珍しい犬種 チベタン・マスティフってどんな犬?チベット犬といわれる希少な犬種 チベタン・マスティフの紹介

チベタンマスティフ 大型犬大型犬
スポンサーリンク

チベタン・マスティフ(チベタン・マスチフ)という犬種をご存じでしょうか。

少し前に中国でライオンとしてに動物園で展示されていたとかいう冗談のようなニュースを見たことがありませんか?

あのニュースに何を感じたかはそれぞれでしょうが、それほど似てるの?と思った人も多いでしょうね。

その事件以前の数年は中国においてチベタン・マスティフは数百万から億(日本円で)という値段で取引されていました。

中国のバブルで富裕層はとてもお金持ってましたものね。

今ではほとんど取引されていない犬種。

今回は世界的に見ても希少な犬種、チベタン・マスティフを紹介します。

アイキャッチ画像:WIKIMEDIACOMMONDS

スポンサーリンク

珍しい犬種 チベタン・マスティフってどんな犬?

JKCでは数年のうち何度か登録があった記録があります。

しつけの大変難しい犬ということと、数が少なくて入手は困難な犬種。

チベタン・マスティフのルーツ

チベット原産の超大型犬です。

古くからチベットの遊牧民や僧院の護衛や番犬として飼われていました。

チンギス・ハーンがチベタン・マスティフの一群を率いて遠征を行ったなどとも言われています。

謎の多い犬種でアレクサンドロス大王によってローマに持ち込まれヨーロッパのマスティフ犬の基礎になったという説も。

1828年にはイギリスへ輸出されていますが戦争で殆ど絶滅しています。

また1955年からの中国が支配された際にを強めたさいには抵抗勢力と一緒にチベタン・マスティフは排除されています。

殆ど絶滅していたのですが中国の富裕層に希少犬種ということで注目されることになりました。

2014年には2億円で取引されたとか言うニュースもあったほど。

その後中国でのブームも去り再び数を減らしています。

チベタン・マスティフの性格

温和な性格に改良されています。

飼い主には忠実で家族思いの犬種です。

保護意識が強いので見知らぬ人や犬には警戒を示すことも。

頑固で我が強いところもあり、初心者には扱いきれない犬種です。

中国ではしつけされていないチベタン・マスティフが多くの事故と起こしていて人気が無くなった原因のひとつになっているようです。

チベタン・マスティフの特徴

理想的なサイズ
体重64~82キロ
体高61センチ以上

2G 使役犬グループ

いちばんの特徴は大きさでしょうか。

大きいものでは100キロにもなるというチベタン・マスティフ。

大きな頭に垂れ耳です。

くるんと巻いた尾は飾り毛がパッと開いて見えるから菊の花にたとえられています。

首回りの飾り毛がタテガミのようでライオンに見えなくもないですよね!

全体的にもふもふで標高の高いチベットに適応した被毛です。

被毛だけでなく標高の高い薄い酸素にも適応している犬種です。

ダブルコートの被毛は長毛で被毛によって「獅子タイプ」「虎タイプ」と呼ばれています。

毛色はブラック・グレー・レッド・ブラウンなどとタンが入った毛色もあり豊富です。

スポンサーリンク

珍しい犬種 チベタン・マスティフの飼い方

世界的にも希少な犬種で日本で入手は困難です。

海外とのやりとりのあるブリーダーに探してもらって輸入してもらう事になりそうです。

チベタン・マスティフのしつけや暮らし方

ライオンのぬいぐるみみたいで可愛いのですが(子犬は特に)初心者にはオススメできません。

大きくなる犬で大人の男性でも力で制御するのは大変です。

扱いやすい子犬時代に人に従う事を教えておきましょう。

警戒心の強い犬種なので社会化もきっちり行います。

参考記事 → 子犬の社会化について

成犬になるまで2~3年はかかるほど成長のゆっくりした犬種です。

大きな体を維持するための栄養にも気を配ってあげましょう。

無表情な犬とか言われますが嬉しい時には嬉しそうな顔をするのでなかなか可愛いですよ。

チベタン・マスティフの運動

30分程度の散歩を一日2回行ってあげたら満足してくれますよ。

あまり運動を必要としませんが気分転換や運動不足にならないためにも連れ出してあげましょう。

散歩の際には犬を制御できる人が連れて行くように。

チベタン・マスティフのお手入れ

ふさふさの被毛の大型犬で毛並みを維持するのはなかなか大変です。

暖かくなるころに一度、換毛期があるので抜け毛も大量。

ブラシでチマチマ取るのが大変!ってことでブロアーで吹き飛ばす人も。

2~3日に一度はブラッシングをしてほこりや毛のモツレをほぐしてあげましょう。

週に一度は根元から櫛を入れて丁寧なブラッシングをしてあげて。

1~2カ月に一度シャンプーをして皮膚を清潔に保ってあげるといいですよ。

スポンサーリンク

珍しい犬種 チベタン・マスティフの健康管理

チベタン・マスティフの寿命は10~12年と言われています。

超大型犬としては長寿で健康な犬種。

チベタン・マスティフの先天的な疾患

股関節形成不全

先天的な理由で股関節の形成に異常がおこり脱臼したり関節炎を起こしたりします。

先天的な理由に肥満や過度の運動などが原因になることも。

症状が軽い状態では内科的に治療し、重度になると外科的な治療を選択することになります。

チベタン・マスティフの気をつけたい病気や怪我

皮膚炎

皮膚の弱い犬種でアトピーなどの皮膚炎になりやすいようです。

軽症のうちに治療することで治療期間の短縮や症状の軽減が図れます。

痒がってるな?と思ったら早めに獣医師に相談しましょう。

外耳炎

垂れ耳の犬種に特によくみられます。

気温や湿度が高くなってきたころから増える傾向に。

頭を振ったり耳をかいたりすることが増えたら耳の中をチェックしてあげましょう。

内耳炎や中耳炎になる前に早めに治療してあげましょう。

スポンサーリンク

珍しい犬種 チベタン・マスティフ まとめ

チベタン・マスティフは中国では虐殺の対象になったかと思えば、高額で取引されたり。

高額で売れるので偽物が出回ったり、ライオンの偽物として展示されていたり。

飼いにくさと咬みつき事故の多さで人気がなくなると行き場の無くなった犬が野良犬になっていたり。

何かと話題になってしまった犬種がチベタン・マスティフです。

世界的に飼育数が少なくてとても珍しい犬種で日本では数年に一度1~2頭の登録がある犬種。

ほぼ見かける事のない希少犬種といえます。

長い歴史のあった犬種で絶滅してしまうのはなんだか悲しいですよね。

今回紹介したのはチベット原産のチベタン・マスティフでした。

タイトルとURLをコピーしました