック 犬種小型犬
スポンサーリンク

シェルティと呼ばれるシェットランド・シープドックをご存じでしょうか。

日本で人気の犬種でちっちゃいコリーに見える犬種。

人気があるのでよく見かけるのではないでしょうか。

車で通りかかるとくるくる回って追いかけるそぶりをしてみせたりするわんこが多いみたい。

今回は人気の犬種シェルティと呼ばれるシェットランド・シープドックを紹介します。

英語では Shetland Sheepdog

スポンサーリンク

人気犬種 シェットランド・シープドックってどんな犬?

シェットランド・シープドック、シェルティの魅力って何?

そう聞かれたらちょっと困ってしまうくらい魅力のある犬種。

見た目は優雅だし、賢いし、穏やかな性格だし。

どっぷり魅力にはまるシェルティ飼いは多いのではないでしょうか。

シェットランド・シープドックのルーツ

そのままスコットランドの牧羊犬の歴史ともいえるほど古いと言われるほど古くからある犬種。

スコットランドのシェットランド諸島が原産です。

シェトランド・コリーと呼ばれていた事もあったのですが、ラフ・コリーとの分別化のためシェットランド・シープドックと言う名称になりました。

同じくスコットランド原産のラフ・コリーボーダー・コリーとは起源が同じと考えられています。

シェットランド諸島の環境や家畜の小型化にあわせて小型化していって結果的にラフコリーの半分程度の大きさになってしまった犬種。

シェットランド・シープドックの性格

穏やかで優しい性格の犬種です。

何と言っても賢い!

忠実で訓練性能が高い。

ちょっと繊細なところもあり、吠えや警戒などが出る事も多い犬種。

元が牧羊犬なだけあって納得の性質ですね。

車や自転車を追いかけて吠えながらくるくる回るわんこ多いですよね。

シェットランド・シープドックの特徴

理想的なサイズ
体高35~37センチ
体重10キロ程度
被毛ダブルコート

1G 牧羊犬・牧畜犬グループ

大きさは個体差が大きくて小さな子も大きい子も居ます。6キロくらいの子から15キロくらいの子まで。

筋肉質な体で引き締まった体が理想とされています。

大きめ三角の耳は折れているのが理想とされてますが、ピンと立っている子も多いですね!

何と言ってもゴージャスな被毛に目がいく犬種。

胸や首回りなどにはたっぷりの飾り毛のある長毛種です。

ダブルコートで毛色はセーブル、黒、ブルーマールを元に白とタンが配色されます。

可愛い半折れの立ち耳は子犬時代の折れ耳時代に医療用テープで固定したりリボンで耳寄せします
スポンサーリンク

人気犬種 シェットランド・シープドックの飼い方

ちっちゃくて優雅な見た目ですが牧羊犬だったシェットランド・シープドック。

たくさんの運動を必要とする犬種です。

シェットランド・シープドックとの暮らし

厳しい環境に対応してきた犬種ですが豊富なダブルコートの被毛は日本の気候にはちょっと不向き。

なので室内で飼育するようにしましょう。

頭がよくてどんどん色々な訓練ができるのでしつけも楽しい犬種です。

アジリティなどの指示に従って頭も使って体も使うようなドックスポーツがオススメです。

繊細で警戒心の強めの犬種なので仔犬の頃からのしつけが大切です。

立派な番犬が欲しいのでなければきちんと社会化を行いましょう。

シェットランド・シープドックの運動

小型犬ですがけっこう運動量が必要です。

近所をちょっと一回り、では満足してもらえない。

20~30分程度の散歩を朝夕おこなってあげましょう。

また走り回る事も大好きなのでドックスポーツやドックランなどで思い切り走れる機会を作ってあげましょう。

シェットランド・シープドックのお手入れ

立派な飾り毛のシェットランドシープドックはブラッシング必須の犬種です。

お散歩のあとには毎回毛についた草の種やほこりなど軽くブラッシングして落としてあげましょう。

またダブルコートで抜け毛の多い犬種なので2~3日に一度はしっかり抜け毛を取り除いてあげましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 シェットランド・シープドックの健康管理

頭がよくて飼いやすい犬種のシェットランドシープドックですが健康管理にはいくつか気をつけたい事があります。

シェットランド・シープドックの先天的な疾患

PRA(進行性網膜委縮症)

遺伝性の網膜の疾患です。

網膜が徐々に光を感知できなくなり失明にいたります。

治療法は無く、遺伝子検査で遺伝子の有無が分かるので繁殖する犬には検査をオススメします。

ダブルマール

繁殖時に「マール」といわれる毛色同士をかけ合わせると出る毛色でほぼ白い毛色に生まれます。

この賭け合わせで生まれた犬は目や耳に障害を持って生まれることがあるので繁殖を避ける必要があります。

MDR1遺伝子変異 イベルメクチン中毒

フィラリア薬や駆虫薬の成分、イベルメクチン中毒を起こすことがあります。

遺伝病で血液検査でこの因子を調べる事ができるので投与の必要があれば検査しておきましょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが減少することで代謝が低下してしまいます。

だるさや無気力、疲労感、むくみなどの症状がでることも。

他の病気の合併症として起こる事が多い疾患ですが、単独で症状がでることも。

投薬で症状は改善しますが、機能は回復しないので投薬を続けることになります。

コリーアイ症候群

遺伝性の眼疾患で脈絡膜の形成不全などが起こり視力障害や失明がおこります。

重症例で生後2カ月程度の子犬時代に発症することもあります。

フォン・ヴィレブランド病

簡単に言うと出血しやすくなる病気です。

遺伝性の疾患で止血因子のフォン・ヴィレブランドが不足することで起こります。

遺伝子検査でわかるので繁殖に使う犬は検査しておくようにしましょう。

シェットランド・シープドックの気をつけたい病気

皮膚炎

皮膚の弱い子が多く、皮膚炎をおこしやすい犬種です。

日ごろのブラッシングの時に皮膚の状態も確認して早めに発見できるように気をつけましょう。

皮膚炎は悪化させないのが治療のコツです。

スポンサーリンク

人気犬種 シェットランド・シープドック まとめ

シェルティーの愛称で親しまれているシェットランドシープドック。

名犬ラッシーで人気に火の付いたコリー犬は大型犬で飼育したくても事情が許さない人が多かったのですが、そのときにそっくりの小型犬のシェットランド・シープドックに人気がでたのでしょうね。

けっこう昔から人気の犬種ですがブームというより安定した人気の犬種です。

愛情深くて忠実な犬種ですっかり虜になる人も多いシェットランド・シープドックの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました