人気犬種 ウエスティってどんな犬?人気犬種 ウエスト ハイランド ホワイト テリアの紹介

犬種 ウエスティ 小型犬小型犬
スポンサーリンク

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアってご存じでしょうか。

ペットフードのパッケージにも登場しているのでCMなどでも見たことがある犬種かもしれませんね。

このウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア。

ウェスティと呼ばれて親しまれています。

ちっちゃくて可愛い真白な小型犬です。

今回は ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの紹介です。

英語では West Highland White Terrier

スポンサーリンク

人気犬種 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアってどんな犬?

見た目がかわいいこの小型犬の歴史や特徴を紹介します。

JKCの登録犬数では2020年には654頭で31位、2019年も31位でした。

コンスタントに登録のある人気のある犬種です。

ウエスティの歴史

スコットランド原産の小型犬です。

歴史は古くイングランド国王ジェームス1世の記録にこの犬と思われる記録が残っています。

フランス国王への贈り物として白い被毛のテリアを作るようアーガイル公に命じたというもの。

当時イギリスでは暗色のテリアを好んで繁殖していたため、白いテリアが生まれても処分してきたとか。

ですがテリアの血統の中には白い毛色の遺伝子があり一定数の白いテリアが存在していました。

そのテリアを計画的に繁殖させた人がいました。

言い伝えなのですがポルタロック領の領主がキツネと見誤って赤茶色い毛色のテリアを撃ってしまったそう。

当時の王侯貴族は領民へのサービスや趣味でキツネ狩りを行っていたのは良く知られていますよね。

そのキツネ狩りのお供としてテリアの作出にも力を入れていた貴族が多かったよう。

間違って撃ってしまうことが無いよう白いテリアの作出に力をいれたとかいわれています。

このテリアがウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの元となっているようです。

当時は地名にちなんでポルタロック・テリアと呼ばれていたウエスティ。

その領主が改名を望んで今のウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアと呼ばれるようになったそうです。

ウエスティの性格

典型的なテリアの性格。

勇敢で負けず嫌いで独立心があり頑固。

ちょっとビビりですぐ吠える。

小型の愛玩犬の容貌ですが使役犬として作られただけあります。

きちんとしつければ飼い主に忠実で信頼できるパートナーとなってくれます。

また排他的な性質ではないので他の犬や猫などと仲良くできる犬種。

遊び好きな性格を上手く利用してコントロールしていくようにしましょう。

ウエスティの特徴

理想的なサイズ
体重6.8~9.1キロ
体高25~28センチ
被毛ダブルコート

3G テリアグループ

白い毛、立ち耳、短足で長毛。

大き目の頭に小さめのピンと立った耳。

小さめの黒っぽいアーモンド型の目。

シザーズバイト(クロスバイト)と言われるかみ合わせの口で短めの顎をしています。

真っ黒な鼻や肉球ですが子犬の頃はピンク色をしていて成長するにつれ黒くなっていきます。

7キロから10キロほどの小型犬で体高より体調が長めでスクエアタイプといわれる体形。

肩までの高さは25~28㎝程度です。

短めの足ですが他のスコットランド原産のテリアに比べて長めの足なんだとか!

白い被毛は柔らかく密なアンダーコートと粗いトップコートのダブルコート。

キツネ猟をする犬は断尾していましたが、禁止する国も多くそのままのウエスティも増えています。

スポンサーリンク

人気犬種 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの飼い方

とても活発なウエスティの飼い方についてまとめました。

ウエスティのしつけ

好き嫌いが個々ではっきりしている犬種です。

それゆえ個体差があるのですが子供に対してフレンドリーな子もいれば完全シカトのウェスティも。

攻撃的にならないように社会化期にきちんと社会化させてあげることが大切です。

頑固で頭が良い犬種。

しつけは一貫性をもって同じ言葉で行いましょう。

遊び好きな性格を利用してボールを使ってしつけると集中してくれますよ。

またビビりですぐに吠えるので番犬向きかもしれません。

びっくりして吠えている時には座らせたりして落ち着かせて制止しましょう。

まずはおすわりやアイコンタクトなどの基本的なしつけが重要になってきます。
吠えている時に大声で「やめなさい!」と制止するのは悪手。静かに制止しましょう。

ある程度エネルギーを発散して落ち着いた時にしつけや訓練をするとやりやすいかもしれませんね。

見た目は可愛い愛玩犬ですが、初心者向きの犬では無いかもしれません。

ウエスティの運動

エネルギー弾のようなパワーの塊なので上手く発散させてあげるのが悪戯をさせないコツ。

近所一周のお散歩では満足できずに悪戯に走るわんこも。

朝夕30分くらいは時間をとって散歩させましょう。

お散歩中に頭を使うゲームを取り入れるとしっかり疲れてくれますよ!

好奇心旺盛な犬種なのでお散歩コースは固定せずに毎日変えてあげると良いかもしれませんね。

持ってこい遊びが大好きな犬種なので物の名まえを教えてアレコレ持ってくる遊びも有効かもしれません。

一人でも勝手に走り回って遊んでいる犬種ですが、遊びを通じてしつけるチャンスでもあります。

出来るだけ犬の遊びに関与して指示に従う癖をつけておきましょう。

ウエスティのお手入れ

お散歩から帰ったときなどにブラッシングをして外でついた汚れを落としてあげましょう。

食事のあとなど口まわりを拭いてあげないとそこから肌荒れすることも。

コマメなお世話が必要かもしれません。

長めの被毛はお手入れ必須です。

ちょっと特殊な手法が(ハンドストリッピング)使われます。
スポンサーリンク

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの健康管理

ウエスティの寿命は12~16年と言われています。

小型犬の平均的な寿命と変わりませんね。

先天的な病気で気をつけたいものがいくつかあります。

ウエスティにみられる先天的な疾患

  • 頭蓋下顎骨骨症(ライオンの顎)
  • ホワイドッグシェイカーシンドローム(特発性ステロイド反応性振戦症候群)
  • レッグペルテス

頭蓋下顎骨症(ライオン顎)

成長期に起こる病気で犬種特有と言われています(テリア種やコーギーにも起こる)

頭蓋骨と下顎の骨に痛みが生じることで食欲が落ちたり口の開け閉めが出来なくなります。

成長とともに治まるとも言われていますが、症状が出ているときは痛みを管理してあげましょう。

ホワイト・ドッグ・シェイカー・シンドローム

「特発性振戦症候群」や「特発性小脳炎」とも言われます。

小さな白い犬の震え症候群という名前ですが、白い犬に限らず発症します。

おきている間(活動時)に起こり、睡眠時には治まっているのが特徴。

小脳に炎症がおこりやすく、震えの他に歩き方ががおぼつかなくなったり頭が傾いたりします。

レッグペルテス症(大腿骨頭無菌性壊死病)

大腿骨の骨頭への血流障害が起こり壊死していく病気で遺伝すると言われている病気です。

軽度であれば内科的な治療(痛み止めの投薬など)を行いますが重度になると外科的に治療します。

小型犬に多く見られる病気です。

ウエスティの気をつけたい病気や怪我

皮膚炎

皮膚の弱い犬種でアトピーなどの皮膚炎になりやすいようです。

軽症のうちに治療することで治療期間の短縮や症状の軽減が図れます。

痒がってるな?と思ったら早めに獣医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

人気犬種 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア まとめ

純白の被毛に可愛い表情のこのウエスティと呼ばれるウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア。

見た目に騙される人も多いかもしれませんがけっこう活発で泥遊びも大好きなやんちゃな犬種。

そこのギャップが魅力なのかもしれませんね。

明るく活発なウエスティとの生活はとても賑やかで楽しいでしょう。

ちょっと飼いにくいところがありますが根強い人気の犬種。

今回紹介したのは ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア でした。

タイトルとURLをコピーしました