子犬を迎えたら 子犬の社会化って何?どうするの?子犬の社会化について

子犬 社会化 しつけ子犬を迎えたら
スポンサーリンク

子犬を飼うときには「社会化をしましょう」「社会化が大切」と散々言われます。

でもちょっとまって、社会化ってなによ?どうすればいいの?

そんな疑問にお答えしましょう。

子犬を飼い始めたら早いうちに始めるのが吉!

子犬の社会化の方法です。

スポンサーリンク

子犬を迎えたら 社会化って何?

社会化とは。

子犬に人と生活するために環境にならして人や他の動物との付き合い方をおしえます。

犬の社会性を育てることですね。

人や動物に限らず環境も含みます。

スポンサーリンク

子犬を迎えたら 社会化の時期って?

子犬を迎えてから社会化をしてあげるのに適切な時期っていつだろうと気になりますよね。

極端な話ですが子犬を飼ったらワクチンが終わるまで箱から出さずに育てるよう言われたとかそんな話も。

実はワクチンプログラムが終わるまでの時期がちょうど社会化に最適な時期と重なっています。

一番おいしい時期を箱に閉じ込めておくなんて!

子犬は産まれてから3週目くらいから離乳が始まります。

視力も聴力もしっかりしてくるので好奇心も育ってきます。

巣箱から出てきて外の世界を経験しはじめるころ。

このころは同胎の子犬たちと遊びながら犬との付き合い方を学んでいきます

成長していくとともに見慣れないものを怖がるようになっていきます。

ですがまだまだあっという間に慣れてしまうのが子犬の時期。

警戒心もほとんどない生後3カ月ころまでが一番最適な時期と言えます。

成犬になったら出来ないの?

一番やりやすい時期が子犬時代というだけです。

大人になると警戒心も出てきて不安感も強くなるので子犬ほどすんなりいきません。

ですが時間をかけてゆっくりと進めれば出来ない事はありません。

スポンサーリンク

子犬を迎えたら 社会化の方法

ひとことに慣らすっていってもいきなり刺激の強いところに放り込まないように。

段階をふんで、継続的に、がセオリー。

そして危険のないようにすることが一番大切です。

見知らぬの人に慣れる

子犬を迎えてから~

だっこで人のいる場所に連れて行きましょう。

ワクチン前である事を説明して犬好きの他の人からの直接のコンタクトは避けて(他の犬にも触ってますよ)

子供・大人・老人など色々な人がいる事を教えてあげましょう。

最初は遠くから眺めているように。

慣れてきたら人の中を歩いてみましょう。

ワクチンが終わってから

子犬は家族以外の人にどんな反応をしていますか?

人に会うたび嬉しすぎて大騒ぎになってたら少し後戻りしてみましょう。

子犬に無関心な大勢の人の中で過ごしてみましょう。

大勢の人がいても落ち着いていられたら成功です。

他の犬や動物に慣れる

子犬を迎えてから~

抱っこのお散歩で他の犬や猫、鳥などいろいろな動物を見せてあげましょう。

最初は遠くから、接触しないように。

特別な反応を示さないようにするのが目的です。

ほら~猫ちゃんだよ~などと声をかけてしまうと変に興味を強くしてしまうかも。

抱っこのまま見るだけにしておきましょう。

ワクチンが終わったら

パピークラスに参加してみましょう!

動物病院や訓練所などでパピークラスを行っている所も。

同じ年ごろの子犬と一緒にしつけ方を習うのも楽しいですよ!

犬との接し方も学べます。

車に慣れる

不安定な足元の車は苦手な犬が多いのです。

近所のコンビニ、郵便局、お買い物などちょっとしたお出かけに練習として連れ出しましょう。

車の中で自由にさせずに最初は抱っこで乗せてあげたいですね。

一人で連れ出すときはバリケンやキャリーバッグに入れて乗せてあげます。

慣れてくれば車大好きなわんこになりますよ!

おまけ

ホームセンターのショッピングカートなどにも犬用のものを置いているお店も増えてきましたね。

一緒にショッピングを楽しめるので連れている人も多いよう。

揺れるショッピングカートに大人しく乗ってもらうためにも不安と取り除いてあげましょう。

抱っこ散歩は犬の様子も良くわかってとても良いのですがずっと抱っこは大変。

犬用のバギーを利用するのも一つの手ですよ!

犬用のバギーです。安全に外の刺激を経験させてあげられます。

20キロまで対応しています。

折り畳み可 amazon で13,600円(画像で商品ページに)

ペットカート。視線が低いので歩いている時と同じ体験が。

60キロまで対応しています。

大型犬でも生涯使えます。amazonで16,500円(画像から商品ページに)

環境になれる

ワクチンが終わるまでは抱っこやバギーでいろいろな所に連れて行きましょう。

子犬の様子をみながら、刺激は少しずつ大きくしていきます。

そして大事なことは繰り返し行うこと。

一度電車を見せたから終わり、では無くて頻繁に行うことが大切です。

電車の音や風、振動。

子供がたくさんいる学校のそば。

大きな音がする工事現場。

最初は遠くから、大丈夫そうなら少しずつ刺激を大きくしていきます。

見慣れて見飽きたら成功ともいえますよ!

スポンサーリンク

子犬を迎えたら 社会化のまとめ

人との生活に欠かせない人の生活する環境にならしていくこと。

成長して恐怖心に怯える犬をなだめながら慣らすのはとても大変です。

心の柔らかし順応性の高い時期に行うほうが犬への負担も少なくすみますね!

>>こちらも参考にしてね!犬のしつけ クレートトレーニングをしよう!

タイトルとURLをコピーしました