犬種紹介 スパニッシュ・マスティフってどんな犬?日本では珍しいスパニッシュ・マスティフの犬種の紹介

スパニッシュマスティフ大型犬
スポンサーリンク

スペイン原産のスパニッシュ・マスティフをご存じでしょうか。

日本ではあまり見かけることのない犬種です。

大きな体に優しい性格をしている犬種でスペインでは国犬になっています。

マスティン・エスパニョールなどと呼ばれていたり、マスティン・デ・ラ・マンチェとも。

今回はスパニッシュ・マスティフを紹介します。

英語ではSpanish Mastiff

※アイキャッチ画像:Wikimediacommons

スポンサーリンク

犬種紹介 スパニッシュ・マスティフってどんな犬?

JKCで犬種認定されている犬種です。

数年前に何度か登録があった年があります。

スパニッシュ・マスティフのルーツ

スペイン原産の大型犬です。

古代犬と言われるほどの歴史があり、数世紀にわたり牧畜犬として家畜を狼などから守ってきました。

起源ははっきりとわかっていませんが、モロサスタイプのマスティフと土着の犬との交配で作り出されたと考えられています。

第二次世界大戦で大きく数を減らしていますが、愛好家の努力で徐々に数を増やしています。

大きく優しい性格をより強く意識した交配が行われて現在のスパニッシュ・マスティフとなっています。

スパニッシュ・マスティフの性格

温厚で優しい性格をしています。

甘えん坊な一面もある超大型犬。

家族にはとても愛情深く、危険を察知すれば立ち向かう勇気のある犬種です。

スパニッシュ・マスティフの特徴

オスメス
体重50㎏~40㎏~
体高70~85センチ65~75センチ
被毛タイプダブルコートの短毛

2G 使役犬グループ

成人と同じくらいの体重になるスパニッシュ・マステイフはどっしりとした安定感のある姿をしています。

大きな頭にゆるく自然なストップ、大きなマズルに垂れ耳、垂れ尾。

喉のあたりの首の皮膚(デューラップ)がかなり余裕のあるだぶっとした感じになっています。

短めの被毛はすべてのカラーが認められています。

スポンサーリンク

犬種紹介 スパニッシュ・マスティフの飼い方

人と拮抗する体重になるスパニッシュ・マスティフの飼い方を解説します。

スパニッシュ・マスティフとのくらし方

超大型になる犬種なので食費や医療費など覚悟した方がいいかもしれません。

優しい気質をしていますが子犬時代からしっかりと社会性を育ててあげましょう。

力で動かすのはとても大変です。

コマンドに従うよう、しっかりとしつけておきましょう。

体を触られることに抵抗を感じないよう、子犬時代からどこでも触れるようにしておくのも大切です。

チャカチャカと動き回るタイプではありませんが、なかりのスペースが必要になります。

スパニッシュ・マスティフの運動

あまり激しい運動を必要とはしません。

1時間程度の散歩を一日2回行ってあげましょう。

ゆったりと歩く散歩は犬と人間双方にいい効果がありますよ!

スパニッシュ・マスティフのお手入れ

ダブルコートの被毛は抜け毛も多め。

週に一度はしっかりとブラッシングしてあげましょう。

月に1度程度のシャンプーで被毛や皮膚を清潔にたもつようにしてあげて。

このサイズの犬種はサロンではなかなかシャンプーしてもらえないので自宅シャンプーが主流になります。

日本の家庭だと1坪程度の大きさのバスルームが欲しいところ。

シャンプー後はしっかりと乾かしてあげましょう。

垂れ耳犬種なので定期的に耳のお手入れも行います。

スポンサーリンク

犬種紹介 スパニッシュ・マスティフの健康管理

スパニッシュ・マスティフは10年ほどの寿命と言われています。

スパニッシュ・マスティフにみられる先天性疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

スパニッシュ・マスティフの気をつけたい病気や怪我

胃捻転

胸が深い大型犬に起こりやすい胃捻転は発症したら急激に症状が進むので気をつけたいですね。

食事をがっつかせない、食後すぐに運動させない、水をがぶ飲みさせないなど予防的な行動を心がけて。

胃が捻じれてガスが溜まり、激痛があります。

吐きたいのに吐けない、背中を丸めて痛がるような姿勢を取っている時は様子を見ずに動物病院へ。

皮膚炎

皮膚の弱い犬種でアトピーなどの皮膚炎になりやすいようです。

軽症のうちに治療することで治療期間の短縮や症状の軽減が図れます。

痒がってるな?と思ったら早めに獣医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

犬種紹介 スパニッシュ・マスティフ まとめ

大型犬といわれるバーニーズなどよりかなり大きいスパニッシュ・マスティフ。

大きくておっとりした理想的な家庭犬ですが、その体の大きさから飼う人を選んでしまいます。

無駄に動き回りませんが、寝ているだけでも場所を取ります。

また、移動は基本的に自家用車。

食費や医療費もかかります。

多高層の住宅では犬に負担がかかるので出来れば急な階段の無い構造の住居が理想。

マンションなどでは飼育できる犬の大きさに制限のあるところも多いのでそもそも無理かも。

それでも、この大きな優しい犬スパニッシュ・マスティフはとても魅力的な犬。

ペットショップでの取り扱いはありません。

国内で繁殖している犬舎もあります(あった?)ので興味のある人は一度確認してみてはいかがでしょうか。

今回は大型犬 スパニッシュ・マスティフを紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました