犬の遺伝性疾患 フォン・ヴィレブランド病ってどんな病気? フォン・ヴィレブランド病の原因や症状

フォンヴィレブランド病 遺伝病犬の血液の病気
スポンサーリンク

フォン・ビレブランド病という病名を聞いたことがあるでしょうか。

もしくはフォン・ビルブランド病、フォン・ウィルブランド病とも(Von Willebrand disease)

血液の遺伝性疾患ですが人にも見られる先天性の疾患です。

出血が止まりにくくなる病気です。

今回紹介するのは 犬の遺伝性疾患 フォン・ヴィレブランド病 です。

スポンサーリンク

犬の遺伝性疾患 フォン・ヴィレブランド病ってどんな病気?

出血が止まりにくくなる疾患です。

血管が傷づいて出血が起こったときに敗れた箇所に血小板が集まって粘着するのを促す働きを行います。

フォン・ヴィレブランド病の原因

フォン・ヴィレブランド因子の量や質が変化する事で起こります。

フォン・ヴィレブランド因子は血管内皮細胞で作られ血液中に放出されます。

原因別に3つのタイプに分けています。

1型

フォン・ヴィレブランド因子の量が少ないタイプ。

犬ではこのタイプが多いと言われている。

常染色体優性遺伝 優性遺伝するのでキャリアでも発症します。

2型

質・機能に異常があるタイプ。

常染色体劣性遺伝 劣性遺伝なのでキャリアでの発症は無い。

3型

フォン・ヴィレブランド因子が完全に欠損しているタイプ。

常染色体劣性遺伝 劣性遺伝なのでキャリアでの発症は無い。

フォン・ヴィレブランド病の症状

生まれつき出血が止まりにくい、出血しやすくなります。

  • あざができやすい

犬の場合は毛が生えているので分かりにくいですが強く圧迫されたりぶつかった際に内出血ができやすくなります。

  • 血が止まりにくい

爪の血管は止血しにくくて元々血が止まりにくいのですが、結構だらだらと出血します。

また、小さな傷でもいつまでも血が止まらなかったり、入試の生え変わりの時など長期間出血したりも。

小さな事ですが生まれつきで急に変化しないので気が付きにくいことも。

その他には手術などで出血がとまりにくいだとか、血尿が出やすいだとか、血便を繰り返すなどの症状がでることも。

タイプ1,タイプ2は症状が軽い場合もありますがタイプ3は致命的ば場合が多いです。

フォン・ヴィレブランド病の診断

血液での遺伝子検査で因子の有無を知る事ができます。

診断には以下の検査を行う事も。

  • 頬側粘膜出血時間の測定
  • 視診
  • 血液検査
  • 血液凝固検査
  • フォン・ヴィレブランド因子の抗原量の測定・活性の検査

など。

他の出血性の病気との区別をするためにさまざまな検査を行うことになります。

フォン・ヴィレブランド病の治療

出血を止める手立てがない場合は一時的に失った血液を補う輸血が行われることも。

タイプ1のフォン・ヴィレブランド病には酢酸デスモプレシンが使われます。

酢酸デスモプレシンは脳下垂体後葉ホルモンであるバソプレシンと同じ作用を起こします。またフォン・ヴィレブアンド因子を血中に遊離放出させる作用がることもわかっています。点鼻、エアゾール・スプレーで鼻粘膜から吸収させて作用させます。
スポンサーリンク

犬の遺伝子疾患 フォン・ヴィレブランド病の予防

出血を伴う処置をする前に検査を行い備えておきましょう。

繁殖前に組み合わせを考えれば発症を防ぐ事ができるので是非実施していただきたい検査です。

常染色体優性遺伝なのでキャリアでも因子を保有していれば発症することがあります。

クリア (発症無し・健全)☆☆

キャリア (遺伝タイプによって発症するかが決まる。因子を持っている)☆★

アフェクテッド (発症します)★★

繁殖時の注意事項

上記の結果を踏まえて交配計画を立てるようにしましょう。

組み合わせによる子犬の発症の確率 クリア(☆☆)キャリア(☆★)アフェクテッド(★★)

組み合わせ父犬☆☆父犬☆★父犬★★
母犬☆☆100% ☆☆50%☆☆ 50%☆★100%☆★
母犬☆★50%☆☆ 50%☆★25%☆☆50%☆★25%★★50%☆★50%★★
母犬★★100%☆★50%☆★50%★★100%★★

アフェクテッドが出る組み合わせをさける事で回避することが出来ます。

スポンサーリンク

犬の遺伝子疾患 フォン・ヴィレブランド病になりやすいと言われる犬種

タイプ別になりやすい犬種があります。

タイプ1

タイプ2

タイプ3

スポンサーリンク

犬の遺伝子疾患 フォン・ヴィレブランド病 まとめ

血が止まらないと言えば血友病と並んで多い血液の病気がフォン・ヴィレブランド病です。

フィンランドの医師エリク・フォン・ウィルブランドにちなんでそう呼ばれています。

血が止まらない病気にはいくつかありますが血友病と、フォン・ヴィレブランド病は遺伝。

その他に免疫介在性血小板減少症、化学薬品による中毒でも起こります(殺鼠剤など)

「そんなものかな?」という程度の違和感から診断につながる事もあります。

爪切りに失敗して血がなかなか止まらない!なんて時はどれくらい止まらなかったのか、しっかりと覚えておきましょう。

重大な病気の発見につながる可能性もあります。

いちばん大切なことは、違和感を感じたら獣医師に相談することです。

今回紹介したのは 犬の遺伝性疾患 フォン・ウィルブランド病でした。

タイトルとURLをコピーしました